まえじま (掃海艇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まえじま
JS Maejima.jpg
基本情報
建造所 日立造船神奈川工場
運用者  海上自衛隊
艦種 掃海艇(中型掃海艇)
級名 うわじま型
艦歴
発注 1991年
起工 1992年6月1日
進水 1993年6月10日
就役 1993年12月15日
2013年3月21日(掃海管制艇に種別変更)
除籍 2017年3月27日
要目
排水量 基準 490トン
満載 570トン
長さ 58.0m
9.4m
深さ 4.2m
吃水 2.9m
機関 CODOE方式
主機 三菱6NM-TA(B)Iディーゼル × 2基
出力 1,800PS
推進器 スクリュープロペラ × 2軸
速力 最大速 14ノット
乗員 40人
兵装 JM61-M 20mm多銃身機銃 × 1門
搭載艇 4.9m型複合作業艇 × 1隻
ジェミニ・ディンギー処分艇 × 1隻
レーダー OPS-39-Y 対水上捜索用
ソナー ZQS-3-1 機雷探知機
米クライン社製サイドスキャンソーナーを初めて装備
その他 機雷処分具S-7 1形
53式普通掃海具(O型)改6
85式磁気掃海具S-6
71式音響掃海具S-2改1
テンプレートを表示

まえじまローマ字JDS Maejima, MSC-675MCL-729)は、海上自衛隊掃海艇うわじま型掃海艇の4番艇。艇名は前島に由来する。旧海軍平島型敷設艇前島」に続き日本の艦艇としては2代目。

艦歴[編集]

「まえじま」は、平成3年度計画掃海艇375号艇として、日立造船神奈川工場で1992年6月1日に起工され、1993年6月10日に進水、1993年12月15日に就役し、第2掃海隊群第22掃海隊に編入され、横須賀に配備された。

1997年3月19日、隊番号の改正により第22掃海隊が第2掃海隊に改称。

1999年5月13日佐世保地方隊下関基地隊第43掃海隊に編成替え。

2009年3月6日舞鶴地方隊第44掃海隊に編成替え。

2010年3月15日、平成20年度縁故募集で期待数の4倍以上の成果を挙げたことにより、海上幕僚監部から二級賞状を授与された。

2011年3月11日、発生した東日本大震災災害派遣に参加。

2013年3月21日、掃海管制艇に種別変更され、船籍番号がMCL-729に変更。所属も掃海隊群第101掃海隊に編成替えとなり、定係港がに転籍。

2017年3月27日、除籍。23年9ヶ月に亘る就役期間中の総航海時数は3万2,000時間、総航程は約23万5,000海里であった[1]

脚注[編集]

  1. ^ 朝雲新聞(2017年4月13日付)

参考文献[編集]

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 海上自衛隊木造掃海艇建造史』(海人社、2010年)

関連項目[編集]