みずとり型駆潜艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みずとり型駆潜艇
Mizutori-class submarine chaser.jpg
艦級概観
艦種 駆潜艇
艦名 鳥の名前
就役期間 1960年 - 1989年
前級 うみたか型駆潜艇
主要諸元
排水量
[1]
基準420t / 満載480t
(PC-311-315)
基準430t / 満載485t
(PC-316)
基準440t / 満載490t
(PC-319,320)
全長 60.5m
全幅 7.1m
深さ 4.4m
吃水 2.3m
機関 川崎MAN V8V22/30型ディーゼルエンジン(1,900ps 2基
スクリュープロペラ 2軸
速力 最大20ノット
乗員 80名
兵装 Mk.1 40mm連装機関砲 1基
ヘッジホッグ対潜迫撃砲 1基
54式爆雷投下軌条 1条
Mk.2 短魚雷落射機
(PC-311-315)
2基
68式3連装短魚雷発射管
(PC-316-320)
GFCS Mk.63 1基
レーダー OPS-16 対水上捜索用 1基
ソナー SQS-11A 船底装備式 1基
ESM NOLR-1 1基

みずとり型駆潜艇(みずとりがたくせんてい、英語: Mizutori-class submarine chaser)とは、海上自衛隊が運用していた甲型駆潜艇の艦級。1958年(昭和33年)、1959年(昭和34年)、1961年(昭和36年)、1963年(昭和38年)および1964年(昭和39年)度計画において8隻が建造された。

設計[編集]

本型の船体設計は、計画年度にして1年先行するうみたか型とほぼ同型であり、先行する昭和29年度計画艇(かり型かもめ型)の運用実績から、航行性能を向上させるとともに、設計を合理化したものとされている。なお基本設計については、29年度艇では船舶設計協会が行なっていたが、うみたか型より防衛庁技術研究所に移管されており、本型の計画番号はK103Aであった[2]

基本的には29年度計画をもとに大型化(基準排水量にしてかり型の1.4倍)した設計であり、船型も同じ平甲板型である。29年度艇では極端な薄板による精緻な設計が工数の増加を招いていたことから、艦首部は2.9〜3.2ミリ厚であったものが4.5〜6ミリに、また水線下も4.5ミリから8ミリに増厚したが、やはり全体に薄板構造であったことに変わりはなかった。また29年度艇では、風圧側面積減少を図るため艦橋と甲板室が分離されていたが、荒天時の艦内連絡の便が悪くなり、また艦内の充分なスペースが確保できない等の欠点があったことから、本型では前後の上部構造物が一体化されて荒天時にも容易に行き来できるようになった。戦闘区画や士官室などの一部に冷房が導入され、居住区も拡張(一人当たり面積にして10%増)して、居住性も向上している。ただし、32年度計画で建造されたうみたか型では、これらのために重心が上昇して復原性の悪化を来たして固定バラストの搭載を余儀なくされたことから、本型を含む後続艇では上甲板板厚の変更(6ミリから5ミリへ)など、艤装も含めた再検討による重心降下策が順次に講じられていた[3]

うみたか型と同様、本型でも艦橋にウィングを設けたほか、38・39年度計画艇では、司令部設備を設けるため、上部構造物を後方に2.5メートル伸ばして司令部庶務室を設けており、これに伴い装載艇の搭載位置が甲板室上に移されている。また34年度艇以降では、工数低減と重量軽減のため、上部構造物の側壁にコルゲート・パネルが採用されている[3][4]

一方、主機関としては、うみたか型がかもめ型と同様の三井造船製中速堅牢ディーゼル主機を搭載したのに対し、本型ではかり型とほぼ同構成の、比較的軽量な高速ディーゼル主機を採用しており、川崎重工業MAN社とのライセンス契約のもと生産したV8V22/30型4サイクル単動V型16気筒排気ターボ過給機付きディーゼルエンジンが搭載された。これは自己逆転機構を備えておらず、流体継手減速機を介して推進器に連結されていた[2][5]

装備[編集]

ソナーとしては、29年度艇と同じく、25.5キロヘルツ級・走査式のSQS-11Aを40mm機銃の直下の船底に装備した。これに対し、レーダーとしては、29年度艇ではアメリカ製でXバンドを用いるAN/SPS-5Bを備えていたのに対し、うみたか型と本型では国産でCバンドを用いるOPS-16とされた。また電子戦支援のための電波探知装置(ESM)も搭載されたが、これは後に換装されて後部にESMマストを装備した[3][4]

高角機銃システムは29年度艇と同様で、前甲板にMk.1 40mm連装機銃を備えた。これはMk.63 砲射撃指揮装置(GFCS)によって射撃指揮を受けており、方位盤は艦橋トップ、射撃レーダーは銃側装備とされていたが、一部には射撃レーダーをもたない艇もあった。また、その後方の艦橋構造物直前にはヘッジホッグMk.10対潜迫撃砲を、艦尾に54式爆雷投下軌条(1条あて爆雷6個)が両舷に1基ずつ配置する点も同様である。ただし29年度艇では後甲板に配置されていた55式爆雷投射機(いわゆるY砲)にかわって、誘導装置を備えた対潜短魚雷が採用された。33・34年度艇5隻では、483ミリ径のMk.32短魚雷を投射する短魚雷落射機が採用されたが、36年度以後の艇3隻では、アメリカ製で324ミリ口径のMk.32ライセンス生産した68式3連装短魚雷発射管に変更された。これは以後の海上自衛隊の警備艦艇で標準的な装備となったが、本型とうみたか型が初装備艇となっている[3]

運用[編集]

1,2番艇「みずとり」「やまどり」と6番艇「うみどり」、8番艇「ひよどり」の4隻は舞鶴地方隊隷下に第4駆潜隊を編成して活動した。一方、3〜5番艇「おおとり」「かささぎ」「はつかり」は佐世保地方隊第5駆潜隊(1961年に第3駆潜隊に改称)に、7番艇「しらとり」は大湊地方隊第3駆潜隊(1961年に第5駆潜隊に改称)に編入されて活動した。なおこの間、1967年には「おおとり」にイギリス製のフィンスタビライザーが装備されて運用試験が行われたが、この実績が評価されてフィンスタビライザーは、はるな型(43DDH)およびそれ以降のヘリコプター搭載護衛艦の必須装備となった[6]

その後、1981年(昭和56年)〜1987年(昭和62年)に、順次、特務艇に種別変更された。ただし、8番艇「ひよどり」のみ、甲板室の増設や兵装の撤去などの特別改装を受けて船容を一変させ、迎賓艇としての任務についた[1]

同型艇
計画年度 # 艦名 建造所 起工 進水 竣工 種別変更 除籍
昭和33年 PC-311
ASU-89
みずとり 川崎重工業神戸工場 1959年
(昭和34年)
3月13日
1959年
(昭和34年)
9月22日
1960年
(昭和35年)
2月27日
1981年
(昭和56年)
3月27日
1985年
(昭和60年)
3月27日
PC-312
ASU-90
やまどり 藤永田造船所 1959年
(昭和34年)
3月14日
1959年
(昭和34年)
10月22日
1960年
(昭和35年)
3月15日
昭和34年 PC-313
ASU-61
おおとり 呉造船所 1959年
(昭和34年)
12月16日
1960年
(昭和35年)
5月27日
1960年
(昭和35年)
10月13日
1982年
(昭和57年)
3月27日
1985年
(昭和60年)
10月31日
PC-314
ASU-87
かささぎ 藤永田造船所 1959年
(昭和34年)
12月18日
1960年
(昭和35年)
5月31日
1960年
(昭和35年)
10月31日
1981年
(昭和56年)
3月5日
1985年
(昭和60年)
3月27日
PC-315
ASU-62
はつかり 佐世保船舶工業 1960年
(昭和35年)
1月22日
1960年
(昭和35年)
6月24日
1960年
(昭和35年)
11月15日
1982年
(昭和57年)
3月27日
1985年
(昭和60年)
10月31日
昭和36年 PC-316
ASU-63
うみどり 佐世保重工業 1962年
(昭和37年)
2月15日
1962年
(昭和37年)
10月15日
1963年
(昭和38年)
3月30日
1984年
(昭和59年)
3月30日
1987年
(昭和62年)
3月24日
昭和38年 PC-319
ASU-66
しらとり 1964年
(昭和39年)
2月29日
1964年
(昭和39年)
10月8日
1965年
(昭和40年)
2月26日
1986年
(昭和61年)
3月19日
昭和39年 PC-320
ASY-92
ひよどり 1965年
(昭和40年)
2月26日
1965年
(昭和40年)
9月25日
1966年
(昭和41年)
2月28日
1987年
(昭和62年)
5月21日
1999年
(平成11年)
7月6日

登場作品[編集]

東京湾にソ連潜を追え
「しらとり」が登場。相模湾で哨戒中に国籍不明の潜水艦を探知し、追跡して爆雷ヘッジホッグによる攻撃を行う[7]

参考文献[編集]

  1. ^ a b 「海上自衛隊全艦艇史」、『世界の艦船』第630号、海人社、2004年8月、 1-261頁、 NAID 40006330308
  2. ^ a b 「フォト・メモワール 海上自衛隊駆潜艇 全タイプ」、『世界の艦船』第675号、海人社、2007年6月、 45-51頁、 NAID 40015458622
  3. ^ a b c d 「海上自衛隊駆潜艇の技術的特徴」、『世界の艦船』第675号、海人社、2007年6月、 152-157頁、 NAID 40015458640
  4. ^ a b 「海上自衛隊哨戒艦艇のテクニカル・リポート」、『世界の艦船』第466号、海人社、1993年6月、 82-91頁。
  5. ^ 「海上自衛隊哨戒艦艇用主機の系譜」、『世界の艦船』第466号、海人社、1993年6月、 92-97頁。
  6. ^ 香田洋二「国産護衛艦建造の歩み 第15回 3次防その3 「たちかぜ」型その2, 「はるな」型」、『世界の艦船』第793号、海人社、2014年3月、 148-155頁、 NAID 40019955100
  7. ^ 210頁から全般