ややととさん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ややととさん
ジャンル テレビドラマ
放送時間 水曜日21:30〜22:26(56分)
放送期間 1969年4月2日〜1969年6月25日(13回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 よみうりテレビ
演出 鶴橋康夫
脚本 花登筺
出演者 八千草薫藤岡琢也 ほか

特記事項:
モノクロームで放送。
テンプレートを表示

ややととさん』は、1969年4月2日から1969年6月25日までよみうりテレビ制作・日本テレビ系列にて放送されたテレビドラマである。

概要・内容[編集]

主人公・はな代は、京都育ちの京女で、鰹節問屋「石橋堂」の長女。両親と祖母、弟、妹がいて、芯は強いが表向きはのんびりした性格。はな代は、頑固でケチな山本一郎の元に嫁ぐ。一郎はケチに徹し、その周りはそれに反発しがちだが、はな代は夫と周囲の人々の間に立ち、両者をうまく操って明るい家庭を築こうとしていく。しかし、大阪船場に構える山本家の経営する店が倒産の日を迎える。波瀾の生活の中、はな代は山本家の再建にも奮闘する・・・。

前作・道頓堀に続き、花登筺が原作・脚本を手掛けたドラマ。「ややととさん」とは、京言葉で「小柄で、若く愛くるしく、心の優しい女性」という意味である。

放映データ[編集]

  • 放映期間:1969年4月2日〜1969年6月25日
  • 放映曜日・放映時間帯:毎週水曜21:30〜22:26(JST
  • 放映話数:全13話
  • モノクロ放送

出演[編集]

ゲスト

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

  • 第1話「京女ここにあり」(1969年4月2日)
  • 第2話「花婿買います」 (4月9日)
  • 第3話「アホと馬鹿」 (4月16日)
  • 第4話「たどん屋の泥んこ」 (4月23日)
  • 第5話「嫁ぐ夜」 (4月30日)
  • 第6話「鯖の頭」 (5月7日)
  • 第7話「あゝ金庫」 (5月14日)
  • 第8話「嫁入道具」 (5月21日)
  • 第9話「月給制採用」 (5月28日)
  • 第10話「シモ! 119番」 (6月4日)
  • 第11話「安もんの柱」 (6月11日)
  • 第12話「金庫の鍵」 (6月18日)
  • 第13話「万歳! 嫁の座」 (6月25日)

参考文献[編集]

日本テレビ系列 水曜21:30〜22:26 枠
前番組 番組名 次番組
ややととさん