まずいリズムでベルが鳴る

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
まずいリズムでベルが鳴る
大沢誉志幸スタジオ・アルバム
リリース
録音

1982年10月~1983年4月
サウンド・シティ・スタジオ
テイク・ワン・スタジオ
CBS・ソニー六本木スタジオ

サウンド・イン・スタジオ
ジャンル ロック
時間
レーベル EPIC・ソニー
プロデュース 木崎賢治
大沢誉志幸 アルバム 年表
まずいリズムでベルが鳴る
(1983年)
SCOOP
(1984年)
『まずいリズムでベルが鳴る』収録のシングル
  1. 「彼女には判らない(Why Don't You Know)」
    リリース: 1983年6月22日
  2. 「e-Escape」
    リリース: 1983年10月21日
テンプレートを表示

まずいリズムでベルが鳴る』は、大沢誉志幸のソロ・デビュー1作目のスタジオ・アルバム。1983年(昭和58年)6月22日にEPIC・ソニーよりLPレコード盤、カセット・テープがリリースされた。CD版は1984年(昭和59年)8月1日に発売された。1993年(平成5年)にはデジタルリマスター盤CDで再リリースされた。現行盤は2013年(平成25年)にソニー・ミュージックダイレクトよりリリースのBlu-spec CD2となっている。

このアルバムと同時発売でシングル『彼女には判らない(Why Don't You Know)』がリリースされている。

解説[編集]

クラウディ・スカイを解散後にリリースしたソロ1作目のアルバムで、コーラスには沢田研二アン・ルイス山下久美子佐野元春が参加している。編曲として参加した北島健二は、大沢と同じエピックのアーティストであるFENCE OF DEFENSEのメンバーである。

収録曲[編集]

  1. e-Escape (3分33秒)
    • 作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:大村雅朗
    • セカンドシングルとしてシングルカットされている。
  2. サディスティックCafé (3分29秒)
    • 作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:大村雅朗
  3. Jokeでシェイク (3分28秒)
    • 作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:大村雅朗
  4. 宵闇にまかせて (3分39秒)
    • 作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:大村雅朗
    • 吉川晃司1999年のアルバム『HOT ROD』で収録曲としてカバーされた。
  5. キッスはそこまで (3分14秒)
    • 作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:大村雅朗
  6. 彼女には判らない(Why Don't You Know) (4分1秒)
    • 作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:大村雅朗
  7. Deep Sleep (4分16秒)
    • 作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:大村雅朗
  8. ベッドからLove Call (3分31秒) 
    • 作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:大村雅朗
  9. プラトニックダンサー (4分6秒)
    • 作詞:銀色夏生・柳川英巳/作曲:大沢誉志幸/編曲:北島健二
  10. まずいリズムでベルが鳴る (4分53秒)
    • 作詞:銀色夏生/作曲:大沢誉志幸/編曲:大村雅朗

参考資料[編集]

  • アルバム『まずいリズムでベルが鳴る』(EPICソニー、1983年)
  • アルバム『[I.D] Y BEST COLLECTION』(EPICレコード、1998年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]