やみのさんしまい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
やみのさんしまい
ジャンル 4コマ漫画・ギャグ漫画
漫画
作者 永瀬ようすけ
出版社 講談社
掲載誌 月刊少年シリウス
レーベル シリウスKC
発表号 2010年2月号 - 2013年5月号
巻数 全6巻
テンプレート - ノート

やみのさんしまい』は、永瀬ようすけによる日本4コマ漫画作品。『月刊少年シリウス』(講談社)にて2010年2月号から2013年5月号まで連載された。架空の工業地帯N市を舞台に網野家の三姉妹が活躍するホラー系コメディ4コマ。

登場人物[編集]

マコ / 網野マコ(あみの マコ)
網野家の三女。動物や植物を愛する心優しい小学生。しかし、顔が怖い事や、二人の姉の奇行の数々により、姉と同様に人々に恐れられている。4年2組。
キコ / 網野キコ(あみの キコ)
網野家の長女。職業不明。熱狂的なオカルト・ホラーの愛好家。魔槍ゲイボルグや火尖槍などの不思議アイテムを所有している。
アコ / 網野アコ(あみの アコ)
網野家の次女。悪魔崇拝者の女子高生。第2話でカゼの予防のために黒山羊のマスクを着用。その後もほぼいつでも般若面などで顔を隠している。「デス・ベルゼブブ」なるバンドのファン。
あゆみ / 大島あゆみ(おおしま あゆみ)
マコのクラスメイト。マコを恐れている。
カナエ / 岡本カナエ(おかもと カナエ)
マコのクラスメイト。マコを恐れている。
成井くん / 成井秀吉(なるい ひでよし)
悪の科学者に憧れる男子小学生。不良生徒から恐喝されていたところをマコに助けられ、彼女を慕うようになる。
たけし
アコの下僕。
小栗じゅん(おぐり じゅん)
キコに想いを寄せる青年。大学3年生。漫画同好会所属。あだ名は「まんどころ」。
畑中(はたなか)
マコのクラスの委員長。マコを恐れている。内申点を上げるためにマコに近づいた結果、散々な目にあう。
小野寺菊理(おのでらくくり)
マコのクラスの担任。マコを倒そうとしている。

単行本[編集]

  • 永瀬ようすけ『やみのさんしまい』講談社〈シリウスKC〉、全6巻
    1. 2010年8月12日発売[1] ISBN 978-4-06-376232-7
    2. 2011年2月9日発売[1] ISBN 978-4-06-376256-3
    3. 2011年9月9日発売[1] ISBN 978-4-06-376294-5
    4. 2012年5月9日発売[1] ISBN 978-4-06-376344-7
    5. 2012年12月7日発売[1] ISBN 978-4-06-376374-4
    6. 2013年6月7日発売[1] ISBN 978-4-06-376405-5

脚注[編集]