ゆうもあ大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ゆうもあ大賞(ゆうもあたいしょう)は、1959年からスタートした賞。主催は「ゆうもあ・くらぶ」。明るいユーモアで世間を楽しませた賞を毎年3人選出して贈られる。

1969年から1980年までは休止したが、1981年から再開した。

受賞者[編集]

1950年代・60年代[編集]

1959年
  • 岡田重雄[1]
1960年
1961年
1962年
1963年
1965年
1966年
1967年
1968年

1980年代[編集]

1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年

1990年代[編集]

1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年

2000年代[編集]

2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年

2010年代[編集]

2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年

脚注[編集]

  1. ^ 国鉄車掌
  2. ^ 警視庁本富士警察署交通係
  3. ^ 警視庁築地警察署警ら係
  4. ^ 宣教師
  5. ^ ピップ会長(受賞当時の社名は藤本株式会社)
  6. ^ フジテレビのバラエティ番組「オレたちひょうきん族」のディレクターが作ったユニット。メンバーは佐藤ゲーハー義和・永峰アンノン明・荻野ビビンバ繁三宅デタガリ恵介・山懸ペースケ慎司の5人
  7. ^ 日本テレビディレクター