べえだ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
べえだ
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本
パナマの旗 パナマ
韓国の旗 韓国
所有者 東日本フェリー
運用者 東日本フェリー
建造所 内海造船瀬戸田工場
姉妹船 ぼらんばにあ
IMO番号 8602074
改名 べえだ
東方明珠II(Oriental Pearl II)
KMP ASIA INNOVATOR
経歴
進水 1986年
竣工 1986年8月5日[1]
就航 1986年8月
運航終了 2000年
現況 韓国の旗 韓国で就航中
要目
総トン数 5,087 トン[2]
載貨重量 2,917 トン[1]
全長 126.23 m[2]
垂線間長 115.0 m[1]
全幅 20.0 m[1]
深さ 6.7 m[1]
喫水 5.4 m[1]
機関方式 ディーゼル
主機関 NKK-SEMT 12PC2-5V 2基[1]
推進器 2軸
出力 12,400馬力[1]
最大速力 21.7ノット[1]
航海速力 18.9ノット[1]
旅客定員 520名[1]
車両搭載数 8トントラック77台、乗用車22台[1]
テンプレートを表示

べえだ(VEDA)は、東日本フェリーが運航していたフェリー

概要[編集]

第十一函館丸の代船として内海造船瀬戸田工場で建造され、1986年8月に青森 - 函館航路に就航した。 2000年に引退した。

その後、海外売船され、韓国の斗宇海運(DOO WOO SHIPPING)の所有となり、丹東国際航運に用船され東方明珠2(Oriental Pearl 2)として仁川丹東航路に2000年に就航した。東方明珠6(元・クルーズフェリー飛龍)の就航により、2010年Jeju Worldとなり済州島航路に就航した。2015年KMP ASIA INNOVATORに船名変更されている。

設計[編集]

ぼらん型の3番船である。

船内[編集]

船室[編集]

  • 特等洋室(2名部屋)
  • 1等洋室(4名部屋)
  • 2等寝台
  • 2等和室
  • ドライバー室

設備[編集]

パブリックスペース

  • 案内所
  • ロビー
  • 多目的ホール

供食・物販設備

  • 売店
  • 自動販売機

入浴設備

  • シャワールーム

娯楽設備

  • ゲームコーナー

事故・インシデント[編集]

貨物船との衝突[編集]

1994年1月29日、8時31分ごろ、室蘭港を出港して青森港へ向かう際、室蘭港の航路東端付近で、入港しようとしていたセメント運搬船芙蓉丸と衝突した。衝突により、本船は左舷中央部の車両甲板の外板に破口を伴う凹損、芙蓉丸は正船首上部が圧壊した。事故原因は、航路外から航路に向かう本船が、航路を航行していた第三芙蓉丸の進路を避けなかったことされたが、第三芙蓉丸が警告信号を行わず、衝突回避措置をとらなかったことも一因とされた[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 世界の艦船(1986年10月,p140)
  2. ^ a b c 函館地方海難審判庁 (2006-07-29) (PDF). 平成6年函審第16号 旅客船べえだ貨物船第三芙蓉丸衝突事件 (Report). 海難審判・船舶事故調査協会. http://www.maia.or.jp/pdf/06hd016.pdf 2016年2月23日閲覧。.