もったいないばあさん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

もったいないばあさん』は、真珠まりこ作の絵本シリーズ、および作品に登場するキャラクター

概要[編集]

もったいないことをしていると「もったいなーい」と言いながらどこからともなく現れ、昔ながらの知恵を使って、どうしたらもったいなくなくなるかを教えてくれるおばあさん

2004年講談社より出版されたシリーズ1作目『もったいないばあさん』は、シリーズの発行部数が累計100万部を越えるベストセラーに。キャラクターが人気となり、朝日小学生新聞(もったいないばあさん)、毎日新聞(もったいないばあさん日記)、幼児雑誌「おともだち」「げんき」、環境省発行の「こどもエコクラブニュース」(もったいないばあさんがやってきた)等、さまざまなメディアで連載されてきた。

また、英語/日本語の対訳版ほか、フランス語、ヒンディー語、韓国語、中国語(中国/台湾)ベトナム語などに翻訳出版されている。

2008年より、命の大切さを伝える「もったいない」という言葉をキーワードに、地球上で起きているさまざまな問題が私たちとどのようにつながっているのかを伝える「もったいないばあさんのワールドレポート展」が開催され、2015年東京ユニセフハウスでの展示以降は、(公財)日本ユニセフ協会全国の支部でも巡回展示されている。2009年には、生きものたちが絶滅する問題に焦点をあて、生物多様性をテーマにしたパート2の展示会、「もったいないばあさんのワールドレポート展・生きものがきえる」が始まり、COP10(生物多様性条約第10回締約国会議)会場や動物園などでも展示されてきた。

2016年には、『もったいないばあさん』の絵本で、インドの子どもたちに環境教育をというプロジェクトが始まった。絵本のキャラバンカーがインド国内をまわって、ヒンディー語に翻訳された「もったいないばあさん」の読み聞かせが行われている。

2020年、シリーズの絵本4作品がアニメーションとなり、6ヶ国語(日本語、英語、フランス語、スペイン語、中国語、ヒンディー語)で公開となる。

シリーズ作品[編集]

  • 『もったいないばあさん』第15回けんぶち絵本の里大賞受賞、第3回ようちえん絵本大賞受賞
  • 『もったいないばあさんがくるよ!』第16回けんぶち絵本の里大賞受賞、朝日小学生新聞の連載・春夏版
  • 『もったいないばあさん・もったいないことしてないかい?』第18回けんぶち絵本の里大賞受賞、朝日小学生新聞の連載・秋冬版
  • 『もったいないばあさんの いただきます』第20回けんぶち絵本の里大賞びばからす賞受賞、第5回ようちえん絵本大賞受賞
  • 『もったいないばあさんの てんごくとじごくのはなし』第25回けんぶち絵本の里大賞受賞
  • 『もったいないばあさん もりへいく』
  • 『もったいないばあさん まほうのくにへ』大友剛・マジック監修
  • 『もったいないばあさんの おいしいあいうえお』
  • 『もったいないばあさん かわをゆく』
  • 『もったいないばあさんとぼく』
  • 『もったいないばあさんかるた』
  • CDブック『もったいないばあさん音頭』真珠まりこ・作・絵/中川ひろたか・作曲/増田裕子・詞/齋藤ネコ・編曲
  • 『もったいないばあさんの知恵袋』毎日新聞の連載10年分を収録
  • 『もったいないばあさんと考えよう世界のこと』
  • 『もったいないばあさんと考えよう世界のこと・生きものがきえる』WWFジャパン監修
  • 『Mottainai Grandma』もったいないばあさん対訳版、山口マリアンヌ・英語監修
  • DVD『もったいないばあさんと考えよう世界のこと』もったいないばあさんと考えよう世界のこと製作委員会 /株式会社モーニング /文科省選定作品

(以上特記のないものはすべて、真珠まりこ・作・絵/講談社

『もったいないばあさん」が出演した主なイベント[編集]

  • 2007年および2008年東京国際ブックフェアにて『もったいないばあさん音頭』を披露。
  • もったいないばあさんのワールドレポート展「地球の問題と世界の子どもたち」
いま世界で起きている問題と私たちの暮らしが、どのようにつながっているのかを伝える展示会。
命の大切さを伝える「もったいない」という言葉をキーワードに、もったいないばあさんをガイド役として2008年より開催。ユニセフホームページで公開されている実話を元に作成された、世界の子どもたちの話が登場する。これまでに、国連大学・地球環境パートナーシッププラザ、JR札幌駅コンコース、オルタナティブサミットやアースデイ会場など、全国各地で展示会と真珠まりこのトークイベントが開催された。また、2015年東京・品川のユニセフハウスで開催以降、(公財)日本ユニセフ協会全国の支部で巡回展示されている。 主催・もったいないばあさんのワールドレポート展実行委員会/後援・(公財)(財)日本ユニセフ協会
  • もったいないばあさんのワールドレポート展『生きものがきえる』
生きものが絶滅する問題に焦点をあて、生物多様性をテーマにした、「もったいないばあさんのワールドレポート展」パート2の展示会。
国際生物多様性年である2010年東京都恩賜上野動物園名古屋市東山動植物園札幌市円山動物園などで巡回展示。名古屋で開催されたCOP10(生物多様性条約第10回締約国会議)の交流フェア会場でも、展示会と真珠まりこのトークイベントが開催された。
主催・もったいないばあさんのワールドレポート展実行委員会/後援・WWFジャパン国際自然保護連合(IUCN)日本委員会
  • 2009年10月マレーシアクアラルンプール、Panasonic Power of Innovation '09 -Mottainai World-のキャラクターとして登場。
  • テレビ北海道・開局20周年特別番組「もったいないばあさんと考えよう世界のこと」2009年3月20日放送。
  • 2013年3月イタリア・ボローニャ、サラ・ボルサ市立図書館にて、”Mottainai World in Bologna”もったいないばあさんのおはなし会とワークショップを開催。
  • 2016年『もったいないばあさん』の絵本で、インドの子どもたちに環境教育をというプロジェクトが始まる。絵本のキャラバンカーがインド国内をまわり、ヒンディー語版『もったいないばあさん』を読み聞かせ。
  • 2020年環境省と講談社の共同プロデュースで、『もったいないばあさん』の絵本4作品がアニメーションとなり、6ヶ国語(日本語、英語、フランス語、スペイン語、中国語、ヒンディー語)で世界にむけて配信スタート。

楽曲[編集]

  • もったいないばあさん音頭
真珠まりこ・作詞・絵/中川ひろたか・作曲/増田裕子・歌/齋藤ネコ・編曲/講談社
CDブック「もったいないばあさん音頭」に収録
  • もったいないばあさんの絵描きうた
真珠まりこ・作詞・絵/中川ひろたか・作曲/増田裕子・歌/齋藤ネコ・編曲/講談社
CDブック「もったいないばあさん音頭」に収録
  • もったいないばあさんの子守りうた
真珠まりこ・作詞作曲/藤田恵美・歌
DVD「もったいないばあさんと考えよう世界のこと」に収録

エピソード[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ワンガリ・マータイさん&真珠まりこさん対談”. 講談社 (2006年2月21日). 2019年6月8日閲覧。
  2. ^ 宇宙から、野口聡一さんが「もったいないばあさん」読み聞かせ”. もったいないばあさん公式サイト. 2019年8月29日閲覧。