へきなんたんトピア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Museum) w.svg へきなんたんトピア
Hekinantantopia[1]
Hekinantantopia denryoku kan.jpg
へきなんたんトピアの位置(愛知県内)
へきなんたんトピア
愛知県内の位置
施設情報
事業主体 JERA
管理運営 JERA
開館 1992年(平成4年)4月3日[2]
所在地 447-0824
愛知県碧南市港南町2丁目8番2
位置 北緯34度50分31.355秒 東経136度57分52.344秒 / 北緯34.84204306度 東経136.96454000度 / 34.84204306; 136.96454000座標: 北緯34度50分31.355秒 東経136度57分52.344秒 / 北緯34.84204306度 東経136.96454000度 / 34.84204306; 136.96454000
アクセス 名鉄三河線碧南駅からタクシーで約10分
外部リンク へきなんたんトピア
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

へきなんたんトピアは、愛知県碧南市港南町にあるJERAが運営する展示施設。

元々は中部電力の展示施設であったが、2019年4月1日より碧南火力発電所と共にJERAに承継された[3]

概要[編集]

1992年(平成4年)4月3日、開館。碧南火力発電所の南側に隣接する地域共生施設で面積は約13.6ha[4]。施設のテーマは「電気と碧と環境と。楽しみながら学べる」で、電力館・ヒーリングガーデン・エコパークの3つで構成されている。見学することも可能である。(要予約)[5]

施設[編集]

電力館[編集]

テーマは「電気とくらしと環境を学べる」[6]

  • 1F - へきなんホールマシン・技術者たちの部屋・体験コーナー・たんトピアホール
  • 2F - 展望室[注 1]

ヒーリングガーデン[編集]

面積約7ha、テーマは「癒しとコミュニケーションの広場」[6]

  • グリーンセンター[注 2]
  • 芝生広場
  • メイズ(迷路)ガーデン
  • ハーブガーデン
  • 体験花壇[注 3]
  • じゃぶじゃぶ池
  • キクガーデン
  • カラーガーデン
  • ワイルドフラワーガーデン
  • サマーハウス
  • ボーダーガーデン
  • ロマンチックガーデン
  • ウォーターガーデン
  • ロックガーデン
  • 展望台

エコパーク[編集]

面積約5ha、テーマは「野鳥が集う場所」[6]

  • 野鳥池
  • 櫓(やぐら)観察台

開館時間[編集]

  • 9:30 - 17:00(※ただし、ヒーリングガーデン・エコパークへの入園は16:00まで)

休館日[編集]

  • 毎週月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)
  • 年末年始(12月29日~1月3日)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 工作教室はここで実施される。
  2. ^ コミュニティスペースや多目的スペースがある。
  3. ^ 体験できるのは、対象イベント日のみ

出典[編集]

  1. ^ Promoting Better Understanding of Chubu Electric Power (PDF)”. 中部電力. 2017年2月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年2月5日閲覧。
  2. ^ 中部電力(株)『中部電力50年史』(2001.10)”. 渋沢社史データベース. 2017年2月5日閲覧。
  3. ^ メンテナンス情報”. 中部電力株式会社. 2019年7月8日閲覧。
  4. ^ 日本最大の石炭火力発電所 碧南火力発電所「たんトピア」を見学!”. トラベルjp. 2017年2月6日閲覧。
  5. ^ 見学コース・団体予約について”. 株式会社JERA. 2019年7月8日閲覧。
  6. ^ a b c 中部電力(株)へきなんたんトピア”. 碧南市観光協会. 2019年7月8日閲覧。
[ヘルプ]

関連項目[編集]