ものまね四天王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ものまね四天王
メンバー 清水アキラ
ビジーフォー
グッチ裕三モト冬樹
栗田貫一
コロッケ
結成年 1988年
解散年 1992年
事務所 複数の芸能事務所
活動時期 1988年 - 1992年
出会い フジテレビものまね王座決定戦
芸種 ものまね
過去の代表番組 『ものまね王座決定戦』
ものまね珍坊
テンプレートを表示

ものまね四天王(ものまねしてんのう)とは、かつてフジテレビの『ものまね王座決定戦』で人気・実力を不動のものにし、一世を風靡した清水アキラビジーフォーグッチ裕三モト冬樹)・栗田貫一コロッケものまねタレント4組、またはその個々を指す呼称である。

概要[編集]

  • ものまねブーム」が始まった1990年頃に、番組の高視聴率や優勝回数が多いことなどに伴い、フジテレビの『ものまね王座決定戦』で命名されたのが始まりである。その後、四天王はレギュラー番組『ものまね珍坊』など様々な箇所で活躍して、以後バラエティ番組の歴史では欠かせない代名詞となった。
  • しかし、1992年にコロッケがプロデューサーであった木村忠寛との確執や事務所独立を巡る軋轢等から『ものまね王座』をはじめとするフジテレビのものまね番組から降板。その後コロッケが日本テレビの『ものまねバトル』に出演するようになってからは、栗田と清水、ビジーフォーのグッチ裕三モト冬樹の4人を、または『発表!日本ものまね大賞』優勝を経てプロデビューした布施辰徳を加えた4組を指す言葉として使われたが、程なくしてビジーフォーも番組を降板し、ものまね四天王は事実上消滅した。
  • 清水と栗田は、その後お笑いコンビ「アキカン」を結成している。
  • 2011年6月2日、コロッケの呼びかけにより、東京都渋谷区渋谷公会堂東日本大震災東北地方太平洋沖地震)の復興支援チャリティーライブイベント『ものまねキャラバン』が行われ、コロッケ・清水・栗田の3人が19年ぶりに共演した。なお、グッチと冬樹はスケジュールの都合でライブには出演しなかった。
  • 2015年3月29日に開催された「『ものまねキャラバンVol.5』〜いま、ものまね芸人にできること〜」で四天王5人が集結、公の場では23年ぶりの復活を果たした[1]
  • 2015年8月22日放送の『八方・陣内・方正の黄金列伝』にコロッケが出演、個別に収録したVTRながら四天王がコロッケに対する思いを語った。
  • 2018年現在でものまねタレントとして活動しているのは栗田とコロッケの2人のみ。栗田は『ものまね王座決定戦』や『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』のフジテレビのものまね番組、コロッケは『ものまねグランプリ』の日本テレビのものまね番組にそれぞれレギュラー出演している。一方、ビジーフォーのグッチは料理タレント、モトは俳優音楽番組司会者として芸能活動を続けているがものまねタレントとしては休業している。清水は2013年をもってフジテレビのものまね番組を卒業している。
  • 2018年6月20日放送のフジテレビ『梅沢富美男のズバッと聞きます!』で、1992年のコロッケのフジテレビのものまね番組降板以来となる26年ぶりにものまね四天王が揃ってテレビ共演を果たした[2]

メンバー[編集]

ディスコグラフィー[編集]

  • バカと呼ばれたい/ものまね天国(1990年8月8日発売、東芝EMI

ものまね女四天王・ものまねお笑い四天王[編集]

松居直美松本明子篠塚満由美しのざき美知がものまね女四天王と呼ばれた。その後、しのざきの代わりに斉藤ルミ子が四天王入りした。また、篠塚が新人の松下桂子と期間限定ユニット「しじみとさざえ」を組んでいた時期は「しじみとさざえ」が四天王扱いとなった[3]

しのざき美知・ダチョウ倶楽部笑福亭笑瓶ピンクの電話がものまねお笑い四天王と呼ばれた。

脚注[編集]

  1. ^ ものまね四天王23年ぶり集結 栗田貫一はバッシングを一蹴
  2. ^ 「ものまね四天王」26年ぶりテレビ共演!梅沢富美男が不仲説に切り込む,スポニチアネックス,2018年6月13日
  3. ^ 時給は90円…元ものまね女四天王“しじみ” 語る沖縄での1年日刊ゲンダイ 2015年10月12日

関連項目[編集]

関連番組[編集]