もんだいガール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
もんだいガール
きゃりーぱみゅぱみゅシングル
初出アルバム『KPP BEST』
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP (テクノポップ)
時間
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン(unBORDE)
作詞・作曲 中田ヤスタカ
プロデュース 中田ヤスタカ
ゴールドディスク
きゃりーぱみゅぱみゅ シングル 年表
きらきらキラー
(2014年)
もんだいガール
(2015年)
Crazy Party Night 〜ぱんぷきんの逆襲〜
(2015年)
テンプレートを表示

もんだいガール」は、2015年3月18日に発売されたきゃりーぱみゅぱみゅシングル楽曲。他人の成功を妬み、オリジナリティを否定する傾向にある日本社会を痛烈に風刺した作品となっている。

きゃりーは表題曲を「これまでにない、かっこいいサウンドと、攻撃的な歌詞[1]」「これまでのファンタジーでラブリーな曲とは違い、かっこいい尖った感じ[2]」と表現しており、拍打ちのビートをベースに[3]、口ずさみやすいポップで[4]カラフルなメロディとなっている[3]

この曲はテレビドラマ問題のあるレストラン』の主題歌として中田ヤスタカが書き下したものであり[5]、中田はきゃりーからそのアーティストとしての強い想いを聞いた上で、きゃりーの曲としては初めて歌詞先行で曲を制作した[1]。ドラマのプロデューサー清水一幸は主題歌にきゃりーを選んだ理由について、きゃりーがまだドラマ主題歌をやったことがないこと、ドラマの舞台が原宿表参道であることを挙げた[5]

曲の公開後、ネットでは「イントロファイナルファンタジーシリーズの戦闘曲と似ている」という声が上がったが、音楽評論家の四方宏明は「ワンフレーズ引用」レベルとしながら、Perfume の「引力」(2006年)や MEG の「MAGIC」(2008年)で「グラディウス」からの借用が見られたり、北陸新幹線金沢駅発車メロディ(2015年)で「影の伝説」の BGM との類似が見られる点を踏まえて、「中田ヤスタカはゲーム音楽が好きである」「なんらかの影響を受けている」「時には引用する可能性は高い」という見方を示した[6]

桑田佳祐は自身のラジオ番組「桑田佳祐のやさしい夜遊び」内の企画「桑田佳祐が選ぶ2015年邦楽ベスト20」で表題曲を7位にしている[7]

収録曲[編集]

  1. もんだいガール [4:36]
  2. KISEKAE [4:06]
  3. My Room [4:34]
  4. CANDY CANDY -Remix- [4:32]
  5. もんだいガール (Instrumental) [4:36]
  6. KISEKAE (Instrumental) [4:06]
  7. My Room (Instrumental) [4:34]

初回限定盤は2014年のツアーの様子を収めた DVD「きゃりーぱみゅぱみゅ 2014 LIVE SELECTION」(全9曲)が付き、7インチアナログサイズジャケット仕様になっている[3]。また通常盤の初回プレス分にはステッカーが封入された[3]

アートワーク[編集]

アートワークは初回盤・通常盤とも、赤、青、緑、黄のシンプルな色使いの衣装を着た8人のきゃりーが配されている[8]。初回盤は、全員がカメラを構えたパパラッチというもの。通常盤は、寝転がりながら足上げをしてスカートからパンツが丸見えになっていたり、ズボンを下ろして仁王立ちになったりと過激なポーズが目立つ“もんだいガール”状態だが、むしろ健康的な爽やかさを感じさせるものになっている[8]。CDアートワーク・クレジットは以下の通り。

ミュージックビデオ[編集]

ミュージックビデオは3つの世界に生きる「強い女性」を三者三様に描いている[9]。冒頭に出てくるのは、全身ピンクのドレスを着てパパラッチに追われるセレブ風女優のきゃりー[10][1]。次に出てくるのは、外国人ダンサーを従えてパステル調の衣装で自由奔放に踊るきゃりー[10][1]。三番目は、黒づくしのモード感あふれる衣装をまとって[1]壮大なアニメーション世界で戦うきゃりー[10]。また随所で、きゃりーらしいユーモアのある問題行動シーンが描かれる[10][11]

きゃりーはデビュー前から親交があるスタッフと企画段階から入念に打合せを重ね、2015年2月に朝の8時から丸24時間かけてミュージックビデオの撮影を行なった[12]。まず酷寒の都内の屋外で、きゃりー自らの発案という「キューティ・ブロンド」をイメージしたセレブ衣装での撮影[12]。子犬のぬいぐるみや外ハネのブロンドヘアでセレブらしさを強調した[12]。次に神奈川のスタジオに移って、メインとなるパステル調の衣装での撮影[12]。淡いピンクや薄い黄色で可愛らしさを出しながらも、「強い女性」というコンセプトを生かすために鋭角的なシェイプのアイテムを複雑にあしらって、アート性を生み出している[12]。またアニメシーンで使われる黒づくめの衣装では、今までのきゃりーにないワイルドな奇抜さを表現した[12]。外国人ダンサーを起用するのは今回が初めてであり、振付の合わせで手間取る一幕もあった[12]

ビデオではきゃりーがトランシーバーマイクで歌うシーンが出てくるが、これは交際中の Fukase の「Dragon Night」を意識した演出であることはきゃりー自身も認めており[13]、「私自身の事や世間で話題になった事をいかにユニークにいれるかがポイントでした」「中田ヤスタカさんや田向監督とお話して“やっぱきゃりーはこうでいかないと”とゆう事で結構ギリギリのシーンがたくさん」とコメントした[14]

ミュージックビデオの制作スタッフは次の通り[12]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e きゃりーぱみゅぱみゅ、「もんだいガール」のMV全貌公開”. MTV JAPAN (2015年3月17日). 2015年4月19日閲覧。
  2. ^ きゃりー「もんだいガール」披露で「歌ってて気持ちいい」<セットリスト>”. モデルプレス (2015年3月18日). 2015年4月19日閲覧。
  3. ^ a b c d 注目の新譜 : きゃりーぱみゅぱみゅ「もんだいガール」 久々の新曲は話題のドラマ主題歌”. MANTANWEB. 毎日新聞デジタル (2015年3月20日). 2015年4月19日閲覧。
  4. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ初のドラマ主題歌決定”. ドワンゴジェイピーnews. ドワンゴ (2014年12月18日). 2015年1月7日閲覧。
  5. ^ a b きゃりー、初の連ドラ主題歌は問題作?「パンチのある作品」”. ORICON STYLE. オリコン (2014年12月18日). 2015年1月7日閲覧。
  6. ^ 四方宏明 (2015年2月16日). “「もんだいガール」のイントロはFF戦闘曲?”. All About. オールアバウト. 2015年4月19日閲覧。
  7. ^ 【エンタがビタミン♪】桑田佳祐が選ぶ2015年邦楽シングルBEST20、桐谷健太『海の声』に「泣いた」 2015年12月27日 Techinsight
  8. ^ a b ズボンおろしてパンツ丸出し、きゃりーぱみゅぱみゅ「もんだいガール」”. BARKS (2015年1月31日). 2015年4月19日閲覧。
  9. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ「もんだいガール」PVフル尺公開”. ナタリー. ナターシャ (2015年3月17日). 2015年4月19日閲覧。
  10. ^ a b c d きゃりー、問題シーンだらけの「もんだいガール」MV全貌公開”. Musicman-NET (2015年3月17日). 2015年4月19日閲覧。
  11. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ、パパラッチされまくりの“もんだいガール”のMV公開”. RO69. ロッキング・オン (2015年2月25日). 2015年4月19日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h きゃりー「もんだいガール」MV全貌公開 本人コメントも到着「私なりに攻めた作品にしてみました」”. リアルサウンド (2015年3月17日). 2015年4月19日閲覧。
  13. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ、セカオワ意識のPVに「恋愛商法は危険」「別れたら黒歴史」の声”. サイゾーウーマン. CYZO (2015年2月26日). 2015年4月19日閲覧。
  14. ^ 【エンタがビタミン♪】きゃりー新作MVで「お気に入りのシーンは全裸」。やっぱり『もんだいガール』”. Techinsight. メディアプロダクツジャパン (2015年2月26日). 2015年4月19日閲覧。