ほうおう座ガンマ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ほうおう座γ星[1]
Gamma Phoenicis
星座 ほうおう座
視等級 (V) 3.41[1]
3.39 - 3.49(変光)[2]
変光星型 LBの可能性[2]ELLの可能性[3]
分類 分光連星[1]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 01h 28m 21.92727s[1]
赤緯 (Dec, δ) -43° 19′ 05.6502″[1]
赤方偏移 0.000086[1]
視線速度 (Rv) 25.8 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: -18.06 ミリ秒/[1]
赤緯: -208.63 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 13.96 ± 0.34ミリ秒[1]
(誤差2.4%)
距離 234 ± 6 光年[注 1]
(72 ± 2 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) -0.87[注 2]
Phoenix constellation map.svg
Cercle rouge 100%.svg
γ星の位置
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 5.57 ミリ秒[4]
公転周期 (P) 193.8 [4]
軌道傾斜角 (i) 46.3°[4]
昇交点黄経 (Ω) 340.2°[4]
物理的性質
スペクトル分類 M0III[1]
色指数 (B-V) +1.57[5]
色指数 (U-B) +1.85[5]
色指数 (R-I) +0.98[5]
別名称
別名称
CD -43 449[1]
CPD-43 172[1]
FK5 49[1]
HD 9053[1]
HIP 6867[1]
HR 429[1]
SAO 215516[1]
TYC 7547-1134-1[1]
2MASS J01282192-4319054[1]
LTT 806[1]
■Template (■ノート ■解説) ■Project

ほうおう座γ星英語: Gamma Phoenicis)は、ほうおう座にある3等級の恒星である。

特徴[編集]

この星は地球からは、約233光年離れている[6]

ほうおう座γ星は分光連星で、わずかに変光する変光星でもある。ヒッパルコス衛星による観測では、伴星の公転周期は97.5日とされていたが[6]、後の観測で、約193日である事が示されている[7]。光度変化は、日食のように大きな割合で変動しており、これは伴星の軌道傾斜角が高い事に起因しており、さらに伴星が楕円体状変光星である可能性がある事も一因ではないかとされている[3]

ほうおう座γ星は、主星のみが観測可能で、伴星は主星の視線速度によって確認する事が出来る。主星のスペクトル分類はM0III型で、これは水素による核融合反応を行う主系列星の段階を終えて、赤色巨星の段階にある事を示している。2つの恒星は、それぞれ太陽の1.3倍と0.6倍の質量を持っており、主星だけでも太陽の約500倍明るい。

指標 構成要素
主星 伴星
スペクトル型
視等級
質量 (M) 1.3[3] 0.6 [3]
半径 (R) 50 - 55[3]
光度 (L) 562[3]
表面温度 (K) 3,082[3]
年齢(年) 55億[8]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年はパーセク×3.26より計算。
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第2位まで表記

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v SIMBAD Astronomical Database”. Result for gam Phe. 2017年9月5日閲覧。
  2. ^ a b GCVS”. Result for HD 9053. 2017年9月2日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g Jorissen, A.; Frankowski, A.; Famaey, B.; Van Eck, S. (2009). “Spectroscopic binaries among Hipparcos M giants. III. The eccentricity - period diagram and mass-transfer signatures”. Astronomy and Astrophysics 498 (2): 489. arXiv:0901.0938. Bibcode 2009A&A...498..489J. doi:10.1051/0004-6361/200810703. 
  4. ^ a b c d “Astrometric orbits of SB9 stars”. Astronomy and Astrophysics 442 (1): 365–380. (2005). arXiv:astro-ph/0507695. Bibcode 2005A&A...442..365J. doi:10.1051/0004-6361:20053003. http://adsabs.harvard.edu/abs/2005A%26A...442..365J. 
  5. ^ a b c 輝星星表第5版
  6. ^ a b Van Leeuwen, F. (2007). “Validation of the new Hipparcos reduction”. Astronomy and Astrophysics 474 (2): 653. arXiv:0708.1752. Bibcode 2007A&A...474..653V. doi:10.1051/0004-6361:20078357.  Vizier catalog entry
  7. ^ Otero, Sebastián A. (October 2007). “New Elements for 54 Eclipsing Binaries”. Open European Journal on Variable Stars 72 (1): 1–19. Bibcode 2007OEJV...72....1O. 
  8. ^ GAMMA PHE”. STARS. Jim Kaler. 2017年9月5日閲覧。