め組のひと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
め組のひと
ラッツ&スターシングル
初出アルバム『14 CARATS
B面 彼氏になりたい
リリース
規格 EP
ジャンル J-POP
レーベル EPICソニー
作詞・作曲 麻生麗二井上大輔(#1)
田代マサシ鈴木雅之(#2)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1983年度年間10位(オリコン)
  • 1位(ザ・ベストテン
  • 1位(ザ・トップテン
  • ラッツ&スター シングル 年表
    週末ダイナマイト
    1982年
    ※ここまでシャネルズ名義
    め組のひと
    (1983年)
    Tシャツに口紅
    (1983年)
    テンプレートを表示

    め組のひと」(めぐみのひと)は、1983年4月1日に発売されたラッツ&スターの1枚目(シャネルズ時代から通算すると10枚目)のシングル。作詞の麻生麗二は売野雅勇のペンネーム[1]。作曲は井上大輔。

    正式なタイトル表記での「め」の字は囲み文字である。

    め組のひと

    解説[編集]

    曲調はシャネルズ時代のオールディーズ風作品と異なり、当時イギリスを中心に流行していたファンクラテン音楽を融合させたダンス・ミュージック「ファンカラティーナ」を取り入れた[2]

    グループ名を『シャネルズ』から『ラッツ&スター』へと改名した後に初めて発表されたシングルで、トリー・メンドーサがイメージキャラクターを務めた1983年資生堂夏のキャンペーンソングに起用され[1]、60万枚以上を売り上げる大ヒットとなり、オリコンシングルチャートで1位を獲得し、ラッツ&スターとしての代表曲となった[3]

    タイトル考案者は資生堂の小野田隆雄[4]。(同年小野田は資生堂を退社してフリーのコピーライターとなる。)

    「めッ!」の決めポーズが印象的な振り付けは田代まさしによるもの[5]。2018年には動画ソーシャルアプリ「TikTok」利用者の間で倖田來未のカバーバージョンを用いた振り付け投稿動画が流行し話題となった[6]

    作曲とプロデュースは大瀧詠一に依頼したが、アルバム『EACH TIME』製作中のため断念、大瀧の指名によりシャネルズ時代の代表曲を手がけた井上大輔が起用された。

    同年11月に発売されたアルバム『SOUL VACATION』には、アルバムイメージを統一するためにプロデューサーの大瀧の判断で未収録となった。

    収録曲[編集]

    1. め組のひと
      (作詞:麻生麗二、作曲:井上大輔、編曲:井上大輔・ラッツ&スター)
    2. 彼氏になりたい
      (作詞:田代マサシ、作曲:鈴木雅之、編曲:井上大輔・ラッツ&スター)
      アルバム未収録。

    カバー[編集]

    • 欧陽龍中国語版(1984年)中国語タイトル『愛在風中飛』
    • ベンチャーズ(2005年)アルバム『J-ROCK サマー・ウィンド 〜メロディーズ・イン・メモリーズ〜』収録
    • グディングス・リナ(2008年)アルバム『The Nightbird ~ Goodings RINA COVERS ~』収録
    • 倖田來未 (2010年)アルバム『ETERNITY〜Love & Songs〜』収録
    • TRT原宿ヤンキースRC(2010年)アルバム『ヤンキー・ロックス NON STOP MIX』収録
    • DJ SASA with THE ISLANDERS(2012年)アルバム『夏ソンちゅ』収録
    • サーカス(2013年)アルバム『THE REBORN SONGS 〜80's ハーモニー〜』収録
    • ギルド (2015年)『LOVEマシーン』カップリング
    • Maria(2015年)シングル。プロデュース佐藤善雄(ラッツ&スター)
    • 山猿(2017年)デジタルシングル

    その他の関連事象[編集]

    • 1984年1月29日に放送された日本テレビアニメ『キン肉マン』の第42話「決戦の日きたる! の巻」において、劇中の音楽として使用された。主人公のキン肉マン(キン肉スグル)が第21回超人オリンピックの決勝戦の前の体重計量に臨んだ際に、事前に申請した体重よりも5kgオーバーしていることを係員から指摘されたため、父親のキン肉真弓に促されて申請時の体重まで落とすためにダンス用の音楽として流されたもので、劇中ではキン肉マンはラッツ&スターのメンバーのように、自身のマスクの前面を褐色に塗って円形フレームのサングラスを着用した姿で、ステージで汗だくになりながら当て振りで歌い、父親と委員長(ハラボテ・マッスル)も同様に自身のマスクの前面を褐色に塗ってサングラスを着用した姿でバック・コーラスのメンバーとして登場した。音楽はそのままラッツ&スターのシングル版のものが1コーラス分にわたり使用されていて、キン肉マン役の神谷明など出演する声優陣が歌っているものではない。
    • 2012年にサントリーはちみつレモン」のCM「熊のダンス、絶叫編」において替え歌として使用され、熊たちが「塩が入るよ、"エーッ"」という歌詞を歌った。

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    関連項目[編集]