経営共創基盤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社 経営共創基盤
Industrial Growth Platform, Inc.
Gran Tokyo SouthTower 2007-01.jpg
本社が入居するグラントウキョウサウスタワー
種類 株式会社
略称 IGPI
本社所在地 日本の旗 日本
101-0022
東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー17階
設立 2007年4月3日
業種 サービス業
法人番号 4010001108192 ウィキデータを編集
事業内容 長期的・持続的な企業価値の向上を目的とした人材投入型成長支援
代表者 代表取締役CEO 冨山和彦
代表取締役マネージングディレクター 村岡隆史
資本金 31億円
売上高 連結:売上高:501億9,900万円
(2019年9月期)
純利益 連結:純利益:16億200万円
(2019年9月期)
純資産 連結:純資産:192億400万円
(2019年9月30日)
総資産 連結:総資産:509億4,300万円
(2019年9月30日)
従業員数 連結 約5200名
単体 約220名
決算期 9月
主要株主 (議決権所有株主) パートナー17名
(無議決権株主)エヌ・イー ケムキャット株式会社、KDDI株式会社、住友商事株式会社、東京海上日動火災保険株式会社、株式会社東邦銀行野村ホールディングス株式会社、富士ソフト株式会社、株式会社三井住友銀行、株式会社横浜銀行、株式会社リクルートホールディングス、株式会社りそな銀行、他3社
主要子会社 (株)みちのりホールディングス
(株)南紀白浜エアポート
関係する人物 伊藤邦雄(経営諮問委員会委員長)
高木新二郎(経営諮問委員会委員)
外部リンク http://www.igpi.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社経営共創基盤(けいえいきょうそうきばん、英語: Industrial Growth Platform, Inc.、略称: IGPI)は、東京都千代田区に本社を置くハンズオン型コンサルティング会社である。事業戦略立案(経営コンサルティング)やM&A実行支援(財務アドバイザリー業務)を行う。「産業再生機構」の元中心メンバーによって設立された。

概説[編集]

元産業再生機構最高執行責任者冨山和彦が代表取締役最高経営責任者を務め、事業会社の役員経験者、コンサルティング会社、投資ファンド、金融機関、会計・法律事務所出身者などで構成されている。中長期リスク共有型自己投資として企業再生投資やベンチャー企業投資も行っている。

沿革[編集]

  • 2007年4月 設立。
  • 2009年3月 みちのりホールディングス設立。
  • 2017年6月 国際協力銀行と共同で、株式会社JBIC IG Partners設立。

連結子会社[編集]

  • みちのりホールディングス
    • 株式会社みちのりトラベルジャパン
  • 益基譜管理諮詢(上海)有限公司
  • Industrial Growth Platform Pte. Ltd.(シンガポール)
  • 株式会社南紀白浜エアポート
  • 株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス
  • 株式会社IGPIテクノロジー

主な出資先企業[編集]

みちのりホールディングス関連は後述。

主な出版物[編集]

  • 『指一本の執念が勝負を決める』(ファーストプレス)
  • 『会社は頭から腐る―あなたの会社のよりよい未来のために「再生の修羅場からの提言」』(ダイヤモンド社)
  • 『この国を作り変えよう 日本を再生させる10の提言』(講談社)
  • 『カイシャ維新』(朝日出版社)
  • 『「挫折力」一流になれる50の思考・行動術』(PHPビジネス新書)
  • 『IGPI流 経営分析のリアル・ノウハウ』(PHPビジネス新書)
  • 『30代が覇権を握る 日本経済』(PHPビジネス新書)
  • 『リアルスタートアップ』(集英社)
  • 『結果を出すリーダーはみな非情である』(ダイヤモンド社)
  • 『リーダーのための戦略思考』(日本経済出版社)
  • 『IGPI流 セルフマネジメントのリアル・ノウハウ』(PHPビジネス新書)


みちのりホールディングス[編集]

株式会社 みちのりホールディングス
Michinori Holdings, Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
100-6608
東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー8階
設立 2009年3月16日
法人番号 1010001123665
事業内容 公共交通事業体の持株機能及び長期的・持続的な事業価値の向上
代表者 代表取締役グループCEO 松本順
資本金 16.5億円(準備額を含む)
主要株主 株式会社経営共創基盤 100%
外部リンク https://www.michinori.co.jp/index.html
テンプレートを表示
岩手県北自動車南部支社(南部バス)所属の「MEX」カラーのバス

株式会社 みちのりホールディングスは経営共創基盤の100%子会社で、経営再建を行う傘下の公共交通機関に対する持株会社である。

会社設立以降、経営難に陥った公共交通事業者や親会社の経営構想から外れた交通事業者を次々に傘下に収め、事業者間連携や貨客混載(岩手県北自動車)などの新機軸を通じて収益性の向上につなげている。「公共交通ネットワークの最適化」「地域の観光産業への参画と貢献」「環境適応型の新しい交通システムの確立」をビジョンに掲げ、単なる投資・経営コンサルティングにとどまらず、各事業会社の営業展開にも積極的に関与しており、みちのりHD代表の松本順も「当社はファンドではない、永続的な事業として存続させる」と明言している[1]

傘下企業による高速バスの共同運行にも積極的で、「みちのりエクスプレス(MEX)」のブランド名で各社で川西康之デザインの共通カラーリングの車両を導入するなどの試みを行っている。

現在、路線バス事業を中心とした6企業グループとモノレール事業者1者を傘下に置く。

グループ企業[編集]

(●は本体企業、○はそれらの子会社)

脚注[編集]

  1. ^ 大坂直樹 (2017年7月24日). “バス会社を次々買収、「みちのり」とは何者か”. 東洋経済オンライン. 2019年10月11日閲覧。
  2. ^ みちのりHD、岩手県の東日本交通を傘下に”. 日本経済新聞 (2018年4月26日). 2018年4月27日閲覧。