みな殺しの歌より 拳銃よさらば!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
みな殺しの歌より 拳銃よさらば!
監督 須川栄三
脚本 寺山修司
製作 山本紫朗
三輪礼二
出演者 水原弘
北あけみ
岸田今日子
島崎雪子
宮口精二
仲谷昇
音楽 中村八大
撮影 太田幸男
配給 東宝
公開 日本の旗 1960年11月29日
上映時間 87分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

みな殺しの歌より 拳銃よさらば!』(みなごろしのうたより けんじゅうよさらば)は、1960年11月29日に公開された日本のアクション映画東宝スコープ・モノクロ・87分。

原作は大藪春彦ハードボイルド・アクション小説『みな殺しの歌』。小説は『みな殺し~』を第1部とし、第2部『凶銃ワルサーP38』で物語が完結している。シナリオ執筆は寺山修司、監督は大藪のデビュー作『野獣死すべし』(仲代達矢主演)も監督した須川栄三。原作とは別作品といっていいほど内容は乖離している。

あらすじ[編集]

衣川恭介の兄が殺された。恭介が手にしたのは、ヒトラーも愛用した“凶銃”ワルサーP38。その魔性の銃が恭介を復讐鬼へと変貌させ、血がふきすさぶ戦いの場へと誘うのだった。

キャスト[編集]

同時上映[編集]

『第六の容疑者』

関連項目[編集]