まんが日本史 (NHK)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

まんが日本史( -にほんし)は、1992年4月6日から1993年3月8日までNHK教育テレビの「6時だ!ETV」枠で月曜日に放送された教育番組である。

概要[編集]

2~5週ごとに一人の歴史の人物をアニメ形式で伝える。取り上げられたのは弥生時代江戸時代までである。また、歴史の人物に扮したゲストも登場した。夏休み中は、通常と異なる番組構成を行う。主人公一人ごとに異なるキャラクターデザインを行い、その中には卑弥呼の回の原案を担当した吉田戦車聖徳太子の回を担当した中川いさみなど。

司会はラサール石井岩井小百合であった。出演者には、学校の授業風に生徒役の子供も複数おり、その中には「あっぱれさんま大先生」を卒業したあとの根本卓哉、「家なき子」でブレークする前の安達祐実小林稔侍と共演したカレーのCMで人気が出始めた直後の星野真理(現・星野真里)などがいた。

オープニングテーマは電気グルーヴの「Twist of the World[1]」のこの番組用に書き下ろした歌詞違いバージョン[2]であった。このバージョンの正式な音源はリリースされていない。彼らがレギュラー出演した「電気グルーヴのオールナイトニッポン[3]」で放送された。

エンディングは河内家菊水丸が担当、その回に登場した事件の年号覚えの歌を歌う。

取り上げられた人物[編集]

最終回[編集]

最終回は1年の総まとめとして取り上げた内容を時代ごとに5つに分けた年号覚えの歌(今までのエンディングとは別の曲で歌は岩井小百合が担当)を放送した。各時代の案内役は番組内で登場した人物(声はラサール石井と岩井小百合で交互に)である。

脚注[編集]

  1. ^ アルバム「KARATEKA」収録。
  2. ^ CDに収録されているバージョンは肉体目当てでみてくれの悪い女性と付き合おうとしている男性について歌われている為。
  3. ^ ニッポン放送、後に1部に昇格するが流された当時は2部担当。

関連項目[編集]

  • チャーリー浜 - 番組で聖徳太子を取り上げたときにスタジオに聖徳太子に扮して登場。
  • 間寛平 - 番組で豊臣秀吉を取り上げたときにスタジオに秀吉に扮して登場。