みちのく号 (高速バス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
みちのく号(秋北バス)
みちのく号(秋北バス)
みちのく号(岩手県北自動車)
みちのく号(岩手県北自動車)

みちのく号(みちのくごう)とは、岩手県盛岡市秋田県鹿角市大館市を結ぶ高速バスである。

概要[編集]

東北新幹線開業に伴い運行開始。運行開始当初は秋北バスと岩手県北バスの共同運行だったが、後に岩手県交通が参入し3社共同運行となった。鹿角市内を通過するスーパー便や花輪発着便を設定した時期もあったが、すべて花輪経由便に統合されている。なお、2015年3月13日の運行をもって岩手県交通は撤退[1]し、再び2社共同運行となっている。

運行会社[編集]

過去の運行会社[編集]

運行経路[編集]

クローズドドアシステムで、八幡平市内・鹿角市内以外は乗車専用または降車専用になっている。

○:乗車専用、●:降車専用、◎:乗降とも可能(ただし鹿角あんとらあ前 - 鹿角花輪駅前間だけの乗車はできない)、
□:一部便のみ停車(乗車専用)、■:一部便のみ停車(降車専用)、|:通過、休:休憩
停留所名 大館行 盛岡行   所在地
杜の道南イオン盛岡南 岩手県 盛岡市
盛岡駅バスターミナル西口22番のりば)
前潟イオンモール盛岡前)
盛岡IC(東北道)
安代JCT 八幡平市
安代(テレトラック安代前)
田山(東北道)
湯瀬(東北道) ◎(休) ◎(休) 秋田県 鹿角市
鹿角八幡平IC(東北道)
鹿角あんとらあ前
鹿角花輪駅前
高速けまない
大滝温泉 大館市
比内町入口
高速大館(鍛冶町)
いとく大館ショッピングセンター北口 -
駅前ステーション(秋北バス本社前)
大館駅前
いとく大館ショッピングセンター北口 -

過去の運行系統[編集]

盛岡 - 大館・鷹巣系統(大館 - 鷹巣間)

(盛岡駅前 - )大館駅前 - 商業高校前 - 中立花 - 学校前 - 早口 - 糠沢 - 大太鼓の館 - 鷹巣駅前

スーパー便

盛岡駅前 - 前潟 - 湯瀬PA - 十和田IC - 大滝温泉 - 比内町入口 - 秋北バスターミナル - 駅前ステーション - 大館駅前

運行回数[編集]

  • 1日14往復(秋北7、県北7)。

歴史[編集]

  • 1982年昭和57年)6月23日 - 秋北バス・岩手県北バスの2社で運行開始(6往復)。
  • 1986年(昭和61年)7月1日 - 2往復増便され、1日8往復となる。
  • 1987年(昭和62年)頃 - 2往復増便され、1日10往復となる。
  • 1988年(昭和63年)12月21日 - 2往復増便され、1日12往復となる。
  • 1991年平成3年)頃 - 岩手県交通が参入(1往復)。1日13往復となる。
  • 1998年(平成10年)12月8日 - スーパー便(4往復)、花輪駅前発着便(5往復)、在来便(10往復)の体制となる。
  • 2000年(平成12年)頃 - 花輪駅前発着便の安代停車開始。
  • 2002年(平成14年) - スーパー便、花輪駅前発着便を各1往復に減便。在来便13往復と合わせ、1日15往復となる。
  • 2004年(平成16年)4月1日 - 秋北バス担当便の一部(3往復、うち1往復スーパー便)が鷹巣駅前発着となる。
  • 2005年(平成17年)3月1日 - 鷹巣駅前発着便、スーパー便、花輪駅前発着便が廃止され、1日14往復となる。「前潟(イオン盛岡)」への停車を開始。
  • 2006年(平成18年)4月1日 - 「松の木」バス停への停車を廃止、「高速けまない」バス停を新設。
  • 2008年(平成20年)4月1日 - 「道の駅かづの」の道路沿いに「鹿角あんとらあ前」バス停を新設。
  • 2010年(平成22年)2月1日 - 「高速けまない」における乗降制限を撤廃、大館方面への乗降可能となる。
  • 2010年(平成22年)4月1日 - 盛岡駅のりばを東口7番のりばから西口22番のりばに変更。
  • 2011年(平成23年)
    • 2月1日 - 10枚綴り回数券の発売を開始。
    • 3月15日 - 同年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響により運休していたが、この日より秋北バスが2往復で運行を再開(翌16日より3往復に増便、20日より各社とも通常運行)。
  • 2013年(平成25年)
  • 2014年(平成26年)4月1日 - 運賃改定[4]
  • 2015年(平成27年)3月14日 - 岩手県交通が撤退し、秋北バス・岩手県北バスの2社体制[1](各7往復)に戻る。大館市の「大館鍛冶町」に「高速大館」バス停を新設。また大館発はいとくSC北口が始発となる[5]
  • 2019年(令和元年)6月21日 - 運賃改定。5回回数券・10回回数券を廃止、6回回数券の発売を開始[6][7]

乗車券[編集]

  • 運賃は基本的に下車時精算。
  • 片道乗車券は、乗車当日に秋北バスいとく大館SC案内所[3]・花輪駅前案内所、岩手県北バス盛岡駅前案内所、盛岡駅西口バス待合室内券売機、JRバス盛岡駅前きっぷうりば券売機で発売。また、乗車1か月前より主な旅行会社でも取り扱う。
  • 往復乗車券は、秋北バス駅前ステーション・いとく大館SC案内所・花輪駅前案内所、岩手県北バス盛岡駅前案内所、盛岡駅西口バス待合室内券売機、JRバス盛岡駅前きっぷうりば券売機で発売。秋北バスの各窓口では、往復乗車券の設定がある任意の区間で発売可能。
  • 6枚綴り回数券(大人運賃・大館地区 - 盛岡地区:12,000円、鹿角地区 - 盛岡地区:10,000円)も各窓口および車内で購入できる(二社共通)。

利用状況[編集]

年度 運行日数 運行便数 年間輸送人員 1日平均人員 1便平均人員
2002(平成14)年度 365 13,121 214,483 587.6 16.3
2003(平成15)年度 366 11,218 206,932 565.4 18.4
2004(平成16)年度 365 10,508 196,836 539.3 18.7
2005(平成17)年度 365 10,686 206,594 566.0 19.3
2006(平成18)年度 365 10,536 206,893 566.8 19.6
2007(平成19)年度 366 10,567 208,992 571.0 19.8
  • 2007(平成19)年度の利用客数は、盛岡市が発着地となる高速バス路線の中ではアーバン号(盛岡市 - 仙台市)の25.7万人に次いで多かった。

その他[編集]

  • 「大滝温泉」バス停は、大滝温泉街およびJR花輪線大滝温泉駅と離れている。
  • 期間限定でJR東日本で「みちのく&やまびこ往復きっぷ」が発売されていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 盛岡-大館線(みちのく号)撤退のお知らせ (PDF) (岩手県交通 2015年3月24日閲覧)
  2. ^ 高速バス乗り場変更について”. 秋北バス. 2013年9月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年10月1日閲覧。
  3. ^ a b 秋北バス. “大館市内路線バス運行経路の再編について”. 秋北バス. 2013年9月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年10月1日閲覧。
  4. ^ 消費税率引き上げに伴う一般路線バス・高速バスの運賃改定について Archived 2014年4月7日, at the Wayback Machine.(秋北バス 2014年3月13日)
  5. ^ 「大館・仙台線」「みちのく号(大館・盛岡線)」の運行経路変更のお知らせ”. 秋北バス (2015年2月18日). 2015年3月28日閲覧。
  6. ^ 高速バス「みちのく号」運賃改定のお知らせ”. 秋北バス (2019年5月24日). 2019年6月22日閲覧。
  7. ^ 高速バス運賃改定のお知らせ(2019.6/21実施)”. 岩手県北自動車 (2019年5月23日). 2019年6月22日閲覧。