もしもタヌキが世界にいたら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
もしもタヌキが世界にいたら
ユミシングル
B面 From Tokyo -Endingメロディーはリピートで-
リリース
規格 シングルレコード
ジャンル J-POP
レーベル フォーライフ・レコード
作詞・作曲 荒木とよひさ坂本龍一
チャート最高順位
ユミ シングル 年表
もしもタヌキが世界にいたら
(1983年)
もしもタヌキが世界にいたら2
(1984年)
テンプレートを表示
もしもタヌキが世界にいたら
シーラカンスシングル
B面 シーラカンスのユーアーマイサンシャイン
リリース
規格 シングルレコード
ジャンル J-POP
レーベル フォーライフ・レコード
作詞・作曲 荒木とよひさ坂本龍一
テンプレートを表示
もしもタヌキが世界にいたら2
ユミ from ソフトクリームシングル
B面 風色の地図
リリース
規格 シングルレコード
ジャンル J-POP
レーベル フォーライフ・レコード
作詞・作曲 荒木とよひさ坂本龍一
チャート最高順位
ユミ from ソフトクリーム シングル 年表
もしもタヌキが世界にいたら
(1983年)
もしもタヌキが世界にいたら2
(1984年)
Tears
(1993年)
※森下由実子名義 
テンプレートを表示

もしもタヌキが世界にいたら(もしもタヌキがせかいにいたら)は、クイズ番組なるほど!ザ・ワールド』のエンディングテーマとして1983年に発表され、同年7月5日 - 1984年10月9日に放送された楽曲。

作詞は荒木とよひさ・作曲・編曲は坂本龍一

概要[編集]

歌詞には世界各国の「こんにちは」を意味する言葉と首都の地名が盛り込まれ、各国にちなんだ楽器の音色でフレーズが奏でられていた。また、「○○タヌキになるでしょう」の「○○」は各国の名物である。

ユミ(遠藤由美子)と安田伸の在籍したバンド「シーラカンス」の競作でレコードが発売された。1984年にはユミが歌う続編「もしもタヌキが世界にいたら2」も発売。こちらの編曲は瀬尾一三である。

なお、当初は「ユミ」の正体は秘密だったが、『なるほど!ザ・ワールド』に「『ユミ』って一体誰なんだ?」という投書が多数来たため、番組内で遠藤由美子だった事を発表した。

「もしもタヌキが世界にいたら」は10か国(「2」は9か国)が歌われており、 番組のエンディングではそのうちランダムに2コーラス(2も同様)が歌われる。ただし、「1」の3,5,8,10番および「2」の3番は番組で歌われていない。

「もしもタヌキが世界にいたら」のシングルレコードは正距方位図法による世界地図をコーティングした珍しいものであった(A面が北半球、B面が南半球)。また、ジャケット裏には世界の主な国名とその首都が記載されている(ユミ盤、シーラカンス盤共に)。

シングル収録曲[編集]

ユミ盤(フォーライフ 7K-105)[編集]

  1. もしもタヌキが世界にいたら
    作詞:荒木とよひさ、作曲・編曲:坂本龍一
  2. From Tokyo -Endingメロディーはリピートで-
    作詞:荒木とよひさ、作曲・編曲:坂本龍一

シーラカンス盤(フォーライフ 7K-110)[編集]

  1. もしもタヌキが世界にいたら
    作詞:荒木とよひさ、作曲・編曲:坂本龍一
  2. シーラカンスのユーアーマイサンシャイン
    作詞:ジミー・デイヴィス、作曲:チャールズ・ミッチェル
    日本語訳詞:荒木とよひさ、補作・編曲:森岡賢一郎

もしもタヌキが世界にいたら2(フォーライフ 7K-143)[編集]

  1. もしもタヌキが世界にいたら2
    作詞:荒木とよひさ、作曲:坂本龍一、編曲:瀬尾一三
  2. 風色の地図
    作詞:荒木とよひさ、作曲・編曲:瀬尾一三

『もしもタヌキが世界にいたら』に登場する国名[編集]

『もしもタヌキが世界にいたら2』に登場する国名[編集]

脚注[編集]