ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団「ボクと秘密の地図」

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ぼくのなつやすみシリーズ > ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団「ボクと秘密の地図」
ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団「ボクと秘密の地図」
ジャンル なつやすみアドベンチャー
対応機種 PlayStation Portable
開発元 ミレニアムキッチン
発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメント
ディレクター 綾部和
デザイナー 綾部和
シナリオ 綾部和
シリーズ ぼくのなつやすみシリーズ
人数 1人
メディア UMDダウンロード販売
発売日 2009年7月2日
2011年7月7日廉価版
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
売上本数 日本の旗約13万本
その他 メモリーカード 544KB以上
テンプレートを表示

ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団「ボクと秘密の地図」』(ぼくのなつやすみ4 せとうちしょうねんたんていだん「ぼくとひみつのちず」)は、ソニー・コンピュータエンタテインメントから2009年7月2日に発売されたPlayStation Portable用ゲームソフト。「ぼくのなつやすみシリーズ」4作目。

キャッチコピーは、「ちょっとせのびで、見えた夏」。

2009年7月16日 - 8月5日には、JR恵比寿駅西口にボクくんを模した巨大風鈴10体が天井に吊り下げられた[1][2][3]

概要[編集]

広島県尾道市と、同市の向島をはじめとする瀬戸内海が舞台。前作までと同様、主人公「ボク」を操作して8月中の1ヶ月間を自由に過ごし、夏休みを満喫するといった内容。宝の隠し場所を記していると伝えられる水軍の秘密の古地図を集めるという最終目標があり、副題にもなっている。

前作までは昭和50年が舞台となっていたが、今作では10年後の昭和60年が舞台となっている。行動可能なフィールドはさらに広がった。

今作は容量の関係で会話がフルボイスではなくなり、一部音声無しのテキストのみの会話がある。

主題歌幸美AMPのボーカル・幸美による「ギンギラギンにさりげなく」のカバー曲

ゲーム中のラジオから流れてくる曲目は「恋のプルプル最前線」「さよならスマイル」「水着と波とタイミング」。

オープニングムービーでボクくんに話しかけてくる乗客は、前々作『ぼくのなつやすみ2』で登場したサイモンと凪咲である事が確認できる。

エンディングでのナレーションの決めことばは「私はあの夏に起こった出来事を、いつまでも決して忘れないだろう。多分。」である。

前作からの追加項目・強化項目[編集]

追加項目[編集]

モンスター消しゴム(モン消し)
モン消し相撲
全31種(内1種はシークレット)。
フィールド内の至る所(海中含む)に落ちているほか、食玩「モンスターチョコ」の購入、相撲で勝利して奪い取るといった方法でも入手可能。
50円ゲーム
TAITO社製のゲーム「QIX(クイックス)」で遊ぶことが出来る。
歯磨きカレンダー
毎日朝・昼・晩と、3回歯磨きが出来る。
盆踊り
盆踊りが追加され、踊ることができるようになった。
また、太陽と盆踊りの子供太鼓で勝負ができる。曲目は「炭鉱節」。
秘密基地の合言葉
前作までと違い、秘密基地への入場には合言葉を必要とする。
設定で普通の合言葉にするか、マニアックな合言葉にするかを選べる。

強化項目[編集]

前作から引き継がれた要素も大幅に強化されている。

絵日記
1日につき1個しか書けなかった仕様が廃止され、いくらでも書けるようになった。また外出中でも書くことができる[注 1]
新しい虫・魚を捕まえたり、新しいモン消しを入手すると絵日記に記録される。
文章を「かんたん・しっかり・ぽえむ」の3種類から選ぶことができる。
外出中でも絵日記を書いて寝ることができる。
昆虫採集
新しい昆虫が追加された。水槽を手に入れれば水生昆虫も飼える。
虫相撲
甲虫に明確な性能パラメータ[注 2]が追加され、基地の道具を使うことで細かく鍛えることができる。
これまでの技レベル制度(上限:Lv3)が廃止され、完全なレベル制度(上限:なし)に移行した。
ハンミョウヤドカリが使用可能になった。
疲労の概念が追加された。疲れが溜まると能力が低下し、最終的には強制退場となる。あまりに疲労を溜め込みすぎると次の日に持ち越される。
技が200種類以上追加され、より高威力な技や、回復・状態異常をもたらす技が追加された。
新たに大会イベントが追加。個人戦と団体戦がある。
団体戦は、手持ちの昆虫から5匹を選び、チームを編成して出場する。試合は5vs5の点取り方式で行われる。
マップ
マップが広くなり、5つの島と3つの海に行くことができるようになった[4]

登場人物[編集]

メインキャラクター[編集]

ボク
- 矢島晶子
本作の主人公。小学4年生。好奇心旺盛で、いたずらや悪だくみが大好き。
年上の男性に「おっさん」や「うそだぴょーん」を言うなど、前作までのボクとは大きく性格が異なり生意気になっているほか、シリーズ初となる大人の声優が声を担当している[注 3]
また、髪型も従来のボクとは大きく異なっている。
キミコ(島波公子)
声 - 本多陽子
小学4年生。おじ兄弟の二番目(おじ2号)の家の一人娘。5日夜から泊まりに来る。
明るく勝気でひょうきんだが、夢見がちなところも。
足が速く、学校ではリレーの選手に抜擢されるほど。
ボクの日焼けランクが最高の状態で最終日(30日)の夜に話しかけると、「男らしくて好き」と告白[注 4]されるイベントがある。
太陽(島波太陽)
声 - 田中真弓
小学5年生。おじ家の長男。
まっすぐすぎる熱血漢で、シリーズ最大のボクのライバル。
とにかくボクに勝つことに必死らしく、最終日にはそれを暴露し号泣する。

島の子供たち[編集]

ぺったん(吉田太郎)
声 - 下和田裕貴
小学5年生。吉田家の長男。
いつも悪だくみを考えているが、どこか抜けていて憎めない。
秘密基地の合言葉はいつも誤答しているが、無視して入場してくる[注 5]
ジュニア(吉田次郎)
声 - 浅井清己
小学2年生。吉田家の次男。
母親がいないことを寂しく思っている。
秘密基地の合言葉担当。
マメ(かわぬま瞑)
声 - 川田妙子
小学3年生。おてんばで物知り。
「予言」をする能力があり、行動に迷ったボクの道しるべとなってくれる。大人からは視認されておらず、座敷わらし呼ばわりされている。
未来から来た事を示唆する発言もしており、謎が多い人物。
朋子ひめ(城屋朋子)
声 - 藤村歩
小学6年生。あっち島の城屋さん家の娘。
おしとやかで優しいが、謎めいた部分も多い。
島の子供では唯一、虫相撲・モン消し相撲ともに不参加である。

おじの家族[編集]

住所は尾後市鯒島前浜1。

おじちゃん(島波幸雄)
声 - 金尾哲夫
あっち島の造船所で働いている。厳しくも豪快でおおらか。
おじ2号とちちを弟に持つ。
おばちゃん(島波まこ)
声 - 土井美加
やさしくおしゃべりで機転が利く。気が強い面もある。
おばあちゃん(島波智)
声 - 山本与志恵
元気で物知り。
勘違いしているように思えることもあるが、ばあちゃんのほうが正しいパターンが多い。
漫画ねえちゃん(島波のあ)
声 - 谷村美月
大阪の美大に通う島波家の長女・太陽の姉。漫画やアニメが大好き。
生活習慣が非常に悪く、太陽が言うには「言葉遣いが壊れてる」レベル。
ちち
声 - 牛山茂
ボクの父。シリーズを通して唯一変化のないキャラクター。
おじ兄弟の末っ子。
はは
声 - 上田三根子
ボクの母。
いもうとさま
声 - 竹達彩奈
気の強いボクの妹。周囲を凍りつかせるほどの毒舌家。
ボクが恐れる唯一の人物だが、キミコとは仲良くしている模様。
おじ2号(島波忠雄)
声 - 高木渉
キミコの父。おじ兄弟の2番目。
佳代ちゃん(島波佳代)
声 - 渡辺美佐
キミコの母。広島市出身。

その他の人物[編集]

75号(船井義範)
声 - ダンカン
潮待ち桟橋とあっち島を運航する「風の浦汽船㈱所属・第75尾後丸」の船長。
ボクの事を「クソガキ」呼ばわりするが、ボクを自分の家に招く、釣竿を貸してくれるなど、いわゆるツンデレである。
家は島波家の裏手。
橋本小百合
声 - 原田知世
夏の間だけ城屋家に居候している女性。
中学1年まで島で暮らしており、吉田商店は当時の同級生。現在は東京の出版社に勤務。
城屋真由美
声 - 松熊つる松
城屋家の奧さん。朋子の母。あっち島の領主の家系の生まれ。
家の蔵には代々受け継がれてきた古い品々があるが、費用がかさむといった理由から、博物館へ寄贈する事を決意した。
郵便ヒゲ(城屋豊作)
声 - てらそままさき
城屋家の主人。朋子の父。
家はあっち島にあり、島の風習からヒゲを生やしている。
吉田商店(吉田久作)
声 - 千葉繁
吉田家の主人で、島唯一の商店の店主。
男手ひとつで息子たちを育てている。
ウルトラ
おじちゃんの家で飼っている黒い犬。
ナレーション
声 - 内田夕夜
主にボクの回想・感情シーンに出てくる。将来のボクの声。

バグ[編集]

テレビの中に入れるというバグがある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一度に3つまでしかネタを記憶できないため、ネタが3つ以上になると古いものから順次削除されてしまう。
  2. ^ 「押し」「ふんばり」「思考速度」「技出し回数」の4種。「スタミナ」は継続。
  3. ^ 前作までは子役声優が声を担当していた。
  4. ^ 本人は無意識のうちに発言していた模様。
  5. ^ ジュニア曰く「一度も正解していない」とのこと。

出典[編集]