まんがタイムきららフォワード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
まんがタイムきららフォワード
MANGA TIME KIRARA FORWARD
刊行頻度 月刊(毎月24日発売)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 芳文社
発行人 東敬彰
編集人 小林宏之
雑誌名コード 08271
刊行期間 2006年3月23日(Vol.1) -
レーベル まんがタイムKRコミックス
姉妹誌 まんがタイムきらら
まんがタイムきららキャラット
まんがタイムきららMAX
まんがタイムきららミラク
ウェブサイト まんがタイムきららWeb
特記事項 Vol.10まで『まんがタイムきらら』増刊扱い

まんがタイムきららフォワード』(まんがタイムきららForward)は、芳文社が発行する漫画雑誌である。原則として毎月24日に翌々月号を発売(但し、地域によって発売日が異なる場合がある)。装丁はB5判の平綴じ。

特徴・内容の傾向[編集]

まんがタイムきらら』、『まんがタイムきららキャラット』、『まんがタイムきららMAX』に続く4番目の『きらら』系雑誌として創刊されたが、他誌が4コマ誌なのに対し、本誌はストーリー誌である。そのため4コマ漫画の小ゴマでは表現しづらい大ゴマを使ったシーンが、他の『きらら』系雑誌に比べて多い。またSFやファンタジーなどを題材とした作品も多く、この点でも他の『きらら』系雑誌と区別される。

キャッチコピーは「ビジュアルストーリーコミック誌」。きらら系雑誌で共通して用いられる「ドキドキ☆ビジュアル(D☆V)」は第1号の表紙に略称が記載されているのみで、姉妹誌という表現もない。ただし、他のきらら系雑誌でも連載経験を持つ作家がいる、読者プレゼントの当選者発表がかつては『キャラット』誌で行われていた、単行本が「まんがタイムKRコミックス」のレーベルで発行(基本的にB6判コミックス)されるなど、関連は深い。

刊行歴史[編集]

増刊誌[編集]

通巻号数はVol.1 - 10まで刊行。

  • 2006年3月23日 - 「まんがタイムきらら」2006年5月号増刊として創刊(Vol.1)。
  • 同年7月24日 - 「まんがタイムきらら」2006年9月号増刊としてVol.2発売。
  • 同年11月24日 - 「まんがタイムきらら」2007年1月号増刊としてVol.3発売。
  • 2007年1月24日- 「まんがタイムきらら」2007年3月号増刊としてVol.4発売。
  • 同年2月24日 - 「まんがタイムきらら」2007年4月号増刊としてVol.5発売。この号より毎月刊行となる。
  • 同年7月24日 - 「まんがタイムきらら」2007年9月号増刊としてVol.10発売。この号が増刊誌最後の刊行となる。

月刊誌[編集]

2019年6月24日現在、通巻号数はNO.143まで、創刊年数は12年目

  • 2007年8月24日 - まんがタイムきららフォワード 2007年10月号で独立創刊。それにともない通巻号数もNO.1となる。
  • 2011年9月24日 - まんがタイムきららフォワード 2011年11月号が刊行。この号で通巻号数がNO.50になる。
  • 2015年11月24日 - まんがタイムきららフォワード 2016年1月号が刊行。この号で通巻号数がNO.100になる。

まんがタイムKRコミックス[編集]

詳細事項は、まんがタイムきらら#まんがタイムKRコミックスと関連商品を参照。

  • 2007年8月27日 - 「まんがタイムKRコミックス」として『S線上のテナ』第1巻が、B6判で刊行される。KIRARA MENU 150
  • 2008年11月12日 - 「まんがタイムKRコミックス」として『桃色シンドローム』第3巻が、B6判で刊行される。KIRARA MENU 250。この月のよりストーリー系 B6判コミックスは、毎月27日刊行→毎月12日刊行に変更される。

掲載作品のドラマCD化タイトル[編集]

各作品に詳細あり。2014年5月26日現在。

掲載作品のアニメ化タイトル[編集]

各作品に詳細あり。2019年6月24日現在。

※下記タイトルは、厳密には『きららフォワード』だけの連載作品ではない作品。

※下記タイトルはアニメのコミカライズ作品。『きららフォワード』本誌では連載されていないが、単行本がKRコミックスフォワードシリーズで刊行されており、刊行告知も『きららフォワード』で行われている。

掲載作品の映画化タイトル[編集]

掲載作品のモーションコミック化タイトル[編集]

掲載作品のゲーム化タイトル[編集]

この他、きらら系作品のスマートフォン向けクロスオーバーゲーム作品として、『きららファンタジア』が2017年12月11日に配信開始され、本誌からは『がっこうぐらし!』『夢喰いメリー』『ゆるキャン△』『ハナヤマタ』『あんハピ♪』『はるかなレシーブ』が参加している。

連載中の作品[編集]

(連載開始号の早い順<増刊誌時代含む>)太字はコミックFUZにて配信している。

過去に連載されていた主な作品[編集]

連載終了した作品のほか、長期休載中のものも含む。太字はコミックFUZにて配信している。

  • VS御主人様 (大井昌和、増刊号Vol.1 - Vol.5)
  • ファミレス☆スマイル (野々原ちき、増刊号Vol.1 - Vol.2)
  • エデデン! (湖西晶、増刊号Vol.1 - Vol.10)
  • Rusty bloom〜ラスティブルーム〜 (こよかよしの、増刊号Vol.1 - Vol.10)
  • サイコスタッフ水上悟志、増刊号Vol.1 - Vol.7)
  • ドージンワークヒロユキ、増刊号Vol.1 - Vol.3)
    • 他のきらら系雑誌での連載とは異なり、ストーリー漫画形式になっている。
  • キミとボクをつなぐもの荒井チェリー、増刊号Vol.1 - Vol.4、Vol.6、Vol.8、Vol.10、2007年11月号 - 2009年1月号まで奇数月号隔月掲載)
  • Recht〜レヒト〜 (寺本薫、増刊号Vol.1 - 2009年1月号)
  • 一年生になっちゃったら大井昌和、増刊号Vol.1 - 2011年2月号、2011年2月号 - 2011年6月号は偶数月号、2011年7月号 - 2012年5月号は奇数月号、2012年8月号 - 2013年2月号まで偶数月号隔月連載・コミックFUZでは月曜枠)
  • オニナギ (石田あきら、増刊号Vol.1 - 2010年4月号)
  • S線上のテナ岬下部せすな、増刊号Vol.1 - 2010年10月号)
  • ぽちたまっ! (真未たつや、増刊号Vol.2 - Vol.7)
  • わさびアラモードっ!! (もみじ真魚、増刊号Vol.3ゲスト、増刊号Vol.6 - 2008年10月号)
  • なきむしステップカザマアヤミ、増刊号Vol.4、2008年4月号ゲスト、2008年8月号 - 2010年5月号)
  • とりねこ (野々原ちき、増刊号Vol.4 - 2008年6月号)
  • のののリサイクル (原作:云熊まく/作画:綾見ちは、増刊号Vol.4 - 2008年11月号)
  • くろがねカチューシャ (吉谷やしよ、増刊号Vol.4 - Vol.5、増刊号Vol.7 - 2007年11月号、2008年1月号ゲスト、2008年2月号 - 2009年2月号)
  • 桃色シンドローム高崎ゆうき、増刊号Vol.4 - 2010年2月号)
  • 据次タカシの憂鬱(あどべんちゃら、増刊号Vol.4 - 2014年3月号)
    • 他作品と違い、4コマ形式で連載。
  • みのりスクランブル! (ちはや深影、増刊号Vol.6 - 2007年11月号、2008年2月号)
  • ろりーた絶対王政三嶋くるみ、増刊号Vol.8 - 2009年5月号)
  • さつきばれっ!真田一輝、2007年11月号 - 2008年8月号)
  • 天より高く現津みかみ、2007年11月号 - 2009年1月号)
  • メガミのカゴ松本ミトヒ。、2008年2月号 - 2010年1月号)
  • いきなり☆ねこキック (むつきつとむ、2008年6月号 - 2009年6月号)
  • トランジスタ・ティーセット〜電気街路図〜里好、2008年9月号 - 2011年11月号)
  • 天秤は花と遊ぶ (卯花つかさ、2008年11月号 - 2009年10月号)
  • 銘高祭!TOBI、2009年1月号 - 2010年1月号)
  • 乙女王子〜女子高漫研ホストクラブ〜 (888、2009年2月号 - 2009年10月号)
  • 空色スクエア。、2009年3月号 - 2011年2月号)
  • 温泉惑星 (原作:かくばやしつよし/漫画:高木信孝、2009年4月号 - 2009年9月号)
  • 少女素数長月みそか、2009年6月号 - 2013年4月号)
  • さんぶんのいち。(松沢まり、2009年8月号 - 2009年10月号) ※コミックエール!からの移籍連載
  • 純真ミラクル100%秋★枝、2009年8月号 - 2010年12月号) ※コミックエール!からの移籍連載
  • 執事少女とお嬢様真田一輝、2009年7月号 - 2011年1月号)
  • となりの柏木さん霜月絹鯊、2009年11月号 - 2016年10月号・コミックFUZでは土曜枠)
  • 大江山流護身術道場(KAKERU、2009年12月号ゲスト、2010年2月号 - 2011年2月号)
  • キスメグルセカイ(ジェームスほたて、2010年1月号 - 2011年5月号まで奇数月号、8月号、10月号に隔月連載)
  • わたしたちは皆おっぱい(東風実花、2010年1月号 - 2月号ゲスト、3月号 - 2011年1月号)
  • 恋愛専科(ミズタマ、2010年2月号 - 2012年9月号)
  • 7時間目の音符志摩時緒、2010年3月号ゲスト、2011年1月号、3月号、5月号、7月号、9月号、11月号 - 2013年8月号・コミックFUZでは木曜枠)
  • 異国少女とすみれの花束(みずせ希跡、2010年4月号 - 2011年4月号)
  • GoodGame友吉、2010年6月号-2011年1月号)※コミックギアからの移籍連載
  • ハナレビの楽園(水本正、2010年8月号 - 2012年6月号、偶数月号隔月連載)
  • はじおつ。卯花つかさ、2010年11月号 - 2011年4月号、2012年2月号 - 2014年5月号・コミックFUZでは火曜枠)
  • 聖アベリア女学院(山田姉妹、2010年10月号ゲスト、2011年5月号 - 2011年10月号)
  • 麻宮さんの妹(あさの、2011年2月号 - 2013年1月号)
  • 九十九のあまのじゃく(コバヤシテツヤ、2011年2月号 - 2012年3月号)
  • せなかぐらしカザマアヤミ、2011年2月号 - 2012年12月号)
  • Dead or Live!(結城えいし、2011年2月号 - 2012年2月号)
  • 魔法少女かずみ☆マギカ〜The innocent malice〜(原案:Magica Quartet/原作:平松正樹/漫画:天杉貴志、2011年3月号 - 2013年1月号)
  • はぢがーるみやびあきの、2011年6月号 - 2013年11月号)
  • ハナヤマタ浜弓場双、2011年6月号 - 2018年4月号・コミックFUZでは木曜枠)
  • ハームフルビューティフル(高崎ゆうき、2011年11月号 - 2013年2月号)
  • 私がヒロインじゃない理由(鴻巣覚、2011年12月号 - 2013年1月号)
  • 私が彼女で彼女が私で(橘あゆん、2012年2月号 - 2013年3月号)
  • meth.e.meth(鶴淵けんじ、2012年2月号 - 2013年4月号)
  • Zwart Closet(ムラ黒江、2012年4月号 - 2014年10月号)
  • ふたりの恋愛書架(ヤマザキコレ、2012年4月号、6月号ゲスト、10月号 - 2013年9月号)
  • トモダチログイン(井藤ななみ、2013年1月号 - 2014年2月号)
  • 球場の令嬢(まりりん、2013年2月号 - 2014年3月号)
  • あんハピ♪琴慈、2013年2月号 - 2019年1月号・コミックFUZでは水曜枠)
  • ブラックラック(玖乃緑、2013年3月号 - 2014年3月号)
  • 魔カリキュラム!(chiimo、2013年3月号 - 2014年5月号)
  • マリッジ・バトル!(ミズタマ、2013年4月号 - 2014年3月号)
  • こなみっくす!(石津カユ、2013年4月号 - 2014年4月号)
  • 愛しの花凛(堀泉インコ、2013年6月号 - 2015年2月号)
  • ここが限界のオーバル学園(原作:大井昌和/作画:卷、2013年9月号 - 2015年7月号)
  • ぼっちな僕らの恋愛事情(志摩時緒、2013年10月号 - 2014年11月号)
  • 魔法少女すずね☆マギカ(原案:Magica Quartet/漫画:GAN、2014年1月号 - 2015年1月号)
    • 第1巻を書き下ろし単行本として発行した後、第2巻以降の分を連載。
  • ネクラの閃与師(橘あゆん、2014年3月号 - 2015年4月号)
  • オンリーロンリーヴァンパイア(七路ゆうき、2014年4月号 - 2015年5月号)
  • トリガーハッピーウィッチ!(原作:流圭/作画:ほた。、2014年4月号 - 2015年5月号)
  • 描けない私のびだいじゅけん!(さわらの五庵、2014年5月号 - 2015年8月号)
  • 病めるときも 健やかなるときも(崎由けぇき、2014年6月号 - 2015年9月号)
  • おにまん〜おにとまんじゅう〜(みやびあきの、2014年6月号 - 2016年3月号)
  • スモーキーゴッドエクスプレス(玄鉄絢、2014年6月号 - 2017年2月号)
  • 鬼が出るか蛇が出るか(あどべんちゃら、2014年8月号 - 2017年7月号・コミックFUZでは金曜枠)
  • ようこそ幻界集落へ!(コト、2014年12月号 - 2016年8月号)
  • そこテストにでます!(長月みそか、2015年2月号 - 2016年9月号)
  • 魔法図書館クレーネ(La-na、2015年1月号ゲスト、3月号 - 2016年2月号)
  • バミれ、みどりちゃん!(八色、2015年3月号 - 2016年4月号)
  • ルイは友を呼ぶ(井藤ななみ、2015年4月号 - 2016年5月号)
  • 手と手を合わせて(茶みらい、2015年5月号 - 2016年4月号)
  • 怪獣の飼育委員(島崎無印、2014年8月号、11月号、2015年1月号 - 2月号ゲスト、7月号 - 2016年3月号)
  • ゆるキャン△あfろ、2015年7月号 - 2019年4月号) ※『COMIC FUZ』金曜枠に移籍
  • ほおばれ!草食女子(あらたまい、2015年8月号 - 2017年12月号)※2017年4月号より隔月連載(偶数月号掲載)
  • 双角カンケイ。(タチ、2015年9月号 - 2017年2月号)
  • メイデンス・オーダー(すたひろ、2016年4月号 - 2017年5月号)
  • なでしこドレミソラ(みやびあきの、2016年5月号 - 2018年12月号)
  • 45分間の魔法使い(藤代百、2016年7月号 - 2017年9月号)
  • いつか私は、君を裏切る(桜井瑞希、2016年9月号 - 2018年4月号)
  • ヨツコト(原作:双見酔/作画:中曽ねこ、2016年10月号 - 2019年2月号)
  • 放課後のアルケミスト(プレジ和尚、2016年11月号 - 2017年12月号)
  • こじらせ BOY meets GIRL!(霜月絹鯊、2017年1月号 - 2018年10月号)
  • まんが家cherry!(さふぁ太、2017年5月号ゲスト、7月号 - 2018年6月号)
  • にじいろフォトグラフ(倉崎もろこ、2017年7月号 - 2019年2月号)
  • 江波くんは生きるのがつらい(藤田阿登、2017年4月号・6月号ゲスト、8月号 - 2018年10月号)※『きららベース』に移籍
  • ブレイキンガールズ!(きりきり舞、2017年9月号 - 2018年8月号)

表紙の変遷[編集]

特定作品を長期に連続して表紙イラストに採用する現象は、4コマ誌と異なり、当誌にはほぼ見られない。ただしテレビアニメ放送期間中はその作品が表紙を担当する(他の『きらら』系雑誌と同様)。

順番は、基本的に【増刊誌時代】と【月刊誌時代】の、初表紙での作品/作者の通巻号を前に順番に記載。

【増刊誌時代】

  1. オニナギ (石田あきら)(Vol.1(創刊号) - Vol.3)
  2. S線上のテナ (岬下部せすな)(Vol.4、Vol.5、Vol.9、Vol.10)
  3. わさびアラモードっ!! (もみじ真魚)(Vol.6、Vol.8)
  4. のののリサイクル (云熊まく/綾見ちほ)(Vol.7)

【月刊誌】

  1. S線上のテナ (岬下部せすな)(2007年10月号(独立創刊号)、2008年2月号、6月号、10月号、2009年2月号、8月号 - 9月号)
  2. わさびアラモードっ!! (もみじ真魚)(2007年11月号)
  3. 一年生になっちゃったら (大井昌和)(2007年12月号、2008年3月号、5月号、8月号、2009年4月号)
  4. 桃色シンドローム (高崎ゆうき)(2008年1月号、4月号、7月号、2009年1月号)
  5. なきむしステップ (カザマアヤミ)(2008年9月号)
  6. 夢喰いメリー (牛木義隆)(2008年11月号 - 12月号、2009年6月号、11月号 - 12月号、2010年5月号、8月号 - 2010年10月号、12月号 - 2011年3月号、8月号 - 9月号、2012年3月号、5月号、9月号、11月号、2013年3月号、8月号、12月号、2014年4月号、2015年1月号、6月号)
  7. メガミのカゴ (松本ミトヒ。)(2009年3月号)
  8. 天秤は花と遊ぶ (卯花つかさ)(2009年5月号)
  9. トランジスタティーセット〜電気街路図〜 (里好)(2009年7月号、2010年1月号、6月号)
  10. 純真ミラクル100% (秋★枝)(2009年10月号、2010年2月号)
  11. 空色スクエア。(双)(2010年3月号、7月号、11月号)
  12. 少女素数 (長月みそか)(2010年4月号)
  13. となりの柏木さん (霜月絹鯊)(2011年4月号、7月号、2012年2月号、2013年4月号、6月号、9月号、2014年3月号、2015年3月号)
  14. 魔法少女かずみ☆マギカ〜The innocent malice〜 (天杉貴志)(2011年5月号、11月号、2012年4月号、10月号)
  15. ハナヤマタ (浜弓場双)(2011年6月号、10月号、2012年1月号(『はぢがーる』と合同表紙)、8月号、2013年2月号、11月号、2014年2月号、5月号、6月号、9月号 - 11月号、2015年2月号、2016年1月号、9月号、12月号、2017年2月号、2018年1月号)
  16. 7時間目の音符 (志摩時緒)(2011年12月号)
  17. はぢがーる (みやびあきの)(2012年1月号(『ハナヤマタ』と合同表紙)、6月号、12月号)
  18. がっこうぐらし! (千葉サドル)(2012年7月号、2013年1月号、5月号、7月号、10月号、2014年1月号、8月号、12月号、2015年4月号、7月号、9月号 - 11月号、2016年1月号、3月号、10月号、2017年1月号、5月号、2018年2月号、7月号、2019年2月号 - 4月号)
  19. ここが限界のオーバル学園 (卷)(2014年7月号)
  20. ようこそ幻界集落へ! (コト)(2015年5月号)
  21. あんハピ♪ (琴慈)(2015年8月号、12月号 - 2016年2月号、5月号 - 8月号、11月号、2017年4月号、7月号、12月号)
  22. 双角カンケイ。 (タチ)(2016年4月号)
  23. ゆるキャン△ (あfろ)(2017年3月号、6月号、8月号、11月号、2018年3月号 - 5月号)
  24. はるかなレシーブ (如意自在)(2017年9月号、2018年6月号、8月号 - 11月号、2019年6月号)
  25. ちょっといっぱい! (火曜)(2017年10月号、2018年12月号、2019年7月号)
  26. 球詠 (マウンテンプクイチ)(2019年1月号、5月号、8月号)
  • 2016年1月号は『ハナヤマタ』『がっこうぐらし!』『あんハピ♪』の3作品合同表紙

関連項目[編集]