ほっとあたみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
郡山市熱海多目的交流施設
(ほっとあたみ)

ほっとあたみ 郡山市磐梯熱海温泉.jpg

情報
用途 観光物産館、市役所支所、公民館、JA支所、スポーツ施設
構造形式 鉄骨2階建て
延床面積 2,649 m² [1]
開館開所 2018年平成30年)5月14日
所在地 963-1309
郡山市熱海町熱海二丁目15番地の1
座標 北緯37度28分50.9秒 東経140度16分19.3秒 / 北緯37.480806度 東経140.272028度 / 37.480806; 140.272028座標: 北緯37度28分50.9秒 東経140度16分19.3秒 / 北緯37.480806度 東経140.272028度 / 37.480806; 140.272028
テンプレートを表示
熱海フットボールセンター
熱海フットボールセンター 郡山市磐梯熱海温泉.jpg
施設情報
グラウンド 人工芝
ピッチサイズ 105m×68m
照明 あり
使用チーム、大会
収容能力
スタンド席616席、芝生席1,000席

ほっとあたみは、福島県郡山市熱海町磐梯熱海温泉にある、観光物産館、市役所支所、公民館、JA支所、スポーツ施設からなる複合施設郡山市熱海多目的交流施設の愛称。

概要[編集]

郡山市周辺の特産品などを扱う売店(磐梯熱海観光物産館)、市役所支所(熱海行政センター)、熱海公民館、図書館分館、JA福島さくら熱海総合支店、およびサッカー場(熱海フットボールセンター)を集約した施設として2018年平成30年)5月14日JR磐越西線磐梯熱海駅前にオープン。

建物は鉄骨2階建てで、延べ床面積2649m2[1]。この他、駐車場を挟んで熱海フットボールセンターのクラブハウスとグラウンドが位置する。人工芝のグラウンドは105m×68mのサイズで、夜間照明設備やスタンド席616席、芝生席1,000席の観覧席も設けてある。

かつてこの場所には磐光ホテル(後の磐梯グランドホテル)が建っていた。閉鎖後は長年空き地だったが、熱海町駅前市有地整備事業や日本サッカー協会の都道府県フットボールセンター整備事業のもとで熱海フットボールセンターが建設され、同時に観光物産館などの複合施設もオープンした。施設のロゴは学術連携の一環として、市内の国際アート&デザイン大学校に協力を依頼して作成された[2]

施設概要[編集]

  • 1階 - 磐梯熱海観光物産館、熱海行政センター、多目的ホール、JA福島さくら熱海総合支店
  • 2階 - 図書館分館、公民館
  • 別棟 - 熱海フットボールセンター

アクセス[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “多目的交流施設「ほっとあたみ」開所 行政、教育、観光を集約”. 福島民友. (2018年5月15日). http://www.minyu-net.com/news/news/FM20180515-270183.php 2018年6月19日閲覧。 
  2. ^ 熱海多目的交流施設の愛称が決定しました!”. 郡山市公式ウェブサイト. 郡山市 (2018年3月28日). 2018年6月19日閲覧。

関連項目[編集]