むかわ町穂別地球体験館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg むかわ町穂別地球体験館
Hobetsu Earth Experience Museum.jpg
2010年10月
むかわ町穂別地球体験館の位置(北海道内)
むかわ町穂別地球体験館
地球体験館の位置
施設情報
前身 MMCコーヒー地球体験館
専門分野 環境
事業主体 むかわ町
開館 1992年
閉館 2019年3月31日
(営業は2018年9月5日まで)
所在地 054-0211
日本の旗 日本北海道勇払郡むかわ町穂別79-5
位置 北緯42度46分0.53秒 東経142度8分5.58秒 / 北緯42.7668139度 東経142.1348833度 / 42.7668139; 142.1348833
アクセス 日高本線鵡川駅より道南バス「穂別」にて下車。徒歩10分。
外部リンク http://taikenkan.web.fc2.com/index.html
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

むかわ町穂別地球体験館(むかわちょうほべつちきゅうたいけんかん)とは北海道勇払郡むかわ町穂別に存在した博物館である。

概要[編集]

この博物館の歴史は1989年横浜博覧会パビリオンとして出展した「MMCコーヒー地球体験館」が元になっている。三本コーヒー東海大学情報技術センターの協力の下、地球環境を再現し、体験が出来る施設として出展した[1][2]

その後1992年に旧穂別町に移設して町営の科学学習施設としてオープンした[3][4]。施設の特徴としてはただ単にジオラマで再現するだけではなく、館内を8つのゾーンに分けて音や光や温度の演出を交えながらガイドの案内を聞きながら地球誕生の歴史を学ぶ形となっていた[5][4]。また体調の悪い人や1歳未満の乳幼児は入れない。2018年3月までに66万人が来館した[4]

2018年には北海道胆振東部地震で大型岩石の落下により床が損傷する等の被害で休館し、復旧費に2億5000万円かかることから存続を断念し町議会全員協議会にて2019年10月での閉館予定を前倒しし2019年3月31日をもっての閉館を決定[6][4]。閉館日前の3月21日には、穂別町民センターにて本館のサイエンスガイドによりさよならイベントが行われた[7]

跡地は隣接するむかわ町穂別博物館と再編する形で、穂別地区で発見された恐竜全身骨格「むかわ竜」の展示施設の建設を計画する[4]

主な施設[編集]

展示ゾーン
その他
  • 特別展示室 - 企画展に使用

施設情報[編集]

  • 開館時間 9:30 - 16:30
  • 休館日 毎週月曜日、祝日の翌日、12月1日 - 3月初旬(7・8月は休まず営業)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部ページ[編集]