みうら (輸送艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みうら
Miura(LST4151).jpg
基本情報
建造所 石川島播磨 東京第2工場
運用者  海上自衛隊
艦種 輸送艦
級名 みうら型
艦歴
計画 昭和47年度計画
発注 1972年
起工 1973年11月26日
進水 1974年8月13日
就役 1975年1月29日
除籍 2000年4月7日
要目
排水量 基準 2,000トン
満載 3,200トン
全長 98.0m
最大幅 14.0m
深さ 7.6m
吃水 3.0m
主機 川崎MAN V8V22/30ATLディーゼル × 2基
出力 4,400PS
推進器 スクリュープロペラ × 2軸
速力 最大速 14ノット
乗員 115名
兵装 68式50口径3インチ連装砲 × 1基
Mk.1 40mm連装機銃 × 1基
レーダー OPS-14 対空
OPS-18 対水上
OPS-20 航海用
72式射撃指揮装置1型B × 1基
Mk.51 射撃指揮装置 × 1基
テンプレートを表示

みうらローマ字JDS Miura, LST-4151)は、海上自衛隊輸送艦みうら型輸送艦の1番艦。艦名は三浦半島に由来する。

艦歴[編集]

「みうら」は、第4次防衛力整備計画に基づく昭和47年度計画輸送艦4151号艦として、石川島播磨東京第2工場で1973年11月26日に起工され、1974年8月13日に進水、1975年1月29日に就役し、自衛艦隊直轄第1輸送隊に編入され横須賀に配備された。

1992年自衛隊カンボジア派遣のためにカンボジア派遣海上輸送補給部隊を編成、人員・車両を積載し1992年9月17日に「おじか」と共に横須賀を出港、途中で補給艦とわだ」と合流、10月2日にカンボジアのシハヌークヴィル港に入港した。12月26日に横須賀に帰港。

1993年8月10日から「さつま」、補給艦「はまな」とともに、第2次カンボジア派遣海上輸送部隊の任務に従事し、同年10月6日に帰国。

1998年2月13日、退役した「あつみ」に代わって横須賀地方隊に直轄艦として編入された[1]

2000年4月7日、除籍。就役期間中の総航程は37万9,719浬、地球17.6周分に達した[2]

脚注[編集]

  1. ^ 「初の国産輸送艦「あつみ」退役!」、『世界の艦船』第537号、海人社、1995年4月、 118頁。
  2. ^ 海上自衛新聞・2000年(平成12年)4月28日(金)第2面

参考文献[編集]

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 『世界の艦船 増刊第63集 自衛艦史を彩った12隻』(海人社、2003年)
  • 『世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)

関連項目[編集]