べん子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「㛹子内親王」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

㛹子内親王[1](べんしないしんのう、乾元元年(1302年)-正平17年5月20日1362年6月12日))は、鎌倉時代末期・南北朝時代の皇族・女院後二条天皇の第一皇女。母は平棟俊の娘(勾当内侍)。女院号は壽成門院/寿成門院(じゅせいもんいん/じゅじょうもんいん)。法号は清浄円。

経歴[編集]

母は後二条天皇の後宮に出仕中に天皇の寵愛を受けて皇女(㛹子内親王)を産む。7歳の時に父天皇が没する。叔父の後醍醐天皇在位の元応2年(1320年)、父の13回忌に先立つ8月22日に内親王宣下を受け、翌日には准三宮・女院号宣下を受けて、壽成門院(寿成門院)と称する。ところが、2日後の8月25日に行われた13回忌の追善法要の際に願主であった彼女が突如、出家をしてしまったと伝えられている。その後の経歴は不詳であるが、61歳で病没。風雅和歌集に2首、新千載和歌集に1首、新拾遺和歌集に2首、和歌が採録されている。

脚注[編集]

  1. ^ 「㛹(べん)」の字は女偏に便( 女便 )と表記する。

参考文献[編集]

  • 芳賀登 他編『日本女性人名辞典』(日本図書センター、1993年) ISBN 978-4-8205-7128-5
  • 市古貞次 他編『国書人名辞典 2』(岩波書店、1995年) ISBN 978-4-000-80082-2
  • 志村有弘 編『天皇皇族歴史伝説大事典』(勉誠出版、2008年) ISBN 978-4-585-06063-5 (下西善三郎「後二条天皇」)