三浦縦貫道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
自動車専用道路
Miura Jukan Road Route Sign.svg
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
神奈川県道26号標識
三浦縦貫道路
三浦サンサンライン
起点 神奈川県横須賀市
終点 神奈川県三浦市
接続する
主な道路
(記法)
横浜横須賀道路
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路
三浦縦貫道林入口交差点

三浦縦貫道路みうらじゅうかんどうろ、Miura Jukan Road)は、神奈川県横須賀市衣笠町から、三浦市初声町下宮田まで至る、神奈川県道26号横須賀三崎線自動車専用道路。横須賀市衣笠町から同市林5丁目に至る1期区間が2000年3月に供用している[1]三浦サンサンラインの愛称がある。

運営は神奈川県道路公社。2014年4月現在、普通車の通行料金は310円。

当道路ではETCカードは利用できないが、SuicaPASMO等交通系電子マネーには対応(当道路以外の神奈川県道路公社管轄有料道路では電子マネーの利用は不可)。

概要[編集]

歴史[編集]

  • 1994年6月17日:都市計画決定。
  • 2000年3月4日:1期区間(延長約4.7 km)、衣笠IC連絡路開通。林IC部分供用開始[1]
  • 2004年度:2期区間北側区間(横須賀市林四丁目 - 三浦市初声町高円坊 約1.9 km)の事業着手[1]
  • 2009年3月:愛称を「三浦サンサンライン」に決定[2]

今後の予定[編集]

  • 2019年度(平成31年度):2期区間北側区間歩道付きで暫定供用、林IC全面供用開始予定[3]

路線状況[編集]

神奈川県道26号横須賀三崎線のバイパスであり、三浦半島西岸の国道134号線沿線から横浜横須賀道路へのアクセス道路としての機能を持っている。現在の供用区間は、延長4.7 kmの1期区間であり、2期区間として横須賀市林5丁目から三浦市初声町下宮田までの延長4.4 kmが計画されている[1]

供用済区間は自動車専用道路なので、125 cc以下の二輪車(原付一種および原付二種)は通行禁止。

道路施設[編集]

  • 衣笠城址トンネル
  • 衣笠太田和トンネル
  • 太田和公園トンネル

インターチェンジなど[編集]

施設名欄の背景色がである部分は施設が供用されていない、または完成していないことを示す。未開通のインターチェンジ名などは仮称である。

以下、インターチェンジなどは略称で示している。

  • インターチェンジ =「IC」、パーキングエリア =「PA」
IC
番号
施設名 接続路線名 起点
から
(km)
備考 所在地
- 三浦縦貫道衣笠入口交差点 都市計画道路久里浜田浦線 0.0 横須賀市
- 衣笠IC E16 横浜横須賀道路 0.5
- みうら縦貫PA 2.6 上り線のみ設置
- 本線料金所 2.9 ETC利用不可
- 林IC 国道134号 4.2 施設名は仮称
部分共用中
- - 三浦市道14号(三浦市初声町高円坊) - 施設名は未定
平成31年度供用予定[3]
三浦市
- - 神奈川県道214号武上宮田線(池代交差点付近) - 施設名は未定
- - 国道134号三崎口駅北側付近) - 施設名は未定
都市計画道路西海岸線(事業中)[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]