みうら湯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Hot springs 001.svg黒湯天然温泉 みうら湯
Miurayu2016.JPG
みうら湯入口(2016年4月15日撮影)
店舗 1店舗のみ展開(2016年4月時点)
弘明寺店 [注 1]
形態 天然温泉/スーパー銭湯
営業時間 10時〜23時(最終入館:22時30分)
所在地 横浜市南区中里1-25-1
座標 北緯35度25分11.8秒
東経139度35分52.2秒
座標: 北緯35度25分11.8秒 東経139度35分52.2秒
交通 京急本線弘明寺駅(徒歩7分)
横浜市営地下鉄弘明寺駅(徒歩8分)
#交通の節も参照
泉質 ナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉
泉温(摂氏 18.9
pH 8.33(弱アルカリ性)
開業年 2003年
(※2005年2016年にリニューアルオープン)
運営会社 京急開発
外部リンク http://www.miurayu.com/
テンプレートを表示

黒湯天然温泉 みうら湯(くろゆてんねんおんせん みうらゆ)は、京浜急行電鉄(京急)グループの京急開発横浜市内で運営するスーパー銭湯日帰り温泉施設)である。

概要[編集]

みうら湯、リニューアル前の外観(2008年7月15日撮影)

日本で初めての海洋深層水を使用したスーパー銭湯として2003年6月24日に開業(現在は海洋深層水を使用していない、詳細は後述)。海洋深層水は、同じ京急グループの三浦ディーエスダブリュが三浦半島沖の相模湾水深330m付近から取水していた。また、2005年3月24日にリニューアルオープンし、天然温泉も導入した。「さっぱり湯」と「しっとり湯」の2種類の浴室(それぞれ男湯および女湯のどちらかに該当)があり、週ごとに男女の浴室を入れ替えている(毎週月曜に入れ替えを実施、後述のリニューアル後も2種類の浴室による週ごとの男女浴室入れ替えは継続されている)[注 2]

三浦ディーエスダブリュの事業廃止に伴い、2008年9月末をもって海洋深層水温浴を終了し、同年10月以降は天然温泉および上水を使用している[1]。なお、海洋深層水温浴を終了する以前は内湯で温泉を使用し、露天風呂と「しっとり湯」のミストサウナで海洋深層水を使用していた。

当館は京浜急行高架橋下に位置するが、橋脚耐震工事の対象となることから2015年4月1日より1年間の長期休館に入った[2]。その後は予定通り、ちょうど1年後となる2016年4月1日にリニューアルオープン(人工の炭酸泉を新たに導入したほか、ロビー・脱衣所・浴室等の内装も改装)を果たし、営業を再開している[3][4]

泉質[編集]

以下は当館が使用している黒湯天然温泉の泉質である。なお、この温泉は冷鉱泉であるため、加温・循環使用している。

所在地[編集]

〒232-0063 神奈川県横浜市南区中里1丁目25—1

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 開業当初より店名に「弘明寺店」を付していたが、他にみうら湯の店舗はなく1店舗のみの営業となっている(2016年4月時点)。
  2. ^ かつてはそれぞれ湯質の違う浴槽があったが、現在ではサウナや浴槽の種類の違いのみとなっている。詳細は公式サイトの「14種類のお風呂」を参照。

出典[編集]