やなせたかしシアター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

やなせたかしシアター』は、2012年12月1日公開のやなせたかし絵本を原作とする3作の日本アニメーション映画作品。

概要[編集]

絵本作家やなせたかしの絵本作品『ハルのふえ』をメインに『それいけ!アンパンマン』『ロボくんとことり』の3作をアニメ化。

ハルのふえ[編集]

ハルのふえ
監督 川又浩
脚本 島田満
原作 やなせたかし
ナレーター 島本須美
出演者 戸田恵子
いのくちゆか
野沢雅子
音楽 小森昭宏
主題歌 はいだしょうこ「ハルのふえ」
製作会社 トムス・エンタテインメント
配給 東京テアトル
公開 日本の旗 2012年12月1日
上映時間 48分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

この映画のメイン作品となる中編アニメ。第24回東京国際映画祭特別招待作品。作者が最も映像化したかったという作品[1]で、読み聞かせ絵本雑誌『おひさま』に掲載され、2009年に絵本(小学館 ISBN 978-4097263784)が発行。映画完成から1年以上経って公開された。

キャッチコピーは「はなれていても、ずっといっしょ。」

あらすじ[編集]

タヌキのハルは、森の奥に置き去りにされていた人間の赤ちゃんを拾う。赤ちゃんを「パル」と名付け、人間の母親に化けて大切に育てる。

すくすくと育ったパルは、音楽家・チョコパンに音楽の才能を見出され、音楽家の道を進むべくハルや森の仲間達と別れ都会へ出る。

初めての都会に戸惑いながらも、チョコパンによる厳しい指導に耐えつつ徐々にフルート演奏の実力を高めていったパルは、強力なライバル・ミロも出場する音楽コンクールの舞台へ立つ事に。

一方ハルは、そんなパルの幸せを祈りつつ人間の姿のまま暮らす事を決意していたが、ある出来事をきっかけに消息を絶ってしまう。

時は流れ、フルートの名演奏家として立派に成長したパル。そして、森へ帰って来た彼に一つの奇跡が訪れる。

登場人物[編集]

パル・ハル・チョコパン以外はオリジナルキャラクター。

パル
声 - 戸田恵子いのくちゆか(赤ちゃん時代)
人間の赤ちゃん。タヌキだったことを知らず、ハルに育てられるが、音楽家のチョコパンに引き取られる。後に才能を認められ、やがてハルとの別れが訪れる。
ハル
声 - 野沢雅子、佐久間レイ(歌)
宙返りや草笛、そして変身が得意な森の人気者のタヌキ。人間のお母さんに化けパルを育てるが、別れてから「いつでも迎えられるように」と人間の姿のままでいることを誓い、パルを心配するようになる。
ミロ・ザマー
声 - 中尾隆聖
パルのライバル。才能あふれる都会派の英才教育を受けた最年少音楽家。毎年大会は優勝しているが、密かに実力を認めていたパルに優勝を取られてしまった。ちなみに、彼の名前を逆から読むと「ザマー・ミロ(ざまあみろ)」になる。
チョコパン
声 - 増岡弘
音楽家でマリーの祖父。ハルから教わった草笛を美しく奏でるパルの才能を認め、彼を引き取り音楽家として育てる。気は優しいが、音楽の指導は厳格。パルやマリーは彼の指導で才能を磨いた。
マリー
声 - かないみか
チョコパンの孫娘。パルのガールフレンド。ピアノを演奏する。都会派で自分を鼻にかけるミロを嫌っている。お嬢様らしく優しい性格だが、お転婆な一面もある。
弟子
チョコパンの元弟子。彼の厳しい指導と音楽に向いていなかったため、荷物をまとめて辞めてしまった。
Aの声 - 桜井敏治
太めの方。
Bの声 - 小田敏充
痩せた方。
ねずみ
声 - 三ツ矢雄二
チョコパンの家に住むネズミ。パルの人間界の初めての友達。ハルの家を調べ、彼女を案内しようとしたが、ハルは道ではぐれたり、都会の広さに圧倒されていた。
ミセス・ザマー
声 - 滝沢ロコ
ミロの母。息子の才能に絶対的な自信を持っている。ネズミが苦手。
ウサギ
声 - 佐久間レイ
リス
声 - 吉田小南美
サル
声 - 愛河里花子
クマ
声 - 佐藤智恵
ハルと共に森に住む動物たち。
アナウンサー
声 - 佐藤正治
テレビナレーション
声 - 中田隼人
ギャル
声 - 吉田小百合
やなせうさぎ
声 - 城山堅
冒頭で案内役として登場。
ナレーション
声 - 島本須美

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

エンディング曲「ハルのふえ」
作詞 - やなせたかし
作曲 - 佐藤允彦
歌 - はいだしょうこ
挿入歌「たぬきの子守唄」
作詞 - やなせたかし
作曲 - 小森昭宏
歌 - 佐久間レイ

アンパンマンが生まれた日[編集]

アンパンマンが生まれた日
脚本 米村正二
原作 やなせたかし
出演者 戸田恵子
音楽 いずみたく
近藤浩章
主題歌 ドリーミング『アンパンマンのマーチ
製作会社 トムス・エンタテインメント
配給 東京テアトル
公開 日本の旗 2012年12月1日
上映時間 10分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

それいけ!アンパンマン』第1話「アンパンマン誕生」をベースにしたミュージカル風の短編アニメを同時併映。第1話のリメイクというよりはプロローグに近く、アンパンマンが誕生するまでのジャムおじさん達の日常を描いた内容が中心となっている。

登場人物[編集]

主要キャラクター[編集]

アンパンマン
声 - 戸田恵子
パン工場に残された最後の小麦粉で作られたあんパンに「いのちの星」が降り注ぎ、誕生した。
ジャムおじさん
声 - 増岡弘
ひもじい者の所へ飛んで行くような「優しい心を持ったパン」を作ろうと試みるが、なかなか上手くいかない。
バタコさん
声 - 佐久間レイ
やなせうさぎ
声 - 城山堅

以下のキャラクターは声無し。

ばいきんまん
「アンパンマンと同時にばいきんまんが誕生した」という趣旨のシーンで登場。
めいけんチーズ

その他の登場キャラクター[編集]

ドキンちゃん
ホラーマン
カレーパンマン
しょくぱんまん
メロンパンナ
ロールパンナ
クリームパンダ
だだんだん
おむすびまん
こむすびまん
かつぶしまん
鉄火のマキちゃん
らーめんてんし
へどろまん
氷の女王
雪鬼
黒バラ女王
どろみずまん
こおり鬼
くらやみまん
すなおとこ
化石の魔王
かぜこんこん
やみの女王
砂の魔王
アンコラ
コアンコラ
ピーター
チェロヒキーさん
ユキダルマン
プリンちゃん
エクレアさん
どんぶりまんトリオ
てんどんまん
カツドンマン
かまめしどん
カバオくん
ピョン吉
ウサ子
ちびぞうくん
みみせんせい
クマ太
ネコ美
モン吉
ブタお
コン太

スタッフ[編集]

挿入歌[編集]

生きてるパンをつくろう (Brand New ver.)
歌 - 増岡弘(ジャムおじさん)、佐久間レイ(バタコさん)
『勇気の花がひらくとき』
本作ではオフヴォーカル版を使用。
アンパンマンのマーチ
歌 - ドリーミング

ロボくんとことり[編集]

ロボくんとことり
脚本 藤田伸三
原作 やなせたかし
出演者 小杉十郎太
千葉紗子
音楽 近藤浩章
配給 東京テアトル
公開 日本の旗 2012年12月1日
上映時間 10分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2008年4月23日発売の短編集OVA『やなせたかしメルヘン劇場 DVD-BOX 1』に収録された短編アニメの1作を同時併映。原作となる絵本(フレーベル館 ISBN 978-4577019832)は小学校教科書・道徳副読本『どうとく3ねん きみがいちばんひかるとき』にも選ばれており、作者から「愛の三部作」の1作とされている[2]。映画化に際しデジタルリマスター処理を行っている。

脚注[編集]

  1. ^ 野沢雅子・戸田恵子出演の注目アニメも 「やなせたかしシアター」12月1日全国公開アニメ!アニメ! 2012年11月24日
  2. ^ シリーズ1巻目は「そっくりのくりのき」、3巻目は「セントバーナードとたびびと」