まつざきあけみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

まつざき あけみは、日本漫画家

美少年・男色・スプラッタと3拍子揃った、耽美派系(少女)漫画家。白黒原稿では美麗な描線と緻密な描き込みを特徴とし、カラー原稿では日本画の影響を受けた優美な色彩を見せる。1970年、『週刊マーガレット』にて「リリー」でデビュー。以後講談社を皮切りに活動を開始、一時期は雑誌『JUNE(ジュネ)』『ALLAN(アラン)(OUT別冊)』では欠かせない作家であった。『ぼくらは青年探偵団』は、その系統の代表作で、ギャグのセンスも著しく冴えている。その後、『ハロウィン』などの少女ホラー雑誌を経て、現在も童話系レディースコミックで活躍中である。

作品リスト[編集]

初期作品(週刊・別冊少女誌など)[編集]

  • ガラスのアンジェリアン - 『なかよし』(講談社)にて連載。
  • ごきげん?アピ  [原作]香田あかね / 名木田恵子  - 『なかよし』(講談社)にて連載。 (講談社、1975年 )
  • 白い鎮魂歌(レクイエム) - 白人と黒人の対立する町に、中学教師としてやって来たシークフリート。 誰の心にも潜む「差別と憎悪」を描く。(ペーパームーン・コミックス、1980年 )
  • リセアン (ペーパームーン・コミックス、1981年 )

華麗なる恐怖シリーズ[編集]

  • スペシャル・メニュー
  • 犬姫御殿
  • 夜光華
  • 逢魔が刻
  • ふりむいた男
  • 黄金海流
  • 好敵手

まんがグリム童話[編集]

  • ラプンツェル
  • 一寸法師
  • 淫楽の宴編
  • かぐや姫
  • 眠れる森の美女
  • 秘密の花園

その他[編集]

  • ぼくらは青年探偵団 (東京デカド社、1987年)
  • 真夜中の子供 (朝日ソノラマ、1991年)
  • ラブ・ゲーム - 宇堂と故硲は高校の同級生。二人を中心に巻き起こされる事件を描く学園ものサスペンス。 (マガジン・マガジン、1997年)
  • 魔の恋人
  • 夢十夜
  • 踊る死仮面
  • 醜い人
  • 人虫
  • 魍魎狩り
  • 魔樹
  • 迷宮城
  • 魔の顔
  • 真夜中の遊戯
  • 封印された心霊体験スペシャル 真夜中の呪文編
  • 学園ホラー&ミステリースペシャル 教室の恐怖伝説編
  • あなたの心に潜む魔物語スペシャル 悪魔 運命の扉編
  • 花子さんがいる
  • 恐怖劇場(デビル・シアター)
  • メタモルフォーゼ
  • 神尾中正義団
  • 惨劇姫
  • 夏休みはもうこない
  • あの子がこわい
  • 死人の花
  • 死招き人形
  • 子泣きの杜
  • ブラディ・マリー

画集・イラスト[編集]