ゆうぐも (護衛艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゆうぐも
JMSDF DD-121 Yuugumo.jpg
基本情報
建造所 住友重機械工業浦賀工場
運用者  海上自衛隊
艦歴
発注 1974年
起工 1976年2月4日
進水 1977年5月31日
就役 1978年3月24日
退役 2005年6月17日
その後 2006年5月、解体処分のため大湊基地を出港する。
要目
基準排水量 2,150 トン
満載排水量 2,850 トン
全長 115.0m
最大幅 11.8m
深さ 7.9m
吃水 4.0m
機関 マルチプル・ディーゼル方式
主機 三菱12UEV30/40Nディーゼル × 6基
出力 26,500PS
推進器 スクリュープロペラ × 2軸
速力 28.0ノット
乗員 220名
兵装 68式3インチ50口径連装速射砲 × 2基
74式アスロック8連装発射機 × 1基
71式ボフォース対潜ロケット4連装発射機 × 1基
68式3連装短魚雷発射管 × 2基
レーダー OPS-11B 対空
OPS-17 水上
72式射撃指揮装置1型B × 2基
ソナー 66式探信儀 OQS-3
SQS-35(J) 可変深度式
SFCS-4 水中攻撃指揮装置
電子戦
対抗手段
NOLR-6 ESM
テンプレートを表示

ゆうぐもローマ字JDS Yugumo, DD-121)は、海上自衛隊護衛艦やまぐも型護衛艦の6番艦。「あおくも型」として分類される場合は3番艦となる。 艦名は「夕方に立つ雲」に由来し、同じ艦名として旧海軍夕雲型駆逐艦夕雲に続き2代目である。

艦歴[編集]

「ゆうぐも」は、第4次防衛力整備計画に基づく昭和49度計画2,000トン型警備艦2209号艦として、住友重機械工業浦賀工場で1976年2月4日に起工され、1977年5月31日に進水、1978年3月24日に就役し、第3護衛隊群第21護衛隊に編入され佐世保に配備された。

1982年3月27日第4護衛隊群第23護衛隊に編入され、定係港が大湊に転籍。

1990年1月31日、第23護衛隊が大湊地方隊隷下に編成替え。

1993年7月12日に発生した北海道南西沖地震による災害派遣活動に従事。

1997年3月24日、隊番号の改正により第23護衛隊が第25護衛隊に改称。

2000年3月31日に発生した有珠山噴火による災害派遣に従事。

2005年6月17日、除籍。総航程は約652,372浬(地球約30周)であった[1]

なお、歴代艦長には、太田文雄(後に、海将、防衛教官(防衛大学校教授)、Ph.D(国際関係論、ジョンズ・ホプキンス大学))がいる。

脚注[編集]

  1. ^ 海上自衛新聞・2005年(平成17年)7月1日(金)第4面・「ゆうぐも」が自衛艦旗返納

参考文献[編集]

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)
  • 『世界の艦船』第750号(海人社、2011年11月号)