松山市駅前地下街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松山中央商店街 > 松山市駅前地下街
松山市駅前地下街
Matsuchika1.JPG
店舗概要
所在地 愛媛県松山市湊町5丁目
開業日 1971年(昭和46年)4月1日[1]
施設管理者 松山市駅前地下街株式会社
延床面積 4,516[1]
商業施設面積 1,696.82[1]
店舗数 33[1]
最寄駅 松山市駅[1]
松山市駅前地下街株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
790-0012
愛媛県松山市湊町5-1-1
設立 1969年(昭和44年)4月26日
業種 不動産業
法人番号 9500001003744
代表者 代表取締役社長 清水 一郎
資本金 1億円
主要株主 (株)伊予鉄グループ
松山市
外部リンク matsuchika-town.com
テンプレートを表示
松山市駅前地下街
高島屋との連絡口
高島屋との連絡口
情報
用途 地下街
着工 1969年(昭和44年)12月27日[1]
竣工 1971年(昭和46年)
開館開所 1971年(昭和46年)4月1日[1]
テンプレートを表示
銀天街側の出入口
高島屋側から
市内電車のりば側の出入口

松山市駅前地下街は、愛媛県松山市松山市駅周辺地下に位置する地下街であり、伊予鉄グループの関連会社である。

概要[編集]

松山中央商店街の一部。愛称は「まつちかTOWN」。 隣接する伊予鉄高島屋地階食品売り場と接しているほか[1]松山銀天街商店街西口とはエスカレーター及び階段で、松山市駅前駅(伊予鉄道環状線のりば)ともエスカレーターで結ばれている。

広場には泉があり、薄型テレビとベンチが設置され、市民の憩いの場となっている。地下街内にエレベーターは設置されていないが、うるおいの泉付近にある伊予鉄高島屋のエレベーターを使用することにより地上から出入りできる(高島屋の営業時間終了後も利用可能)。

東半分が物販店舗で西半分には飲食・喫茶店が配置されている[1]

店舗一覧[編集]

2018年7月1日現在[2]

飲食店舗[編集]

  • 珈琲館 まつちか店
  • ひぎりやき まつちかタウン店
  • 黒潮亭
  • カレーショップ デリー
  • とんかつ 活よし
  • 立ち飲みワインとピザの店。BAL
  • ジェラテリアUNO
  • まつちかステーキ食堂
  • お野菜食堂 SOHSOH

物販店舗[編集]

  • いよてつ名産店
  • レディースショップ イエイエ
  • 手編みニット ファッションバック バラ
  • 絹の店 クボ
  • アクセサリー&バック ワールド
  • 包丁や
  • キャンドゥまつちか店

サービス店舗[編集]

  • K-NET まつちか店
  • まつちかチャンスセンター
  • 伊予銀行ATM
  • 愛媛銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • フレンチカットグラン ドライカット専門 髪切処 trois salon de coiffure
  • 伊予鉄トラベル 本社営業所
  • まつちかお遍路ショップ
  • ケーブルショップ まつちか店
  • Joint Terrace ひめring

その他[編集]

  • 広場にある「泉」は開業より3代目である。
  • 全国各地から有名なラーメン店が集まり、「まつちかラーメンステーション」としてまつちかTOWN内の一画にオープンしたが、郊外店進出や不況などによる客足の減少でオープンから4年目の2009年8月末で閉店。

周辺[編集]

  • 伊予鉄高島屋
  • 松山銀天街
  • 伊予鉄道本社
  • 伊予鉄ターミナルビル地下駐輪場
  • 松山湊町郵便局
  • まつやまマドンナ郵便局
  • 伊予銀行湊町支店
  • 伊予鉄ターミナルビル南駐輪場
  • 松山東警察署市駅前交番
  • 松山市駅前商店街(日切商店街)

最寄駅[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 愛媛県史編さん委員会編 『愛媛県史 地誌2(中予)』 愛媛県、1984年3月
  2. ^ お店一覧”. まつちかタウン. まつちか名店会. 2018年7月1日閲覧。

関連項目[編集]