みずほバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

みずほバスとは、岐阜県瑞穂市岐阜バスに委託して運行しているコミュニティバスである。

この項では朝日大学スクールバスについても説明する。

ルート[編集]

  • 本田・七崎線
    • 穂積駅前 - 瑞穂市役所 - 本田コミュニティセンター - 本田団地 - 美江寺東口 - トミダヤ巣南店 - イオンタウン本巣 - 重里 - 美江寺駅 - 美江寺東口 - 本田団地 - 本田コミュニティセンター - 瑞穂市役所 - 穂積駅前
  • 十九条・古橋線
    • 穂積駅前 - 瑞穂市役所 - 旭化成 - 十九条東 - 巣南庁舎 - 呂久 - 南小学校 - 横屋公民館 - 牛牧団地 - 瑞穂市役所 - 穂積駅前
  • 牛牧・穂積線
    • 穂積駅前 - 瑞穂市役所 - 旭化成 - 十九条東 - 上牛牧 - ほづみ園 - プラント-6 - 清流みどりの丘公園 - 下穂積 - 庄屋敷 - 瑞穂市役所前 - 穂積駅前
  • 馬場・十七条線
    • 穂積駅前 - 瑞穂市役所 - ピアゴ穂積店 - 本田 - 十七条 - 十九条駅 - 防災センター - 牛牧団地 - 瑞穂市役所 - 穂積駅前

運賃[編集]

みずほバスは1乗車100円均一であり、現金の他、ICカードayucaでも精算が可能。朝日大学スクールバスは無料。

歴史[編集]

  • 1999年(平成11年)10月1日:本巣郡穂積町コミュニティバス「ほづみバス」の運行を開始。
  • 2000年(平成12年)4月1日:岐阜バスが穂積リオワールド線(ノンストップ運行)とリオワールド(現・LCワールド本巣)とリバーサイドモールを結ぶ無料シャトルバスの運行を開始。岐阜バスが美江寺・穂積線の朝日大学系統を廃止し、ノンストップの朝日大学スクールバスのみとなる。
  • 2000年(平成12年)7月20日:岐阜バスが穂積リオワールド線のノンストップ運行を中止、途中にバス停を新設。
  • 2003年(平成15年)5月1日:本巣郡穂積町と同郡巣南町が合併、瑞穂市ができる。
  • 2004年(平成16年)5月1日:「ほづみバス」を「みずほバス」に改称し、巣南地区にも路線開設。岐阜バス穂積リオワールド線に補助をする事になり、穂積リオワールド線は100円均一に運賃変更。
  • 2005年(平成17年):穂積駅南約380mにみずほターミナルを新設。みずほバス、朝日大学スクールバスを除くバス路線は、みずほターミナル発・穂積駅前着に変更。
  • 2010年(平成22年)5月:リオワールドとリバーサイドモールを結ぶ無料シャトルバスが廃止。
  • 2011年(平成23年):みずほターミナル発の路線を穂積駅発に変更。みずほターミナルはバス待機場・転回場となる。
  • 2012年(平成24年)4月1日:岐阜バスの穂積リオワールド線が廃止。みずほバスの瑞穂北部線として引き継がれる。
  • 2013年(平成25年)4月1日:本田・唐栗線、十九条・古橋線、鷺田・船木線の3路線で路線を変更。
  • 2018年(平成30年)4月1日:旧来の路線を十九条・古橋線、馬場・十七条線、牛牧・穂積線、本田・七崎線の4路線に再編。一部バス停の新設及び名称変更。

朝日大学スクールバス[編集]

穂積駅と朝日大学をノンストップで結ぶスクールバスが運行されている。 運賃は無料である。朝日大学の学生のほか、朝日大学歯学部附属病院への通院者など学外者も利用できる。