もっこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

(もっこ、ふご)とは、、蔓(つる)などを網状に編んだ運搬用具である[1]

概要[編集]

藁蓆(わらむしろ)など平面の四隅に吊り綱を2本付けた形状の運搬用具である。箱型の箱畚や馬に付ける駄つけ畚(ビク)もある[1]。吊り綱がつくる2つの環に棒を通し、前後2人でを担いで持ち上げ、運搬する。主に、農作業などでを運搬することに使用される。「軽籠」、「もっこう」とも称する。引越作業でも長方形の丈夫な布の四隅に吊り綱を2本付けた畚が大型家具やピアノの運搬の際に用いられる。北海道の漁村では、の運搬に用いる木製の背負い箱を「もっこ」と呼んだ。

なお、畚を「ふご」と読むときは稲わらを編んだ円筒状または円状の運搬容器を指す[2]

津軽地方では、「お化け」という意味がある。この「もっこ」は蒙古に由来し、過去の蒙古襲来の恐ろしさを伝えたものである[3]

派生[編集]

語源[編集]

  • 持ち籠(もちこ)という言葉の音便だとされている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 日本民具学会 1997, p. 566.
  2. ^ 日本民具学会 1997, p. 490.
  3. ^ 国土交通省都市・地域整備局特別地域振興課半島振興室. “津軽地域 歌”. 半島の宝物. 2020年8月27日閲覧。

参考文献[編集]

  • 日本民具学会編 『日本民具辞典』 ぎょうせい、1997年5月。ISBN 4-324-03912-7。 

関連項目[編集]