みなみ寄居駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
みなみ寄居〈ホンダ寄居前〉
Minami-yorii Station.jpg
駅舎(2020年11月14日撮影)
みなみよりい
〈ホンダよりいまえ〉
Minami-yorii
〈Honda Yorii-mae〉
TJ 34 東武竹沢 (1.8km)
(1.9km) 男衾 TJ 36
所在地 埼玉県大里郡寄居町大字富田字橋ノ入南谷997-14[1]
駅番号 TJ35
所属事業者 東武鉄道
所属路線 東上本線
キロ程 68.9km(池袋起点)
電報略号 ミヨリ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 2020年令和2年)10月31日[1]
テンプレートを表示

みなみ寄居駅(みなみよりいえき)は、埼玉県大里郡寄居町大字富田にある、東武鉄道東上本線[1]。駅番号はTJ 35[1]。副駅名はホンダ寄居前(ホンダよりいまえ)[1]

開業は2020年であり、東武鉄道では2017年に開業した東武ワールドスクウェア駅以来、東上本線では2002年に開業したつきのわ駅以来の新駅[2][3]

概要[編集]

自動車メーカーの本田技研工業(ホンダ)は2023年度をめどに狭山市にある狭山工場を閉鎖し[4]寄居町にある寄居工場に機能を集約・強化する方針を決めていたが、勤務する従業員らが増加することで、沿道の国道254号の渋滞悪化が見込まれ課題となっていた(国道254号はホンダ寄居工場や小川工場への通勤客で慢性的に混雑状態)[5][3]

道路の混雑緩和や従業員のアクセス向上を目的として、本田技研工業(ホンダ)が東武鉄道側に新駅の設置を要望し[6]、同社が建設費用を全額負担する請願駅として駅開設に至った(事業費用は非公表)[5][7]。利用客として工場勤務者を想定しており、パークアンドライドの促進も検討している[6]

駅名の由来[編集]

東武鉄道は、「寄居町の南側に位置する駅として分かりやすく、また親しみを込めて “南”を平仮名で表記する」とした。また、同駅をホンダ寄居工場への最寄り駅として、国内外のホンダ関係者が多く利用することから、副駅名を「ホンダ寄居前」とした[1][3]

東上線系統で副駅名が付与されている駅の中で唯一、公式の路線図や停車駅案内においても副駅名の併記がなされている[8][9][注釈 1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

4両編成に対応する長さ約90m単式ホーム1面1線を有する地上駅[1][5]。橋上駅舎の3階から西側に隣接するホンダ寄居工場へ向けて連絡通路が設置されている[7][3][11]

運賃計算が特殊であるため(後述)、当駅から上り(池袋方面)または下り(寄居方面)に利用する方向により使用する自動改札機が異なる[12]。また、切符を利用して当駅から乗車する場合、上り(池袋方面)は自動券売機での購入や自動改札機の利用ができるが、下り(寄居方面)は乗降車駅証明書発行機を利用した上で、入場時には係員に申し出る必要がある[12]

のりば[編集]

路線 方向 行先
TJ 東上線 下り 寄居方面
上り 小川町川越和光市池袋方面

※のりば番号は設定されていない[11]

運賃計算[編集]

運賃計算は、開業から当面の間は当駅の上り方(池袋方面)からは東武竹沢駅まで、当駅の下り方(寄居方面)からは男衾駅までの運賃と同額とし、池袋方面から東武竹沢駅まで、寄居方面から男衾駅までの乗車券でも当駅に乗降車可能となる[1]

駅周辺[編集]

駅前は細い道路が1本あるのみで、人家や商店はない。道路を北に進むと寄居町富田の集落を経て埼玉県道30号飯能寄居線に至る。

駅の東側には寄居カントリークラブの敷地が広がる。

隣の駅[編集]

東武鉄道
TJ 東上本線
東武竹沢駅 (TJ 34) - みなみ寄居〈ホンダ寄居前〉駅 (TJ 35) - 男衾駅 (TJ 36)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 本線系統においては、押上〈スカイツリー前〉駅獨協大学前〈草加松原〉駅がこれに該当する。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j “東上線 新駅の駅名を「みなみ寄居<ホンダ寄居前>」とし、 開業日を2020年10月31日に決定しました!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東武鉄道, (2019年12月23日), オリジナルの2019年12月23日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20191223134054/https://www.tobu.co.jp/file/pdf/51dba5bd3c0fc22ad440481d923095f7/191223_1.pdf?date=20191223103108 2019年12月23日閲覧。 
  2. ^ a b “東武東上線・みなみ寄居、31日開業 ホンダ寄居工場への最寄り駅、副駅名は「ホンダ寄居前」”. 埼玉新聞. (2020年10月31日). オリジナルの2020年10月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201031025409/https://www.saitama-np.co.jp/news/2020/10/31/06_.html 2020年10月31日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f ホンダが造った新駅「みなみ寄居」は何が特別か 自動車工場と直結、沿線活性化に期待の声も”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社 (2020年11月3日). 2020年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月3日閲覧。
  4. ^ “ホンダの狭山工場、23年度までに閉鎖 寄居に集約”. 日本経済新聞. (2018年7月31日). オリジナルの2019年12月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191223161437/https://r.nikkei.com/article/DGXMZO33646070R30C18A7000000 2019年12月23日閲覧。 
  5. ^ a b c d e “東武鉄道、ホンダ寄居工場側に新駅 東上線・東武竹沢駅―男衾駅間に設置、混雑緩和や地域活性化に期待”. 埼玉新聞. (2019年6月4日). オリジナルの2019年9月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190915112914/http://www.saitama-np.co.jp/news/2019/06/04/03_.html 2020年5月30日閲覧。 
  6. ^ a b “東武東上線、ホンダ寄居工場隣に新駅 2020年秋開業”. 日本経済新聞. (2019年6月3日). オリジナルの2019年10月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191007194449/https://r.nikkei.com/article/DGXMZO45624130T00C19A6L72000 2019年12月23日閲覧。 
  7. ^ a b ホンダが全額負担、東上線に新駅を造る狙い 10月末に工場最寄りの「みなみ寄居」駅が開業”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社 (2020年9月10日). 2020年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月10日閲覧。
  8. ^ 全線路線図 (PDF)” (日本語). 東武鉄道. 2020年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月1日閲覧。
  9. ^ 停車駅のご案内(東上本線・越生線) (PDF)” (日本語). 東武鉄道. 2020年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月1日閲覧。
  10. ^ “2020年秋東武東上線 東武竹沢駅〜男衾駅間に新駅を開業します” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東武鉄道, (2019年6月3日), オリジナルの2019年8月12日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190812020016/http://www.tobu.co.jp/file/pdf/af37807d9ea4a4765ed2ce3b50a5dcbf/190603.pdf?date=20190603105416 2019年12月23日閲覧。 
  11. ^ a b c みなみ寄居<ホンダ寄居前>駅 構内マップ” (日本語). 東武鉄道. 2020年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月31日閲覧。
  12. ^ a b みなみ寄居駅<ホンダ寄居前> ご利用についてのお知らせ (PDF)” (日本語). 東武鉄道. 2020年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月10日閲覧。

関連項目[編集]