みんな子どもだった

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三井住友銀行Presents
みんな子どもだった
ジャンル トーク番組
演出 初瀬川啓太
出演者 倉本聰
長峰由紀(TBSアナウンサー)
ナレーター 浜田夕月
製作
プロデューサー 鈴木聡、大川修司(BS-TBS)
中原直樹(エフエフ東放
制作 BS-TBS
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2012年4月1日 - 2015年3月28日
放送時間 日曜23:00 - 23:30
放送分 30分

三井住友銀行Presents みんな子どもだった』(みついすみともぎんこうプレゼンツ みんなこどもだった)は2012年4月1日から2015年3月28日までBS-TBSで放送されていたトーク番組である。日曜夜11時から30分間放送していた。三井住友銀行一社提供番組である。

概要[編集]

脚本家倉本聰が、毎週で毎月一人各界の著名人をゲストに子供の頃を中心に「原点」を語る番組である。番組の題字も倉本の筆によるものを使用している。

2013年3月17日に夜7時から2時間のスペシャル番組として小山薫堂をゲストとして出演した[1]

番組冒頭では三井住友フィナンシャルグループ企業一覧をエンドロール形式で紹介するオリジナルCMがオープニングキャッチとして流れている。

出演[編集]

ホスト[編集]

ゲスト[編集]

2012年[編集]

2013年[編集]

2014年[編集]

2015年[編集]

スタッフ[編集]

  • ナレーション:浜田夕月
  • 構成:高橋秀樹、河瀬淑之
  • カメラ:西條沢栄、小林豪太、小山内剛、桑原聖典、上野嘉之、渡邊英一、村松洋征
  • 音声:佐多正憲、和田裕文、酒井克直、松永勝
  • 照明:森山剛伸、住谷洋介、佐多正憲、武田規男、山田芳昭
  • 音効:津崎栄作
  • 編集:嘉山圭樹、宮坂正憲、小林友幸、青木俊祐、山本圭一
  • MA:新庄正昭、乾秀明、高田学、中村匠吾
  • 美術プロデューサー:与田滋
  • 協力:アグネスホテル東京、青山ロビンズクラブ ほか
  • スタイリスト:横溝貴子(プラニーアオ)
  • メイク:マービィ、荒加奈恵
  • TK:山崎より子
  • ディレクター:武田かい、ヤギトモヒロ
  • AD:小澤友里、島袋理子
  • AP:石坂晶子、糸賀百合
  • 総合演出:初瀬川啓太
  • プロデューサー:中原直樹(エフエフ東放)
  • チーフプロデューサー:大川修司(BS-TBS)
  • 制作:鈴木聡(BS-TBS)※以前はチーフプロデューサー
  • 制作協力:エフエフ東放
  • 製作著作:BS-TBS

脚注[編集]

  1. ^ BS-TBS「みんな子どもだった・倉本聰×小山薫堂スペシャル」
BS-TBS 日曜日23:00 - 23:30
前番組 番組名 次番組
SONG TO SOUL〜永遠の一曲〜
(23:00 - 23:54)
  • 火曜日23:00 - 23:54に移動
みんな子どもだった
湘南タイム
(23:00 - 23:24)