まっ黒なおべんとう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

まっ黒なおべんとう』(まっくろなおべんとう)は、1989年8月1日新日本出版社から発行された児玉辰春/作、北島新平/絵の低学年向け絵本作品(ISBN 4-406-01757-7)。1990年6月12日アニメーション映画化され、出崎哲が監督を務めた。被爆45周年記念企画作品で、広島原爆をテーマとした作品である。何の変哲もない弁当を通して、原爆の悲惨さを訴える作品である。

ストーリー[編集]

広島県の農村部に生まれ、歯科医を志す13歳の少年、折免滋は1945年8月6日、自宅の畑の家庭菜園で採れた米と麦と大豆で作った炊き込みご飯、大根とジャガイモの油炒めを母・シゲ子に弁当箱に詰めてもらった。

決して豊かな食事ではなかったものの、家庭菜園で採れた野菜と穀物を食べられることに対し、滋はとても嬉しがっていた・・・。

しかし、そんな幸せな日々も長くは続かなかった。

8月15日午前8時15分、原爆投下地点から600m離れた所の疎開先の広島の作業場でついに滋は弁当箱と水筒を抱えながら息絶えてしまう。

滋の持っていた弁当は原爆の熱によって炭化してしまった。

変わり果てた息子の亡骸を見て悲しみに暮れる母は、「しげる! お前は弁当も食べないで死んだの!」と号泣してしまった。

普段、我々が何気なく食べている弁当を通して戦争によって当たり前の生活が戦争と核兵器によって破壊されてしまう悲劇を描いている。

アニメ映画[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:出崎哲
  • 原作:児玉辰春「まっ黒なおべんとう」(新日本出版社刊)
  • 脚本:今泉俊昭
  • 作画監督:小林ゆかり
  • 音楽:中島優貴
  • 上映時間:49分

脚注[編集]

[ヘルプ]