まんのう天文台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Museum) w.svg まんのう天文台
まんのう天文台1.JPG
まんのう天文台
まんのう天文台の位置(香川県内)
まんのう天文台
香川県内の位置
施設情報
専門分野 天文学
管理運営 まんのう町琴南公民館
延床面積 222平方メートル
開館 2014年
所在地 766-0202
香川県仲多度郡まんのう町中通1156-242
位置 北緯34度6分56秒 東経133度56分35秒 / 北緯34.11556度 東経133.94306度 / 34.11556; 133.94306座標: 北緯34度6分56秒 東経133度56分35秒 / 北緯34.11556度 東経133.94306度 / 34.11556; 133.94306
アクセス まんのう町役場から車で50分
外部リンク まんのう天文台
プロジェクト:GLAM

まんのう天文台(まんのうてんもんだい)は、香川県仲多度郡まんのう町(旧琴南町)にある天文台

概要[編集]

2014年4月4日に完成、口径30cmの反射望遠鏡と太陽観測専用の望遠鏡などを設置。施設のある大川山は、標高が1042.9mあり、周辺には町営と県営のキャンプ場がある。

沿革[編集]

  • 2014年4月4日 - 香川県内で最も高い場所にある天文台として開設。2009年小惑星にまんのう町と命名[1]されたことから星のあるまちづくりの一環として建設された。[2]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 宇宙にも「まんのう町」/香川県内初、小惑星に命名”. 47NEWS (2009年12月21日). 2015年8月8日閲覧。
  2. ^ まんのうで宇宙ロマン/大川山に天体観測施設”. 香川のニュース 四国新聞 (2014年3月31日). 2014年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月7日閲覧。

関連項目[編集]