まつやまたかし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

まつやま たかし(本名:松山孝司、1957年〈昭和32年〉11月17日[1] - )は、日本のイラストレーター岐阜県在住。

来歴[編集]

関市立関商工高等学校日本デザイナー学院を卒業したのち、デザインスタジオに勤務。1981年から鳥山明の第二代アシスタントとして『Dr.スランプ』から『ドラゴンボール』までの作品に関わる。

その後は雑誌『所ジョージの世田谷ベース』、『Daytona』の「シネマプラス+」などの連載を持っている。2013年にまつやまたかし展を開き、2014年にトヨタ博物館25周年企画のためにオリジナルイラスト「物語る博物館へ」を描いた。現在「MOTOR PANIC2」シリーズを発表中。

カスタムフィギュアの制作を得意としており、タミヤ・フィギュアコンテストでは1979年から1989年まで連続入選した。『こちら葛飾区亀有公園前派出所』40巻「改造人形コンテストの巻」に登場した松山兄弟のモデルでもある。

著作[編集]

  • 松山孝司『MOTOR PANIC』(1992年 架空社)
  • まつやまたかし『自分で建てたあこがれのアメリカンハウス』(1999年 山海堂)
  • まつやまたかし『トムとジェリーをさがせ!びっくりタウンは大さわぎ』(2015年 河出書房新社

脚注[編集]

関連項目[編集]