みなとオアシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

みなとオアシスとは、国土交通省の各地方整備局により登録された、に関する交流施設・旅客ターミナル・緑地・マリーナなどを活用した交流拠点・地区の愛称のことである。なお、申請・登録後の運営主体は各市町村・港湾関係者・NPOに委ねられる。

概要[編集]

みなとは古くから人や物が行き交う地域交流の拠点として賑わってきたが、近年に至っては経済活動拠点の色合いが濃くなり、人々が近寄り難い空間となっていることが少なくない。

そこで、市町村や港湾管理者・特定非営利活動法人などによってみなとづくりとまちづくりを連携させて、みなとまちづくりを目指すために、国土交通省中国地方整備局四国地方整備局2003年11月20日付けで「みなとオアシス」制度を創設した。平成21年1月までに、他の地方整備局や北海道開発局、内閣府沖縄総合事務局においてもみなとオアシス制度が創設された。

2017年(平成29年)9月17日新規登録の「みなとオアシス下関」(山口県 下関市 下関港/唐戸周辺地区)をもって登録数が100カ所に到達した[1]

みなとオアシスになる条件[編集]

市町村・港湾管理者・NPO法人などの団体が申請・運営を行う[2]

ただし、以下の条件をみたさなければならない。[2]

  • 地域住民や観光客が交流できる空間を有していること。
  • 地域住民や観光客に対し地域情報や観光情報を発信する機能を有していること。
  • 適切な管理運営が行われていること。
  • イベントの実施等みなとの賑わいを作り出す活動が地域住民参加の下で継続的 に行われていること

支援内容[編集]

国土交通省が行う支援は以下の通り。[2]

  • みなとオアシスのシンボルマークの使用
  • 国土交通省・地方整備局等のホームページ等による広報
  • 道路地図への掲載や道路標識の設置の支援
  • その他みなとの振興に関する各種支援

全国の「みなとオアシス」[編集]

出典:[3]

北海道[編集]

宗谷地区
オホーツク地区
胆振地区
檜山・渡島地区

東北地方[編集]

青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県

関東地方[編集]

茨城県
千葉県
神奈川県

北陸地方[編集]

新潟県
富山県
石川県
福井県

東海地方[編集]

静岡県
愛知県
三重県

近畿地方[編集]

京都府
大阪府
兵庫県
和歌山県

中国地方[編集]

鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県

なお、「みなとオアシス下関」は九州地方整備局管内である

四国地方[編集]

徳島県
香川県
愛媛県
高知県

九州地方[編集]

福岡県
大分県
佐賀県
長崎県
熊本県
宮崎県
鹿児島県

沖縄[編集]

出典[編集]

  1. ^ “「みなとオアシス」が100箇所に到達! ~歴史と海峡のまち“しものせき”で「みなとオアシス下関」が誕生 ~” (プレスリリース), 国土交通省港湾局 産業港湾課, (2017年9月8日), http://www.mlit.go.jp/report/press/port04_hh_000181.html 2017年9月14日閲覧。 
  2. ^ a b c 「みなとオアシス」の概要”. 国土交通省 (2015年3月1日). 2015年4月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年3月18日閲覧。
  3. ^ みなとオアシス 平成30年11月14日現在 登録数126箇所”. 国土交通省港湾局. 2018年12月24日閲覧。
  4. ^ “クルーズ旅客と地域住民の交流拠点へ! ~ 「みなと」を核とした賑わい創出! 「みなとオアシスひらら」 ~” (プレスリリース), 国土交通省, (2018年7月12日), http://www.mlit.go.jp/report/press/port04_hh_000214.html 
  5. ^ “みなとで天体観測!84の星座とともに ~ 「みなと」を核とした賑わい創出! 「みなとオアシスいしがき」 ~” (プレスリリース), 国土交通省, (2018年7月12日), http://www.mlit.go.jp/report/press/port04_hh_000215.html 

関連項目[編集]