みろく横丁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
夜の『みろく横丁「やぁんせ市」』<裏通り側>(2008年平成20年)1月 撮影)

八戸屋台村 みろく横丁(はちのへやたいむら みろくよこちょう)は、青森県八戸市にある固定式屋台が連なる飲食店施設。

概要[編集]

2002年平成14年)12月1日東北新幹線八戸駅延伸開業に合わせ、有限会社北のグルメ都市の運営で2002年平成14年)11月19日にオープンした。『地域循環型、バリアフリー型の「環境対応型屋台村」』と評価され、観光名所の一つとなっている[1]2007年平成19年)度の年間売上高は約5億6千万[2]

八戸市中心市街地の表通りの三日町と裏通りの六日町を屋台街で結んでいるため、両町の頭文字「三」「六」から「みろく横丁」と命名された。全長約80mの路地に25店舗の固定式屋台が営業している。みろく横丁は、三日町側「おんで市」(135)、六日町側「やぁんせ市」(95坪)にそれぞれ分かれており、中間地点に花小路を挟んでいる。1つの屋台は3.3坪で、8席程度の客席を持っている。数年ごとに店舗の総入替えが行われている。

歴史[編集]

周辺[編集]

アクセス[編集]

最寄りバス停
  • 表通り(「おんで市」) - 『八戸中心街ターミナル(三日町(1番のりば))』(八戸市営バス・南部バス)
  • 裏通り(「やぁんせ市」) - 『八戸中心街ターミナル(六日町(5番のりば))』(八戸市営バス・南部バス・十和田観光電鉄バス)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 渡辺直(2003)「屋台をテーマとした中心市街地の取り組みに関する研究」日本建築学会
  2. ^ おいしい店増えた みろく横丁リニューアル 八戸(河北新報 2009年平成21年)4月22日