ほっからんど北海道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ほっからんど北海道』(ほっからんどほっかいどう)は、NHK札幌放送局が昼前に生放送した地域情報番組である。2004年9月27日[1]に開始し、2010年3月19日に放送終了した。本項目では番組内に設定される道内各局のローカル枠についても併せて述べる。

概要[編集]

道内にあるNHK7局のネットワークを駆使し、地域に密着した情報を提供する。11:50以降は、局によってはさらにエリア内の情報に特化した放送を提供する。

道内の情報や暮らしに役立つ話題、気象情報を核とするが、開始当初は『ほっからんど212』というタイトル[2]、11:05スタートの大型番組で、道路情報、JRの欠便・空席情報[3] 、「NHKほっと情報」と題したNHKの番組情報なども放送した。2004年12月1日からは渡島支庁函館市周辺の旧恵山町、旧戸井町、旧南茅部町、旧椴法華村の5市町村が函館市と合併したのに合わせ、現タイトルに変更された。

しかし、2009年度からは他の多くの地域に合わせ11:30スタートに短縮、コーナーが大幅に整理された。そしてわずか1年で番組の幕を下ろした。後継新番組は『つながる@きたカフェ』で、札幌局に設けられたカフェスペースからの公開生放送となる(不定期でカフェスペースからではなく、一般スタジオからの非公開放送のときもある)。

放送時間[編集]

いずれも道内の総合テレビで平日に放送される。

  • 全道向け:11:30 - 11:50(2008年度までは11:05開始)
  • 地域向け:11:50 - 12:00(11:54 - 11:57は全国の気象情報)

地域向け枠の対応[編集]

  • 札幌局・室蘭局:引き続きこの番組
  • 函館局ほっからんど函館
  • 旭川局ほっからんどあさひかわ
    2008年度まで、最終木曜日は「特集」番組として全編を差し替えた。
  • 帯広局ほっからんど十勝
  • 釧路局ほっからんど釧路(気象情報は別枠設定)
  • 北見局ほっからんどオホーツク(気象情報は別枠設定)

注意事項[編集]

  • 祝日国会中継高校野球期間中その他特別番組がある日は休止する。
  • 毎月1日(1月は4日)と重なる時は全国の気象情報以降が1分ずつ繰り上がり、1分早く終了する。緊急警報放送試験信号発射のためである。

特集コーナー[編集]

以下は過去のもの。

  • 月曜日 お天気メモ、この人に聞く、ほっかいどう名作の旅
  • 火曜日 この人に聞く、特集
  • 水曜日 健康
  • 木曜日 元気印の女性たち
  • 金曜日 この街この笑顔
    このコーナーは後に「この街きらり☆」と題した独立番組として2009年度下半期から始まり、当初は日曜日の8:25から「課外授業 ようこそ先輩」に差し替える形で隔週放送され、その後2010年度は12月まで土曜日9:00からの隔週放送、2011年1月から2012年3月17日の最終回までは土曜日10:05からの隔週放送となった。毎回2つの地区を取り上げていたが、コーナー自体は2012年4月から「つながる@きたカフェ」の枠内に移動する形で継続され、事実上平日昼前の地域情報番組枠内に戻ることになった。

歴代アンカーキャスター[編集]

年度 アンカーキャスター
「212」時代
2003 館野直光
2004(11月末まで) 江口ちひろ
「北海道」時代
2004(12月以降)
2005・2006・2007 村上里和
2008 中井美穂子
2009 神崎寿美代

備考[編集]

2006年6月1日は地上デジタル放送開始記念の特別編成により放送開始時間を10:29からに繰り上げて放送されたが、この回に限り、通常はチーフプロデューサーを務める沖谷昇も村上とともにキャスターを務めた。

脚注[編集]

  1. ^ 『NHK年鑑2010』 - 日本放送出版協会(2010年) 398ページ記載。
  2. ^ その頃、かつてはFM放送の平日夕方の地域リクエスト放送番組でも『ほっからんど北海道』というタイトルで放送されたことがある。
  3. ^ 北海道内および本州方面の特急・急行列車の指定席の空席状況。但し、指定席の少ない「スーパーカムイ」と「すずらん」は除く。