ぼらん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ぼらん
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本(1983-1999)
中華人民共和国の旗 中華人民共和国(1999)
所有者 東日本フェリー
運用者 東日本フェリー
建造所 内海造船瀬戸田工場(第483番船)[1]
姉妹船 ばにあべえだ
航行区域 沿海
船級 JG
IMO番号 8213782
改名 ぼらん(1983-1999)
大舜(1999)
経歴
起工 1982年10月19日[1]
進水 1982年12月21日[1]
竣工 1983年4月21日[1]
就航 1983年
運航終了 1998年3月
最後 1999年11月24日山東省煙台沖で炎上沈没
要目
総トン数 5,100 トン
全長 126.23 m[1]
垂線間長 115.00 m[1]
型幅 20.00 m[1]
型深さ 11.55 m(6.70 m)[1]
満載喫水 5.524 m[1]
機関方式 ディーゼル
主機関 NKK-SEMT ピルスティク 12PC2-5V 2基[1]
推進器 5翼2軸[1]
最大出力 6,290/6,200 PS(連続)[1]
定格出力 5,030/4,950 PS(常用)[1]
最大速力 22.153ノット[1]
航海速力 18.5ノット[1]
航続距離 1480海里[1]
旅客定員 520名[1]
乗組員 30名[1]
車両搭載数 トラック88台、乗用車15台
テンプレートを表示

ぼらん(VORANS)は、東日本フェリーが運航していたフェリー

概要[編集]

内海造船瀬戸田工場で建造され、1983年に就航した。 室蘭 - 八戸航路、苫小牧 - 八戸航路、函館 - 青森航路に就航した。 1998年3月に引退した。

その後、1999年1月に海外売船され、中国大舜として、煙台 - 大連航路に就航したが、同年11月24日、煙台から大連に向かって航行中、荒天で煙台へ引き返す際に火災が発生、山東省煙台沖で炎上沈没した。乗員乗客312名のうち36名が救助されたが、翌日までに118名の遺体が回収され、150名以上が行方不明となった[2]

設計[編集]

船型は全通船楼甲板型で、船尾は内海造船が得意とするスプリット船尾となっていた。バウスラスタ、フィンスタビライザーを備え、車両甲板には、カーリフター(能力2トン)、船倉内ランプ2基が設置され、ランプドアは船首(バウバイザー付)船首部右舷、船尾の3箇所に設けられていた[1]

同型船として、ばにあべえだが建造された。

船内[編集]

船室[編集]

  • 特等洋室(2名部屋)
  • 1等洋室(4名部屋)
  • 2等寝台
  • 2等和室
  • ドライバー室

設備[編集]

パブリックスペース

  • 案内所
  • ロビー
  • 多目的ホール

供食・物販設備

  • 売店
  • 自動販売機

入浴設備

  • シャワールーム

娯楽設備

  • ゲームコーナー

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 船の科学(1983年7月号,p20)
  2. ^ 世界の艦船(2000年3月号,p170)

参考文献[編集]

  • 「新造船写真集(No.417)」『船の科学』第36巻第7号、船舶技術協会、1983年7月10日、 20頁、 ISSN 0387-0863NDLJP:32318532016年12月9日閲覧。