まつなみ (巡視艇・初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
まつなみ
基本情報
建造所 日立造船神奈川工場
種別 特23メートル型PC
前級 はたぐも
次級 まつなみ (35メートル型)
経歴
計画 昭和45年
竣工 1971年3月30日
除籍 1995年2月3日
要目
満載排水量 59.00トン
総トン数 84.00トン
全長 25.0 m
全幅 6.00 m
深さ 2.80 m
吃水 1.35 m
機関 CODOD方式
主機 ディーゼルエンジン×4基
推進 スクリュープロペラ×3軸
出力 2,200馬力
速力 20.3ノット
航続距離 270海里
乗員 10名 (平水では30名)
テンプレートを表示

まつなみ英語: JCG Matsunami, PC-53)は、海上保安庁が運用していた巡視艇。区分上はPC型、公称船型は特23メートル型[1]

来歴[編集]

昭和天皇生物学者として、海洋生物や植物の研究にも力を注いでいた。このことから宮内庁では、1934年に天皇陛下植物採集船として葉山丸を建造した。第2次世界大戦中には海軍兵学校に下賜され、戦後は英豪軍が接収し瀬戸内海でヨットとして使用していたが、1949年に退役したあとは海上保安庁の管理下に入り、復元工事ののち、再び採集作業に使われるようになった。しかし老朽化もあり、1956年には、海上保安庁の23メートル型港内艇「むらくも」を改装、「はたぐも」と改称して、海洋生物採集船として用いるようになった[1]

しかし同艇も老朽化が進んだことから、昭和45年度計画で代船が建造されることになった。これが本艇である[1]

設計[編集]

アルミニウム合金製、没水部船型はV型であった。上部構造物は比較的大きく、前部には研究室と随員控室が配されていた。操舵室はそれらの後方に半甲板分高く設けられた。なお船尾にはトロールウィンチなどの採集設備が配置されていた[1]

主機関は「はたぐも」と同様にCODOD方式を採用しており、通常航行時には両舷の大主機を用い、採集作業時には微速航行用の小主機で中央軸を駆動する。なお中央軸はVドライブ式であった[1]。大主機は池貝-ベンツMB820Dbディーゼルエンジン2基(単機出力1,100馬力)、小主機はDA640ディーゼルエンジン2基(単機出力90馬力)であった[2][3]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e 「海上保安庁全船艇史」、『世界の艦船』第613号、海人社、2003年7月、 NAID 40005855317
  2. ^ Bernard Prezelin (1990). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 1990-1991. Naval Institute Press. p. 330. ISBN 978-0870212505. 
  3. ^ 徳永陽一郎、大塚至毅 『海上保安庁 船艇と航空 (交通ブックス205)』 成山堂書店1995年、162頁。ISBN 4-425-77041-2。