まんがタイムスペシャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
まんがタイムスペシャル
ジャンル 4コマ漫画雑誌
読者対象 20 - 30代の男女が中心
刊行頻度 月刊
発売国 日本
出版社 芳文社
刊行期間 1989年 -
レーベル まんがタイムコミックス

まんがタイムスペシャル』は、芳文社発行の月刊4コマ漫画雑誌。青年・女性向けと萌え系4コマ誌の折衷タイプに分類される。『まんがタイムオリジナル』増刊として発行されていたが、1992年6月号にて独立創刊。2009年1月号において、独立創刊から数えて200号目を迎えた。

原則として毎月22日に発売されている(ただし、地域によっては発売日が異なることがある)。

傾向[編集]

従来は女性読者をターゲット4コマ誌として、恋愛や家族愛を重点に置いた作品構成がされてきたが、近年ではその色合いは薄れてきており、萌え系4コマ作品の連載が増加している。かつては「恋する乙女応援4コマ誌」という女性向け4コマ誌であることを前面に押し出したキャッチコピーを多く使用していたが、誌面構成の変化とそれに伴う男性読者の増加により近年では控えられている傾向にあり、現在では「笑顔をチャージ!エンタメスペシャル」という特定の性を意識しないキャッチコピーが多用されている。

2004年のリニューアルの際、廃刊になった『まんがタイムナチュラル』の作品が多数移籍となる。また、リニューアル前後からは『まんがタイム』グループの中では『まんがタイムきらら』グループに近いスタンスが取られるようになり、『スーパーメイドちるみさん』や『えすぴー都 見参!』『ベンリ屋なっちゃん』などの男性読者向け萌え4コマ作品の連載が見られるようになり[1]、その後も吉谷やしよ藤凪かおるらといった『きらら』系作家や、『もえよん』出身の北条晶といった萌え系作品を主軸とする作家の流入などがあり、2010年2月号においても再度リニューアルとして新連載が5本スタート、萌え系作品のさらなる強化が図られている。

このようなことから、現在では女性読者層に限らず、萌え系4コマ誌の主な購読者である青年男性層にもターゲットを広げた誌面構成となっている。このため『まんがタイムきらら』グループ雑誌に連載している作家陣が起用される比率が高く、他の『まんがタイム』グループ雑誌と比較して、『まんがタイムきらら』グループ雑誌や、まんがタイムKRコミックスの広告が多く掲載されている。

なお本誌連載の『恋愛ラボ』が『まんがタイム』グループでは初めてテレビアニメ化され、2013年7月から9月まで放映された。同作のアニメ化が発表された2012年11月にtwitter公式アカウントを取得。これは『まんがタイム』グループでは本誌が唯一となっていたが、2014年現在は「まんがタイム編集部」のアカウントとして『スペシャル』以外のグループ誌や単行本の情報も発信される。

現在連載されている主な作品[編集]

2018年9月現在

長期休載中の主な作品[編集]

  • 69億のクリスマス(三谷知子 2011年5月号 - 2012年1月号 - 休載(隔月連載、ストーリー形式))

連載が終了した主な作品[編集]

  • 好きだヨンたーくん(ともびきちなつ
  • きらきら、てくてく。(笹野ちはる - 2009年4月)
  • 恋するさよちゃん(窪田まり子 - 2004年2月号)
  • 結果オーライ柑子ちゃん(唯洋一郎 1999年2月号 - )
  • ダッシュ!!カンカン娘(岡田がる
  • てんぷら(なんば倫子 - 2008年3月号)
  • ふぁみコン!(カタクラユキ - 2008年4月号)
  • アニマル商事猫田課長(タカキケンゴ - 2008年9月号)
  • 夏乃ごーいんぐ!(たかの宗美 - 2011年8月号)
  • 僕のかわいい上司さま小池田マヤ 1997年2月号 - )
  • てんとり虫のサンバ (富永ゆかり、1997年6月号~2000年5月号)
  • 白衣の男子(岸香里 1999年2月号 - 2009年8月号(ストーリー形式))
  • ふたご最前線辻灯子 2000年2月号(2月号はS-1グランプリ受賞掲載枠) - 2010年7月号)
  • エン女医あきら先生水城まさひと 2000年5月(5月号はゲスト扱い) - 2008年1月)
  • ましろ☆ふっとタイム(おおた綾乃 2000年9月 - 2007年1月)
  • 千秋ツーフェイス(柳田直和 2000年9月号(9月号はゲスト扱い) - 2010年3月号)
  • スーパーメイドちるみさん師走冬子 2002年10月号 - 2005年5月号、2007年5月号より再開(新連載扱い) - 2014年1月号、過去にまんがタイムジャンボまんがタイムきららまんがタイムポップまんがホームでも連載していた。作品開始2000年)
  • えすぴー都 見参!岬下部せすな 2003年11月号 - 2012年8月号)
  • さゆリン弓長九天 2004年11月 - 2006年6月)
  • ななみまっしぐらみやさかたかし 2004年2月 - 2006年10月)
  • まつのべっ!秋吉由美子 2004年2月 - 2007年5月(作品開始1998年、まんがタイムオプショナル→まんがタイムナチュラルより転籍))
  • 花の湯へようこそ♥渡辺志保梨 2004年3月 - 2011年1月号(作品開始2000年12月号、まんがタイムナチュラルより転籍))
  • うりふたつ☆キミ関根亮子 2005年3月 - 2007年7月)
  • だてまき。(オザキミカ 2005年3月 - 2008年7月)
  • いつも心に太陽新聞!!(師走冬子 2005年6月 - 2006年4月(作品開始2001年、まんがタイムナチュラルより1年半以上の中断を経た後に転籍))
  • 24時間サンシャイン!(吉川景都 2005年9月 - 2008年9月)
  • それだけでうれしい(松田円 2006年5月号 - 2009年7月号(隔月連載、ストーリー形式))
  • たまのこしかけ荻野眞弓 2006年6月号 - 2007年2月号、同年4月号 - 8月号、2008年9月号 - 2010年1月号、2011年1月号 - 2012年7月号)
  • 総てんねん工房(刈谷晶 2006年12月号 - 2010年8月号(不定期掲載))
  • あいどく!(おおた綾乃 2007年2月号 - 2009年12月号)
  • えんれんCafe(吉田美紀子 2007年4月号 - 2010年4月号)
  • ゆたんぽのとなり吉谷やしよ 2007年2月号 - 4月号ゲスト、2007年8月号 - 2010年1月号)
  • はっぴぃママレード。北条晶 2007年7月 - 2010年1月号(まんがタイムファミリーにて並行連載))
  • そこに愛がある限り(松山花子 2007年7月号 - 2010年3月号(目次4コマ))
  • 瞬け!シャイン安堂友子 2007年8月号 - 2010年3月号(2007年8月号はゲスト扱い、2009年8月号以前は隔月連載))
  • なでしこ3on3(秋吉由美子 2007年9月号 - 2009年11月号)
  • なないろレシピ(野広実由 2007年9月号 - 2010年2月号)
  • ハニーtheバンドガール(楯山ヒロコ 2007年10月号(10月号はゲスト扱い) - 2009年11月号)
  • ベツ×バラ曙はる 2008年5月号 - 2012年5月号)※2012年6月号より2012年10月号まで後日談「その後のベツ×バラ」掲載
  • 幼稚園ぼうえい組(テンヤ 2009年1月号 - 2009年8月号(2009年1月号 - 3月号はゲスト扱い、2009年9月号 - 2010年4月号にスピンオフ作品『ほのかしっかりしなさい!』が連続ゲスト掲載))
  • ココロ君色サクラ色(桑原草太 2009年2月号 - 3月号ゲスト、5月号 - 2010年1月号、4月号 - 12月号(隔月連載、まんがタイムラブリーを経てまんがタイムファミリーに転籍、ストーリー形式))
  • ポンチョ。高嶋ひろみ 2009年6月号 - 2012年3月号(作品開始2007年10月号、まんがタイムラブリーより転籍))
  • MISHIMAデパートメンズ館(松山花子 2009年6月号 - 2010年2月号(まんがタイムラブリーより転籍、偶数月号隔月連載))
  • 21時のシンデレラガール(藤凪かおる 2009年8月号 - 2012年10月号)
  • あつむトイタウン(水城まさひと 2009年11月号 - 2011年12月号(作品開始2008年、まんがタイムジャンボより転籍))
  • ミニパトっ!(大富寺航 2009年11月号 - 12月号ゲスト、2010年2月号 - 2011年5月号(5月号は特別編扱い))
  • 放課後エア部(サカザキ 2010年1月号、4月号 - 5月号、8月号 - 11月号、2011年8月号(ゲスト扱いのまま長期にわたって掲載))
  • スーパー探偵!(北条晶 2010年2月号(2月号 - 4月号はゲスト扱い) - 2010年9月号)
  • キミ待ち!(口八丁ぐりぐら 2010年2月号 - 2011年1月号)
  • 早乙女寮別館ものがたり(小谷あたる 2010年2月号 - 2011年11月号)
  • おすすめ!看板娘 あんちょこ(おおた綾乃 2010年2月号 - 2012年9月号)
  • 丸の内!藤島じゅん 2010年2月号(2月号 - 4月号はゲスト扱い) - 2012年11月号)
  • 笑って!外村さん水森みなも 2010年2月号 - 2017年12月号(まんがタイムジャンボ2009年8月号 - 10月号、12月号ゲストを経て、当誌で連載開始。過去にまんがホームでも連載していた))
  • トンネルの華子さん松田円 2009年9月号ゲスト、2010年4月号 - 2012年8月号(2012年8月号は「特別編」))
  • おてんき小春ちゃん(ふくやまけいこ 2010年4月号 - 2012年11月号(目次4コマ)、2012年4月号ゲスト)
  • 強風記〜小説家 烏山サトシ〜(カラスヤサトシ 2010年4月号 - 2011年9月号)
  • シュガービーチ下村トモヒロ 2010年6月号(6月号 - 7月号はゲスト扱い) - 2013年2月号)
  • 変スタイル(水沢あゆむ 2010年8月号 - 2011年1月号、4月号、6月号(ゲスト扱いのまま長期にわたって掲載))
  • 野菜畑でつかまえてまつもと剛志 2010年8月号- 10月号ゲスト、12月号 - 2013年7月号)
  • パンむすめ樹るう 2010年9月号 - 2011年10月号)
  • セーラー服でもあいしてね(にしうら染 2010年11月号 - 2011年3月号、6月号(ゲスト扱いのまま長期にわたって掲載))
  • ないしょのミルクティー(吉岡七見 2010年11月号 - 2011年2月号、5月号 - 8月号、10月号 - 12月号(ゲスト扱いのまま長期にわたって掲載))
  • おーがちゃんコンノトヒロ 2011年1月号・3月号ゲスト、4月号 - 2013年3月号(2013年5月号に特別編掲載))
  • だんつま(渡辺志保梨 2011年2月号 - 2012年11月号 (作品開始2008年6月号、まんがタイムラブリーより転籍))
  • 少女カフェ板倉梓 2011年2月号 - 2013年1月号 (作品開始2010年1月号、まんがタイムラブリーより転籍))
  • カブルモン(藤堂あきと 2012年2月号(2月号 - 3月号はゲスト扱い) - 2014年7月号)
  • 放課後のピアニスト(十野七 2011年2月号 - 2012年8月号 (作品開始2010年2月号、まんがタイムラブリーより転籍))
  • 踊る!アントワネットさま(にしうら染 2011年9月号(9月号 - 10月号はゲスト扱い) - 2014年10月号)
  • OLはとぽっぽ(たかの宗美 2011年11月号 - 2014年12月号(まんがタイムラブリー2007年1月号 - 6月号目次4コマ、同年3月号に同誌ゲスト掲載。当誌連載1回目にはこれらの再録を併載))
  • ゲキカラ文化交流(沼江蛙 2012年1月号(1月号はゲスト扱い) - 2015年4月号(2015年5月号に特別編掲載予定))
  • 趣味じゃない園芸(駒倉葛尾 2012年1月号(1月号 - 2月号はゲスト扱い) - 2014年10月号)
  • どろんきゅー(吉村佳 2012年1月号(1月号はゲスト扱い) - 2015年4月号)
  • アイして・やえば(三宅あきた 2012年5月号 - 7月号、9月号 - 12月号、2012年2月号 - 7月号(ゲスト扱いのまま長期にわたって掲載))
  • 銀河系女子高生★ありすちゃん(はなこ、原作:サカザキ、2012年4月号 - 6月号、10月号 - 12月号ゲスト、2013年1月号 - 2015年3月号)
  • ナースドールまりあ(しまだ 2012年10月号 - 2014年5月号)
  • メェ〜探偵フワロ(ナントカ 2012年11月号(11月号 - 2013年3月号はゲスト扱いで『メー探偵フワロ』の題名であったものを改題) - 2018年5月号)
  • ピンポン☆ブー(藤島じゅん 2012年12月号(12月号 - 2013年2月号はゲスト扱い) - 2015年7月号)
  • 兄妹のスキマ(3.5合 2013年1月号、3月号、6月号 - 7月号(ゲスト扱いのまま長期にわたって掲載)、2012年8月号月間新人賞『兄弟の隙間』を改題)
  • 先生のすみか(伊藤ハチ 2013年2月号(2月号 - 8月号はゲスト扱い) - 2015年2月号)
  • 美味しいタノミゴト(梨尾 2013年4月号 - 2015年5月号(ゲスト扱いのまま長期にわたって掲載))
  • ぱふぃん〜中国的刺客美少女〜(にたこ 2013年4月号 - 2014年4月号(ゲスト扱いのまま長期にわたって掲載))
  • アテナの初恋(縞はるひ 2012年8月号 - 11月号、2013年1月号 - 2018年5月号(ゲスト扱い))
  • 風紀のフーコ(永みはじ 2013年6月号 - 2014年4月号(ゲスト扱いのまま長期にわたって掲載))
  • すしっ娘(3.5合 2013年8月号 - 2014年5月号(ゲスト扱いのまま長期にわたって掲載))
  • 信長のおよめちゃん(大場玲耶 2013年8月号 - 2014年7月号(ゲスト扱いのまま長期にわたって掲載))
  • じごくプリンセスえんまちゃん(ひらふみ 2013年9月号 - 2014年7月号、9月号(ゲスト扱いのまま長期にわたって掲載))
  • みずいろミュージアム(あさみゆとり 2014年2月号(2月号 - 4月号はゲスト扱い) - 2016年4月号)
  • おかってスタディ(大川マキナ 2014年4月号 - 2015年1月号(ゲスト扱いのまま長期にわたって掲載))
  • だけど温田さんはひとりでデキない(町田すみ 2014年6月号(6月号 - 8月号はゲスト扱い) - )
  • 注文の多いお姉ちゃん(けんち蛍 2014年8月号 - 2015年3月号(ゲスト扱いのまま長期にわたって掲載))
  • うぶコメ!(枕辺しょーま 2014年8月号(8月号 - 10月号はゲスト扱い) - 2016年11月号)
  • なり×ゆきリビング(乃花タツ 2014年8月号(8月号 - 11月号はゲスト扱い) - )
  • タフオ☆カスタマイズ(プイケル 2014年11月号 - 2015年11月号(ゲスト扱いのまま長期にわたって掲載))
  • 光れ!メシスタント(310 2014年11月号(11月号 - 2015年3月号はゲスト扱い) - 2017年3月号)
  • 前略、パリは甘くて苦いです。(にしうら染 2014年11月号(11月号 - 2015年1月号はゲスト扱い) - 2016年12月号)
  • BONSAIガール!(ミツナナエ 2014年11月号(11月号 - 2015年11月号はゲスト扱い) - 2017年2月号)
  • ごにんばやし(水瀬るるう 2015年2月号 - 5月号ゲスト、7月号 - 2018年5月号)※第一部完
  • 天王洲会長にカレシができないワケ 2015年3月号、5月号 - 2015年9月号(ゲスト扱いのまま長期にわたって掲載))
  • ヒロインになれません(たうみまゆ 2015年4月号 - 12月号(ストーリー形式))
  • リビングにGペン(四ツ原フリコ 2015年6月号 - 10月号(ゲスト扱いのまま長期にわたって掲載、ストーリー形式))

表紙の変遷[編集]

4コマ誌においては、他のジャンルの漫画雑誌と異なり、表紙イラストが1名の作家によって複数月連続して担当されることが多い。ここでは、本誌の表紙イラストを担当していた作家・作品と、その担当していた期間を記す。

  1. 独立創刊以前に、ともびきちなつ(好きだヨンたーくん)、小池田マヤ(僕のかわいい上司さま)等
  2. 窪田まり子(恋するさよちゃん)(独立創刊号、1992年6月号 - 2000年X月号)
  3. 岡田がる(ダッシュ!!カンカン娘)(2000年X月号 - 200X年X月号)
  4. なんば倫子(てんぷら)(200X年X月号 - 2007年4月号)
  5. 師走冬子(スーパーメイドちるみさん)(2007年5月号 - 2009年9月号、11月号、2010年1月号 - 2月号、4月号、6月号、8月号 - 9月号)
  6. 荻野眞弓(たまのこしかけ)(2009年10月号)
  7. 胡桃ちの(ミッドナイトレストラン7to7)(2009年12月号、2010年3月号、7月号)
  8. 曙はる(ベツ×バラ)(2010年5月号)
  9. 恋愛ラボ(宮原るり)(2010年10月号 - 現在)(※2012年9月号は水森みなも(笑って!外村さん)との合同表紙)
  10. 水森みなも(笑って!外村さん)(2012年9月号)(※恋愛ラボ(宮原るり)との合同表紙)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『えすぴー都 見参!』は本誌連載作品であるが、単行本は『まんがタイムきらら』シリーズ扱いとなる『まんがタイムKRコミックス』レーベルから刊行されている。