へんしん!ポンポコ玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
へんしん!ポンポコ玉
ジャンル 特撮テレビドラマ
脚本 長野洋
ジェームス三木
大野武雄
監督 坪島孝ほか
出演者 安東結子
小林文彦
塩沢ときほか
声の出演 阪脩
ナレーター 太田淑子次回予告
音楽 来宮洋一
オープニング 「へんしん!ポンポコ玉」(斉藤美晴)
言語 日本語
製作
制作 TBS
国際放映
放送
音声形式 モノラル放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1973年4月15日 - 同年7月29日
放送時間 日曜19:00 - 19:30
放送枠 タケダアワー
放送分 30分
回数 15回
テンプレートを表示

へんしん!ポンポコ玉』(へんしんぽんぽこだま)は、1973年4月15日から1973年7月29日まで、TBS系で放映された国際放映製作のテレビドラマである。放送時間は、毎週日曜19:00 - 19:30(JST)。全15話。

概要[編集]

変身ブームの要素を変則的に取り入れた特撮ファンタジー作品。「へんしん」と言っても、主人公がヒーローに変身する訳ではなく、男性と女性の性が入れ替わるというもので、後年の『転校生』の先駆け的な作品だが、実際には主人公2人の人格が入れ替わる程度の描写に抑えられた。その一方で、四代目三遊亭小圓遊小松政夫土居まさるといった、毎回様々な著名芸能人がゲストに起用された。

魔人ハンター ミツルギ』に続く国際放映制作の「アニクリエーション」作品第2弾だが、人形アニメはペケペケの動きを中心としており、人形アニメによる戦闘シーンをクライマックスとしていた『ミツルギ』よりも控え目な使われ方となっている[1]

視聴率は振るわず、『タケダアワー』では1969年放送の『妖術武芸帳』の13回に次ぐ15回で打ち切りとなり、『タケダアワー』内での特撮ファンタジー作品及び国際放映作品は、どちらも最初で最後となった。

また、1980年代後半に入り、「かつて塩沢ときが出演していた番組」として『テレビ探偵団』などの懐古番組で幾度か取り上げられた。

ストーリー[編集]

同じ日に隣同士に引っ越してきた立花家と河井家だが、ライバル意識が強かったにも関わらず、中学生同士の百合と陽一は仲良くなった。2人は空き地でタヌキのぬいぐるみを拾ったのだが、それは宇宙人のペケペケで2人に赤い玉と青い玉をくれた。その玉を使うと10分間だけ入れ替わることができるのだ。そのせいで2人の周りは大騒動に巻き込まれるのだった。

主な登場キャラクター[編集]

立花 百合(たちばな ゆり)
立花家の一人娘で中学生。美少女だが勝気で男勝り。ペケペケからもらった赤い「ポンポコ玉」を所有している。
河井 陽一(かわい よういち)
立花家の隣人である河井家の一人息子で、同じく中学生。秀才だが気弱。青い「ポンポコ玉」を所有している。
ペケペケ
立花家と河井家の近くの空き地で、百合と陽一が見つけた、タヌキのぬいぐるみそっくりな宇宙人。助けてくれた御礼に、2人に「ポンポコ玉」をプレゼントした。「ナノダ」が口癖。一人称は「我輩」。
鵜之目 タカ子(うのめ タカこ)
立花家と河井家の近所に、夫・トビ夫と共に住む、口うるさいおばさん。偶然百合と陽一の入れ替わりを目撃し、秘密を探ろうとしている。「見たわよ、見たわよ」や「ああた、ああた」が口癖。キャラの原典は『奥さまは魔女』のクラディッツ夫人(「ああた」も彼女の口癖から引用)。

ポンポコ玉[編集]

ペケペケが百合と陽一にプレゼントした玉で、2人が玉を出して向き合い、(百合)「男になりたい」(陽一)「女になりたい」(2人)「ポンポコピー!」と唱える事で、2人の性が入れ替わる。ただし効力は10分しかなく、タイムリミットが過ぎると、強制的に2人の性は元に戻る。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • OP主題歌『へんしん!ポンポコ玉』作詞:有馬三恵子 作曲:葵まさひこ 唄:斉藤美晴(東京レコード*)
  • 『いい子ちゃん』作詞:有馬三恵子 作曲:葵まさひこ 唄:山本茉実とムーンドロップス

  *後のディスコメイトレコード。TBSの関連子会社で、1985年に事業解散。

主題歌は、1995年2月1日東芝EMIから発売されたCD「オリジナル版 懐かしの特撮ヒーロー大全」(第5巻)に収録されている。

キャスト[編集]

放送日程[編集]

放送日 サブタイトル
1 4月13日 変てこ変てこナノダ!
2 4月20日 おやおや?おやおやナノダ!
3 4月27日 はてはて?はてはてナノダ!
4 5月6日 バッチリ、ばっちりナノダ!
5 5月13日 ドッキリ?どっきりナノダ!
6 5月20日 見ちゃった!見ちゃったナノダ!
7 5月27日 マラソン、アラッそうナノダ!
8 6月3日 ピンチ?ぴんちナノダ!
9 6月10日 大当たり、大当たりナノダ!
10 6月17日 うっかり?うっかりナノダ!
11 6月24日 シビレタ、しびれたナノダ!
12 7月1日 オヤオヤ孝行、親孝行ナノダ!
13 7月8日 早起き?早起きナノダ!
14 7月15日 子連れ?子連れナノダ!
15 7月29日 ヤッパリ!やっぱりナノダ!

7月22日は「オールスターゲーム・第2戦中継大阪スタヂアム朝日放送制作)のため、19:30の『がんばれ!兄ちゃん』、20:00の『日曜ゴールデンシリーズ』と共に休止された。なお当日の新聞のラジオ・テレビ欄では、雨傘番組となっていた本作には「最終回マーク」が付けられていたが、試合は予定通り行われたので、翌29日が最終回となった。

漫画[編集]

小学館の学習雑誌に連載された

  • 小学一年生 1973年6月号 - 8月号 竹中きよし
  • 小学二年生 1973年6月号 - 8月号 竹中きよし
  • 小学三年生 1973年6月号 - 9月号 大岡まち子
  • 小学四年生 1973年6月号 - 8月号 志村みどり
  • 小学五年生 1973年6月号 - 8月号 志村みどり

映像ソフト[編集]

長期に渡って映像ソフト化はされなかったが、2006年11月22日日本クラウンから3枚組DVDが発売され、14年後の2020年8月28日にのベストフィールドからBDが発売される。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 全怪獣怪人 上巻』では、名称を「立花かほる」と記載している[2]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 全怪獣怪人』上巻、勁文社、1990年3月24日。C0676。ISBN 4-7669-0962-3。
TBS系 タケダアワー
前番組 番組名 次番組
へんしん!ポンポコ玉