やかまし村のクリスマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
やかまし村のクリスマス
著者 アストリッド・リンドグレーン
訳者 おざきよし
イラスト イロン・ヴィークランド英語版
発行日 1963年
2003年
発行元 ラベン&シェーグレン英語版
ポプラ社
ジャンル 絵本児童文学
スウェーデン
言語 スウェーデン語
日本語
形態 文学作品
コード ISBN 978-4591078891
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

やかまし村のクリスマス』(やかましむらのクリスマス、原題: Jul i Bullerbyn)は、アストリッド・リンドグレーンによる絵本である。1963年出版。

あらすじ[編集]

クリスマスやかまし村にやって来る。子どもたちは準備を手伝っている。しょうが入りのビスケットを焼き、薪をのせたそりを引き、森でクリスマスツリーを切る。

クリスマス・イヴの前夜、子どもたちは中庭を歩きまわり、窓の外でクリスマスキャロルを歌う。そして、ほとんど目が見えないがクリスマスツリーの匂いをかぐことができるおじいちゃんのもとへ行く。

子どもたちが目を覚ましたクリスマス・イヴの朝、クリスマスツリーはもう飾り付けられている。外は一日中雪が降っていて、家族は食事をし、キリストの降誕の話を聞き、クリスマスの賛美歌「いざ歌え、いざ祝え英語版」(日本語訳版では「きよしこのよる」)を歌う。

子どもたちはクリスマスプレゼントを受け取り、クリスマスツリーの周りで踊る。

翌日、家族は6時に早起きして、教会でのユーロッタ英語版(クリスマス早朝の礼拝)へそりに乗って行く。家に戻ったら、クリスマスプレゼントにもらったスキーに乗る。しかし、ウッレはスキーではなくスケートをもらい、北の家の前の湖の氷の上をすべる。

夜、子どもたちはブリッタとアンナと共にクリスマスパーティを開く。

出典[編集]