みずたまメモリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
みずたまメモリーズ
ラジオ
放送期間 2001年7月11日 - 2001年10月3日
放送局 ラジオ大阪アール・エフ・ラジオ日本
放送時間 30分
放送回数 14回
パーソナリティ 水樹奈々
仲西環
提供 KID
ラジオ:みずたま拡大計画
放送期間 2001年11月30日 - ?
放送局
パーソナリティ 水樹奈々
仲西環
ラジオ:みずたまフレンズ
放送期間 2002年1月4日 - 2002年3月29日
放送局 文化放送ラジオ大阪
放送回数 全13回
パーソナリティ 水樹奈々
仲西環
テンプレート - ノート

みずたまメモリーズ』とは、2001年7月から10月まで大阪放送ラジオ大阪と、アール・エフ・ラジオ日本で放送されたラジオ番組。KIDより発売された恋愛アドベンチャーゲームMemories Off 2nd』のカウントダウン番組として放送された。パーソナリティは、同作ヒロインの声優である水樹奈々仲西環

本項目では、2002年1月から3月まで同じパーソナリティにて文化放送、ラジオ大阪で放送された後継番組『みずたまフレンズ』についても扱う。

概要[編集]

ヒロインたちが留守番電話に残したメッセージに対する主人公の反応を選び、その結果が翌週に放送されるという体裁のラジオドラマ『留守電メモリーズ』は、未放送分も収録したCDがヒロインごとに発売された。

なお、『2nd』のアペンドストーリーには、水樹演じる白河ほたる(ほわちゃん)と中西演じる飛世巴(とと)が登場する「ほわととメモリーズ」という本番組のパロディ作品がある。さらに『Memories Off Duet』に収録されたストーリーでは、ほたるが混乱した状況をごまかすために寿々奈鷹乃(たけ)を引っ張り込んでほわたけメモリーズなる企画をでっち上げている。

みずたま拡大計画』は、続編を望む声が多かったので始まったWebラジオ番組[1]。約10分のMP3ファイルとなる[2]

ゲスト[編集]

  • 利田優子(双海詩音役)- 『みずたまメモリーズ』第2回(2001年7月18日放送)
  • 南里侑香 (相摩希役)- 『みずたまメモリーズ』第3回(2001年7月25日放送)
  • 田村ゆかり(音羽かおる 役)- 『みずたまメモリーズ』第11回(2001年9月19日放送)

ラジオドラマ[編集]

BUDDY♥PARTY!
『みずたまフレンズ』から生まれたラジオドラマ。主演の水樹奈々と仲西環のふたりをメインに、毎回変わるゲストキャラに釘宮理恵豊口めぐみが担当。その後、ラジオ番組『水樹奈々 スマイルギャング』内で放送。

出演[編集]

  • ハイネ・ユウキ(結城葉衣音):水樹奈々
  • レン・クギハラ(久木原恋):仲西環
  • ミユウ・キリシマ(桐嶋美結):釘宮理恵
  • チハヤ・ミヅキ(観月千早):豊口めぐみ
  • ユキナ・ハヅキ(葉月雪菜):田中理恵
  • クイン・ミジョウ(箕条久韻):浅野真澄
  • ツカサ・サワキ(沢木宰):高木礼子
  • トオル・サワラ(早良亨):山岸功
  • ゲンジュウロウ・ユウキ(結城源十朗):茶風林
  • ケンタ・タキグチ(滝口健太):小林由美子

ドラマCD[編集]

CD2枚 / 収録時間:37分55秒 / 38分01秒
  • BUDDY♥PARTY! Part2(2002年4月17日、PCCG-90003)
  • BUDDY♥PARTY! Part3(2002年6月5日、PCCG-90004)
2nd SEASON

後続番組[編集]

みずたま乗っ取り計画
Webラジオを終わらせるのがもったいないという理由で始まった、稲穂信役の間島淳司とKID営業企画課の恩田博之による番組[1]
文化放送 金曜26:30 - 27:00
前番組 番組名 次番組
四ッ谷式Cyber Project EX
(2001年4月 - 12月)
水樹奈々と仲西環のみずたまフレンズ
(2002年1月4日 - 2002年3月29日)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Memories Off History』同梱「Memories Off History Memorial Book」p.78
  2. ^ あの番組が復活!キッド、同社サイトにて「みずたまメモリーズ」MP3版を配信”. 2020年3月8日閲覧。

関連項目[編集]