堀禎一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ほり ていいち
堀 禎一
生年月日 1969年
没年月日 2017年7月18日
出生地 日本の旗 日本 兵庫県たつの市
死没地 日本の旗 日本 東京都新宿区
職業 映画監督
ジャンル 映画

堀 禎一(ほり ていいち、1969年 - 2017年7月18日)は、日本映画監督である。

監督作品に『妄想少女オタク系[1]、『魔法少女を忘れない』などがある[2]

経歴[編集]

1969年、兵庫県たつの市に生まれる[3]東京大学文学部仏文科を卒業した[4]

2003年、『SEX配達人 おんな届けます』で映画監督デビュー[5]。2007年、『妄想少女オタク系』を監督する[6]。2008年、岡本玲を主演に迎えた監督作品『憐 Ren』が公開される[7]。2011年、『魔法少女を忘れない』を監督する[8]。同作は『映画芸術』の年間ベストテン第9位に選ばれた[9]

2017年7月1日、監督作品『夏の娘たち~ひめごと~』が公開された[10]。上映劇場のポレポレ東中野では、同月1日から21日まで、堀の監督作品の特集上映が開催された[11]。7月18日、くも膜下出血により東京都新宿区の病院で死去[12]。47歳没[12]

フィルモグラフィー[編集]

フィクション映画[編集]

  • SEX配達人 おんな届けます(2003年) - 別題『弁当屋の人妻 もう一品、私はいかがですか?』『宙ぶらりん』
  • 不倫団地 かなしいイロやねん(2005年) - 別題『草叢 KUSAMURA』
  • 色情団地妻 ダブル失神(2006年) - 別題『わ・れ・め』『笑い虫』
  • 妄想少女オタク系(2007年)
  • 憐 Ren(2008年)
  • したがるかあさん 若い肌の火照り(2008年) - 別題『恍惚 KOKOTSU』『東京のバスガール』
  • 魔法少女を忘れない(2011年)
  • 夏の娘たち~ひめごと~(2017年)

ドキュメンタリー映画[編集]

  • 天竜区奥領家大沢 別所製茶工場(2016年)
  • 天竜区旧水窪町 祇園の日、大沢釜下ノ滝(2016年)
  • 天竜区奥領家大沢 夏(2016年)
  • 天竜区奥領家大沢 冬(2016年)
  • 天竜区旧水窪町 山道商店前(2017年)

DVD[編集]

  • Making of Spinning BOX 34DAYS(2012年)

脚注[編集]

  1. ^ "腐女子"映画『妄想少女オタク系』、DVDリリース!”. CDジャーナル (2008年4月24日). 2013年8月21日閲覧。
  2. ^ 国広富之の次女・谷内里早がヒロイン役の映画で舞台挨拶 「毎朝笑顔が楽しみ」と監督もベタ惚れ”. De☆View (2011年4月23日). 2013年8月21日閲覧。
  3. ^ 堀禎一監督特集 part1”. 神戸映画資料館 (2016年). 2016年11月19日閲覧。
  4. ^ 新日本作家主義烈伝 vol.12 - 堀禎一”. アテネ・フランセ文化センター (2016年). 2016年11月19日閲覧。
  5. ^ 東大卒の映画監督・堀禎一氏47歳で死去…腐女子のラブコメディ「魔法少女を忘れない」など”. スポーツ報知 (2017年7月19日). 2017年9月16日閲覧。
  6. ^ 2007年度 ベスト5”. Nobody (2008年). 2015年4月11日閲覧。
  7. ^ 未来から過去流しの刑 「憐 Ren」 少女が運命に希望見出す”. 千葉日報 (2008年6月28日). 2015年4月11日閲覧。
  8. ^ 谷内里早が「魔法少女」初日あいさつ”. 日刊スポーツ (2011年4月23日). 2013年8月21日閲覧。
  9. ^ 2011年日本映画ベストテン&ワーストテン”. 映画芸術 (2012年1月20日). 2013年8月21日閲覧。
  10. ^ 堀禎一「夏の娘たち~ひめごと~」公開にあわせて監督作13本を特集上映”. 映画ナタリー (2017年6月29日). 2017年6月30日閲覧。
  11. ^ 『夏の娘たち~ひめごと~』公開記念《堀禎一特集》”. ポレポレ東中野. 2017年7月19日閲覧。
  12. ^ a b 映画監督・堀禎一氏死去、47歳 「妄想少女オタク系」など”. SANSPO.COM (2017年7月19日). 2017年7月19日閲覧。