またあえる日まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
またあえる日まで
ゆずシングル
初出アルバム『すみれ
B面 月影
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル セーニャ・アンド・カンパニー
プロデュース 寺岡呼人&ゆず
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 2位(オリコン
  • 登場回数27回(オリコン)
  • ゆず シングル 年表
    アゲイン
    2002年
    またあえる日まで
    2002年

    2003年
    すみれ 収録曲
    ブザービーター
    (15)
    またあえる日まで
    (16)
    Going [2001-2005] 収録曲
    呼吸
    (12)
    またあえる日まで
    (13)
    1
    (14)
    テレビアニメ30周年記念 ドラえもんテレビ主題歌全集 収録曲
    ぼく ドラえもん2112
    (7)
    またあえる日まで
    (8)
    タンポポの詩
    (9)
    テンプレートを表示

    またあえる日まで」(またあえるひまで)は、ゆずの楽曲で、通算14枚目のシングル2002年10月17日に発売。発売元はセーニャ・アンド・カンパニー

    概要[編集]

    本作は木曜日に発売された。

    表題曲はテレビ朝日系アニメ『ドラえもん』の7代目のエンディングテーマ。また、同アニメの映画シリーズのひとつ『ドラえもん のび太とふしぎ風使い』のエンディングテーマとしても使用された。

    紙仕様の特殊ジャケットになっており、裏ジャケットには『ドラえもん』の登場人物が描かれている。なお、歌詞は、封入されている雲の形をした紙に記載された。

    売り上げの一部は、赤い羽根共同募金に寄付されている。

    2003年の『第54回NHK紅白歌合戦』に横浜伊勢佐木町の松坂屋前から生中継で初出演した際に「夏色」「」と共にこの曲を披露した。その後にパシフィコ横浜国立大ホールで行われた初めての年越しライブ「ゆず 幸(せ)拍(手)歌合戦 2003〜2004」でも同じ形式のメドレーが歌われている。

    収録曲[編集]

    1. またあえる日まで 
      • 作詞: アドベンチャーキャンプの子供達・北川悠仁、作曲: 北川悠仁、編曲: ゆず&寺岡呼人
      • メンバーの北川が主催の「アドベンチャーキャンプ」の中で、参加した子どもたちがそれぞれフレーズを考え(「笑顔がたからもの」など)、北川がその言葉をまとめていったという。不思議と難なくまとめあげることが出来たとテレビ朝日系トーク番組『徹子の部屋』に出演した際[いつ?]に語っている[出典無効]
      • この曲はレコーディングPV撮影、CDジャケット撮影をすべて一日でこなしたという(ファンクラブ会報より)。そのPVは、カップリング曲の「月影」のPVとともに『録歌選 菫』(2003年5月21日発売)に収録された。
      • この曲は幼稚園等の卒園ソングとして紹介されることもある[1]
    2. 月影 
      • 作詞・作曲: 岩沢厚治、編曲: ゆず&寺岡呼人
      • この曲は、ファンの間で人気を誇る楽曲である。

    収録作品[編集]

    テレビ出演[編集]

    「夏色など…」と題したメドレーで横浜松坂屋前からの中継で「濃」「またあえる日まで」と共にメドレーで披露。

    脚注[編集]

    1. ^ 『楽しいバイエル併用 思い出いっぱい!そつえんソング』ドレミ楽譜出版社、2014年、44-47頁、109頁。ISBN 978-4-285-14114-6。
    [ヘルプ]

    関連項目[編集]