めざましファミリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

めざましファミリーとはFNNFNS系列で放送されている『めざましテレビ』(『めざましテレビアクア』も含む)とその関連番組(『めざましどようび』。2012年3月までは『めざましどようびメガ』、2014年3月までは『めざにゅ〜』も含まれた)の総称である。

または、各番組の出演者を指す場合もある。

元々、『めざましテレビ』のコンセプトを参考に他の番組が作られたので、セットやコーナーで共通している部分が多い。

番組の連携[編集]

これら番組のホームページは一部が共同で作られている。また、共同でグッズを制作している他、これら番組の一部コーナーにおいて、共通のテーマで放送している。各番組を重複して出演している者も存在する。

『めざまし』関連番組以外の番組[編集]

かつて放送していた『めざましテレビ週末号』や『めざにゅ〜』の前身番組などは、『めざましテレビ』と姉妹・兄弟番組としての関係はあるものの、めざましファミリーが確立される以前のものであるため、直接は含まれないと考えられる。

現行番組との関係・位置付け[編集]

なお、『めざましテレビ週末号』は『めざましテレビ』の派生であることから考えると、同じ形で誕生した『めざましどようび』にとっては、前身というよりも傍系にあたるものと思われる。

また、『めざにゅ〜』の場合、『めざましどようび』とは違い直接の繋がりがあるので、前身・後身の関係にある。ただし、番組のコンセプトが前身番組と異なる(『めざましテレビ』の前座番組ではなく、独立した番組としている)こと、『めざビズ』の終了時点で完全にリニューアルされていることを踏まえると、『めざまし天気』からの流れは一区切りしたと捉えることができる。

出演者[編集]

めざましファミリーは主にこれら番組を総称して呼ぶが、先述した通り、番組の出演者総勢18名を指す場合がある。また、関東および各地方のリポーター、地方局アナウンサー、ニューヨーク支局の阿部知代を含めることもある。なお、番組に出演していても含まれない者や準じた立場にある者もいる。

キャラクター[編集]

主要キャラクター[編集]

めざまし君

『めざましテレビ』のキャラクター。見た目は時計に顔が描かれたもの。めざましファミリーの全キャラクター中、最古参にして、最もバリエーションが多いキャラクターである。

めざまし体操/体操キャラバンなど地方中継の際には、FNS地方局のご当地の名物・人物に扮している。日本全国で28種類と、ニューヨーク版の29種類の地方バージョンがこれまでに登場している。

週末めざまし君

2003年10月から登場した『めざましどようび』のキャラクター。『めざましテレビ』のめざまし君を元としているため、形自体は同じだが、使用されている色彩が『めざましどようび』独自のものとなっているのが特徴。めざまし君と一緒に登場したことがある。

めざにゅ〜君

番組開始と同時に登場した『めざにゅ〜』のキャラクター。放送日の日付が記されたボードを持つ。また、こどもの日クリスマスなどには時期に合わせた被り物をする。テレビの形をしている。大きな目とアンテナが特徴で、アンテナで宙に浮くこともできる。

企画・キャラクター[編集]

めざまし太陽

『めざましテレビ』と藤井フミヤ[1]コラボレーションから誕生した(デザインは藤井フミヤ)。2005年の『めざましテレビ』-太陽プロジェクト-のメインキャラクターとして、『めざまし』関連番組共通で使用された。

めざましにゃんこ

『めざましテレビムービー』の第一弾『にゃんこ THE MOVIE』の上映に伴い、誕生したキャラクター。見た目は週末めざまし君を風にした(ひげと耳が付いた)形となっている。

名倉めざまし君

ネプチューン名倉潤がめざまし君に扮したもの。2003年9月4日、「ネプリーグ」のコーナー「たけのこニョッキ」で敗北した名倉が、罰ゲームとして5:25と5:55の2度、めざまし君として出演した。なお、その裏側は同年9月11日放送の『ネプリーグ』で紹介された。

その他のキャラクター[編集]

  • わんこ() - 『めざましテレビ』の「きょうのわんこ」と『めざましどようび』の「土曜日のわんこ」のコーナータイトル画面に登場する。特にキャラクター名で呼ばれることはないが、「わんこ」で通っているようである。
  • にゃんこ(猫) - 『めざましどようび』の「どようびのにゃんこ」のコーナータイトル画面に登場する。呼称は「にゃんこ」であるが、正確なキャラクター名は不明である。

番組間の相互・連動[編集]

伊藤利尋渡辺和洋は『めざましテレビ』(主に木・金)、『めざましどようび』両番組に出演。また金曜日の『めざましテレビ』では翌日の『めざましどようび』の情報告知するが、2008年3月を以って『めざましどようび』を降板。

高樹千佳子2002年4月1日 - 2005年3月1日まで『めざましテレビ』のお天気キャスターとして出演し、また2007年10月から2008年9月まで「ココ調」の水曜日レポーターとして復帰し出演していた。

杉崎美香は『めざましテレビ』の6:30からのニュースでナレーションを担当。また、一時期『めざましどようび』にも出演していた。

遠藤玲子は『めざましテレビ』の芸能情報コーナーでレポーター、インタビュアーとして出演。

お台場冒険王、『クイズ!ヘキサゴン』にめざましファミリーとして参加した。お台場冒険王に3番組がまとまってブース出展。また、開催初日には『めざましどようび』の放送にそれぞれの番組の出演者が集まり、めざましファミリーが勢揃い。

『めざましテレビ』内の情報コーナー「ちょっと気になる情報玉手箱 あさイチ!めざまし情報局」では『めざましテレビ』の中野美奈子、『めざにゅ〜』から引き続き、杉崎美香、戸部洋子(月 - 水)、石本沙織(木・金、2005年1月からは高橋真麻)が担当した。進行は福原直英(月 - 水)と伊藤利尋(木・金)が担当。

2003年12月3日、『めざましテレビ』の放送10周年を記念して、同番組出演者によるK&T(高島彩軽部真一からなるユニット)とT.N.T.(高島彩、中野美奈子、高樹千佳子からなるユニット)が参加した、「めざましテレビ10周年記念盤CD」(収録曲は『「君の好きなヒト」/「昔ワルだった男(ヒト)」K&T、「約束の空」T.N.T.』)をリリースした。

めざまし体操を広めるために、2004年から行われている体操キャラバンは『めざましテレビ』と『めざましどようび』のお天気キャスター:皆藤愛子(2005年 - 、2004年は高樹千佳子)と小林麻央が担当し、7月中旬 - 8月中旬にかけて全国行脚実施し、各地のレポーターとともに各地の様子を伝えつつ、各地の人々と体操をする。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 現役アナ藤井弘輝の実父