ぼくんち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ぼくんち』は、西原理恵子による漫画。本項では原作とする実写映画と舞台作品も記載する。

概要[編集]

あらすじ[編集]

四国の田舎の奥の奥の、そのまた奥の、どうしようもなく貧乏な漁村。

貧しい町では暴力や放火、薬物がはびこる。

そんなどうしようもない町の『ぼくんち』に、行方不明だった『かあちゃん(今日子)』が、『おねえちゃん(神子:かのこ)』を連れて帰って来た。

『種ちがい』の兄弟一太と二太に、今日子が連れてきた神子の一家4人は、貧困と格闘し、近所の住人たちとのワヤクチャな騒動に巻き込まれつつも小さな幸せを探して生きてゆく。

登場人物[編集]

一太
「ぼくんち」の長男で主人公。弟の二太をよく気にかけている。物語中で大きく成長し、逞しくも優しく成長していく。遺体処理などの汚れ仕事もこなせるものの、それを割り切れない青年に育っていく様子が描かれている。途中からこういちくんの元で働くようになり、多くのことを彼から学んでいく。
二太
「ぼくんち」の次男。無邪気な性格で、偏見を持たず心優しい。一太とは対照的に物語中であまり成長する描写は見られない。かの子と共に暮らし、町の人々を見つめていく。
かの子
「お母ちゃん」が連れて帰ってきた「ぼくんち」の長女。ピンサロ嬢。兄弟二人を大切にしており、一家を取りまとめている。「泣くなら笑え」がモットー。一方で、二太にシモの話を平気でする一面も。物語冒頭では三人は初対面であるような描写がされているが、実際には全員で暮らしていた時期もあった。
かあちゃん(今日子)
「ぼくんち」の母親。子どもはすべて父親が違う。かの子を連れて3年ぶりに「ぼくんち」に帰るが、その後家の権利書を持ち出して3人を捨て、新しい男の元に家出する。
こういちくん
町で一番有名な不良。トルエンの小売りから注射器販売、ホテトルの手伝いに強盗など多くの"商売"をこなすが、根はお姉さん想いの優しい青年。母親を始め、その取り巻きのおばさんたちにはあまり手も出せず、弱い一面もある。父は働き者の漁師だった。著書『西原理恵子の人生一年生 2号』によると、後に西原が東京で出会うゲッツ板谷(本名が宏一である)がモデルとされている。『営業ものがたり』(小学館)収録の番外編「朝日のあたる家」では彼と母の昔話が語られている。
こういちくんのお姉さん
"暴力ホテトル"を1人でこなす、こういちくんの姉。夢は小さな南の無人島を買い、自給自足の生活をすること。こういちくんにとって無くてはならない存在である。
さおりちゃん
二太の幼なじみ。父親から虐待されており、よく二太の家に泣いて逃げてきていたが、「よわねこ」を見届けて以来腹を決め、逆に父親の世話役になる。年齢の割りに性格は大人びていて、冷めた物言いをすることもある。西原のデビュー作「ちくろ幼稚園」に登場する「しほちゃん」とほぼ同じデザイン。
さおりちゃんのとうちゃん
さおりちゃんの父。組員ではなく、パートタイムのヤクザ。酒乱で、酒を飲むと暴力的になり、逆にシャブを打つと温厚になる。学生時代は覚せい剤を打って甲子園でホームランを打ったことがあるらしい。のちに「自分のシマ」を手に入れる。
鉄じい
金物を何でも買う老人。河川敷に洪水で流されてしまうような簡素な家に住んでいる(のちに引越し)。町の長老役で、物知り。「体があったまる」と醤油を飲んでいる。自分の家をブルトーザーで壊された事があるものの、その腹いせにブルドーザーを闇ブローカーに売り飛ばし、家を新築したりする等、作中では比較的、大胆で羽振りがいい人物である。

「ぼくんち」がある町[編集]

住民の多くが貧しく、山と海しかない田舎町とされている。
子どもはいるが、学校に通うシーンなどは一切描かれていない。子どもたちの半分は非行に走り、もう半分は大人になるまでに亡くなるだろうと言われるほど、劣悪な環境で育っている。
一方で、山の上には富裕層が住む一帯もあるらしく、一太と二太が歩いていける範囲に競艇場新幹線もあり、かの子達の新しい家がマンションであるなど、十分に開けた土地でもある。また、かの子の勤める店をはじめとした風俗店街もある。
町には医者がいないので、住民の多くが体調が悪くとも我慢するとされているが、さおりちゃんのお父さんが死にかけて病院に運ばれていたり、同じくホームレスのとろちゃんも、老人専用の病院に入っていた。また、薬物中毒の少女が入院していたこともあった。

書籍情報[編集]

  • 小学館「スピリッツとりあたまコミックス」全3巻(印刷:オールカラー)
    • ぼくんち 1、1996年11月発売、ISBN 978-4091792716
    • ぼくんち 2、1997年7月発売、ISBN 978-4091792723
    • ぼくんち 3、1998年2月発売、ISBN 978-4091792730
  • 小学館「ビッグコミックス」全1巻(合本版 / 印刷:モノクロ)
    • ぼくんち 全、2003年4月12日発売、ISBN 978-4091877017
  • 角川グループパブリッシング角川文庫」全3巻(文庫版 / 印刷:オールカラー)
    • ぼくんち 上、2009年4月25日発売、ISBN 978-4043543106
    • ぼくんち 中、2009年4月25日発売、ISBN 978-4043543113
    • ぼくんち 下、2009年4月25日発売、ISBN 978-4043543120
  • 小学館「ビッグコミックス(電子書籍版)」全1巻(合本版の電子書籍 / 印刷:オールカラー)
    • ぼくんち 全、2016年9月1日発売

実写映画[編集]

2003年4月公開。主なロケ地は舞鶴。後に原作者の西原本人が興行成績が振るわなかったことを自虐ネタとして描いている。

キャスト[編集]

主題歌[編集]

挿入歌[編集]

「ぼくんち」フィルムパートナーズ[編集]

  • オメガ・ミコット(宮崎大)
  • 東映京都撮影所(奈村協)
  • 小学館(植田文郎 長谷川一 高橋功 黒木重昭 小林慎一郎 志波秀宇 水野麻紀子 神村正樹 山下暉人 勝山健晴 佐藤敏章 庄野美穂子)
  • 衛星劇場(秋元一孝)
  • テレビ東京(松迫由香子 谷真輝)
  • TOKYO FM(古川一博)
  • アスミック・エースエンタテインメント(石橋隆文 今村景子)

関連商品[編集]

舞台[編集]

"STRAYDOG" Presents #20「ぼくんち」[1]
原作:西原理恵子 / 作・演出:森岡利行
2010年9月28日 - 10月3日、東京・テアトルBONBON
~西原理恵子演劇祭2013!!~“STRAYDOG”Produce公演『女の子ものがたり』『ぼくんち』[2]
原作:西原理恵子 / 作・演出:森岡利行
2013年7月20日 - 21日、大阪・HEP HALL(「ぼくんち」のみ)
2013年7月23日 - 28日、東京・SPACE107
2013年7月31日 - 8月4日、東京・シアターグリーン BIG TREE THEATER
~西原理恵子演劇祭2013!!~OSAKA“STRAYDOG”公演「ぼくんち」
2013年7月20日 - 21日、大阪・HEP HALL(上記のHEP HALLでの公演とは時間帯が違う)
~西原理恵子演劇祭2016!!~“STRAYDOG”Produce公演『女の子ものがたり』『ぼくんち』[3]
2016年1月23日 - 24日、大阪・ABCホール
2016年2月3日 - 6日(女の子ものがたりは7日まで)、東京芸術劇場 シアターウエスト
“STRAYDOG”Produce=西原理恵子デビュー30周年記念公演=「女の子ものがたり」「ぼくんち」[4]
2018年8月2日 - 3日(女の子ものがたりは1日 - 5日まで)、シアターグリーン BOX in BOX THEATER

キャスト (2010年)[編集]

キャスト (2013年)[編集]

“STRAYDOG”通常公演
OSAKA“STRAYDOG”公演

キャスト (2016年)[編集]

キャスト(2018年)[編集]

脚注[編集]